スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

M3の前年デビューって

Tanar 5cmF1.8
法輪寺から法隆寺まではすぐ近くのはずですが、迷ってしまい移動に30分近くかかってしまいました。
歩いてもその半分ほどで行ける距離ですが、法起寺、法輪寺で三重塔をランドマークのように見ながら向かえたので、法隆寺は五重塔が見えるはずだからと進んで通り過ぎていたのでした。
法隆寺はこの2つの寺院よりはるかに広くて中央にある高い五重塔が見えないのです。
スケールの大きさもそうですが、それ以上に法隆寺の拝観料1500円というのにも驚かされました。
五重塔や金堂などの世界最古の木造建築を誇る法隆寺は、保安コストが並大抵ではないのでしょう。

田中光学のカメラとレンズの関係を記しておきたいと思います。
カメラ雑誌に掲載されたメーカー広告を集積した本がありますが、田中光学ではその時の現行カメラ1機種と(例外的に2機種の時期もあり)、選択できる標準レンズが必ず記載されていました。
カメラ機種は次の6種類の販売期間(一部は類推です)、レンズを記載しますが、最後のTanack VPは発売前に田中光学が倒産したので、広告はありません。
Tanack 35 (1953.11 – 1954.8) 5cmF2.8, 5cmF3.5
Tanack IIIS (1954.8 – 1955.2) 5cmF2.8, 5cmF3.5
Tanack IVS (1955.2 – 1958.11) 5cmF2, 5cmF2.8, 5cmF3.5
Tanack SD (1957.7 – 1958.12) 5cmF1.5
Tanack V3 (1958.12 – 1959.12) 5cmF1.5, 5cmF1.9, 5cmF2.8
Tanack VP (Unreleased) 5cmF1.8

田中光学がカメラを製造していたのはわずか7年で、そのなかで6機種製造していたのですから、Tanack IVSが3年半少々製造され続けたのを除くと、どれも1年程度の短命です。
標準レンズは、当初F2.8とF3.5というオーソドックスな2本でスタートしていますが、もっと明るいレンズをという要望はユーザーにも社内にもあったのでしょう、IVS型から待望のF2が登場します。
Tanack SDはそれまでのバルナックライカそっくりだったデザインを一新して、ニコンS2のような外観の一眼式ファインダー、レバー巻き上げ、自動パララックス補正を備えた画期的なカメラとし、それに見合う大口径のF1.5レンズを投入しました。
しかし、過度の変更のため製造はうまくいかず、スペックダウンさせたV3に変更するのですが、なぜかレンズもいっしょにスペックダウンしてF1.9になってしまいます。
さらに、VP用のレンズもF1.5かF1.9、F2で十分そうなものなのに、新レンズのF1.8を投入しようとして、田中光学は息切れてしまいました。

田中光学がカメラ事業に手を染めた1953年は、日本のカメラメーカーにこれはかなわないと根を上げさせたライカM3が発売された前年で、力のあるメーカーや決断力のあるメーカーはレンジファインダーを捨てて一眼レフに転じて、そのことにより逆に日本のカメラの一時代を築くことになるのですが、開発力の問題などでレンジファインダーカメラに固執したメーカーは悲劇的な運命をたどります。
田中光学もライカM3を見た段階でカメラ製造から撤退していれば、カメラ関連企業として生き残れたかもしれないのに、カメラもレンズも矢継ぎ早につくっていわば自分の首を絞めるようにして倒れたように見えます。
しかし、そのおかげでわたしはユニークで意外に優秀なレンズ群を楽しむことができるのですから、田中光学の努力とわずかの栄光を讃えないではいられません。

さて、本日の作例ですが、法隆寺の西院から東院へ向かう途中の境内で撮影したものです。
有名な五重塔や夢殿より、何百年も前からまったく変わらない空間が残っているように見えるここがすばらしく感じました。
目の前を歩いていた男女が手をつないでいるのかと思えば、よく見ると1つの数珠でふたりの手首を結んでいると気付き、思わずシャッターを切りました。
初めて訪れた法隆寺ですが、やはり期待通りにすばらしくまた訪れたいですが、次回はぜひ境内で柿にかじりつきたいと思います。
【Alpha7II/Tanar 5cmF1.8 F1.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kogaku Tanar5cmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2016/08/23 Tue
<< 名刹に襟を正す | home | 伝統寺院の非伝統への対応 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。