スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

福岡発奈良経由札幌行

Pentac 3inchF2.9
奈良市新大宮
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/22 Sat

暗部で輝くレンズ

Pentac 3inchF2.9
奈良県林神社
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/21 Fri

饅頭怖くない

Pentac 3inchF2.9
奈良市林神社
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/20 Thu

中国人と日本人を見分ける術

Pentac 3inchF2.9
東京都台東区浅草
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/19 Wed

中国式撮影スタイル

Pentac 3inchF2.9
東京都台東区浅草
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/18 Tue

非点収差は軽減しているのか

Pentac 3inchF2.9
藤沢の実家には何日か滞在したのですが、何人かの友人とは時間が取れずに会えなかったのが心残りになりましたが、レンズ仲間たちと再会できたのはさいわいでした。
時間を取ってもらい感謝です。
ウェブサイトやフェイスブックなどで彼らの動向は知っているつもりでしたが、実際にお会いすると皆さん変わりないように見えながらも、大きな変化を経ようとしているところだったりで、自分がいち早く奈良へ移住しておきながら言うのも恐縮ながら以前のように簡単に集まれなくなることがさみしく感じました。

今週は、都内屈指の桜の有名所になってしまった目黒川、ご隠居+kinoplasmatさん+ksmtさんと集まって散策した浅草、その後戻ってから出かけた奈良発祥のまんじゅうにちなんだ饅頭祭り、奈良の散策で見かけた人などを1週間分並べます。
写り込んだ人物の多くが外国人になってしまいました。
日本人の見慣れた所作とは違う行動やちょっとした仕草がおもしろく感じて外国人にレンズを向けることが多いのですが、もはやどこへ行っても外国人ツーリストばかりだから自然と写してしまう実情があります。
なお、ご隠居の好意でライカM10を少し触らせていただきましたが、さいわい入荷待ちのためお金があっても買えず、ましてやお金がないのですからハナから欲しいという気にならなくて少し安堵しました。

レンズについてですが、しばらくずっと国産ライカマウントレンズに固執して使い続けてきたのですが、自宅にあった国産レンズはすべて奈良に移動させてしまっていたので、代わりにダルマイヤーのペンタック3inchF2.9を使用しています。
Dallmeyerの文字が筆記体で銘板に刻印されているのが格好良くだいぶ前に手に入れていたのですが、安く入手していてライカの距離計連動に改造するコストと釣り合わないと放っておいたのを防湿庫の奥に見つけたのでした。
今はライカでなくミラーレス機を使っているので改造不要で、ライカ用の延長チューブにつなげて無限を出せばヘリコイド付きアダプターで撮影可能です。
手元にあった延長チューブ2個を組み合わせたらほぼぴったりと無限遠が来て、ヘリコイドを最長まで繰り出すと最短1メートルまでピントが合ったので、ライカ用75mmレンズとまったく同じように使えるようになりました。

キングスレークによると、ペンタックはヘリアーを発展させた3群5枚ダイナー型で、1919年ライオネル・B・ブースが設計しましたが、わずかな像面湾曲が非点収差を軽減させていることもあって評判の好いレンズだったそうです。
ダイナー型ということは、フォクトレンダーのダイナーやヘリアーと同設計ですが、パテントは問題なかったのでしょうか。
わたしのペンタックは製造番号145056番で、1935年ごろの製造と推定されます。
そのためか淡いブルーのコーティングが施されており、真鍮の古そうな鏡胴にも関わらず、初出から16年も経ってからのものと分かりました。
3インチという焦点距離ということは6x6フォーマットの戦前イギリス製一眼レフカメラ用のレンズだったのでしょうか。
F2.9のためファインダーのすりガラスが明るく見え、ペンタックはそのタイプのカメラに重宝されたと想像できます。

さて、本日の作例ですが、目黒川の花見に来たとおぼしきカップルです。
特にモデルをお願いしたわけではありませんが、女性の方は腰に手を当ててポーズがさまになっています。
前述のとおり非点収差が減少しているはずですが、周辺の桜の花はやはり円周状に少し流れていて、フォーマットが少し余裕あるはずなのに非点収差の影響は隠せないところがオールドレンズらしいといえるところでしょうか。
全体にフレアっぽく、シャープネスや解像力の物足りない描写は、むしろ国産レンズにないもので新鮮さを感じてしまいました。
ペンタがギリシャ語で5の意味なので、5枚構成ということからペンタックという名称になったのだと思いますが、ダルマイヤーには6枚玉のスーパーシックスや7枚玉のセプタックというレンズ枚数から命名されたと思われる人気レンズがあります。
ペンタック、スーパーシックス、セプタックの567トリオで撮り歩きなんてM10を持てない憂さ晴らしによいかも知れませんね。
【Alpha7II/Pentac 3inchF2.9 F2.9】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Dallmeyer Pentac 3inchF2.9 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/17 Mon

蕎麦より団子

E.Rokkor 50mmF4.5
山形県北村山郡大石田町 千本だんご
【Alpha7II/E.Rokkor 50mmF4.5 F4.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta E.Rokkor 50mmF4.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/16 Sun

Shake it off

E.Rokkor 50mmF4.5
新潟県村上市
【Alpha7II/E.Rokkor 50mmF4.5 F4.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta E.Rokkor 50mmF4.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/04/15 Sat
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。