スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

名前と性能は関係ないのだが

Komura 200mmF4.5
ライカ用距離計連動レンズは、焦点距離135mmまでのレンズがほとんどですが、コムラー200mmF4.5のような例外もいくつか存在するようです。
わたしが以前に海外のカタログなどで見たものの中には、シュナイダーのクセナー200mmF4.5やマイヤーのプリモタール180mmF4.5などがありました。
そういえば、わたしが所有しているレンズにもコンタックス用ですが、ツァイスのテッサー180mmF4.5がありました。
同じコンタックスのレンズでゾナー180mmF2.8がありますが、距離計連動レンズとしては合わせにくさ最強のレンズでしょう。
もっとも、大き過ぎて手持ちで使えるようなレンズではなかったようですし、オリンピア・ゾナーのニックネーム通り観客席から陸上トラックのオリンピック競技を撮影するようなレンズだったのであれば、最短撮影距離はやはり相当長かったのでしょう。

コムラー200mmF4.5の詳細な情報は調べられなかったのですが、1960年発売、3群4枚構成ということは分かりました。
前述のクセナーやプリモタール、コンタックスのテッサーは50mmのものはテッサー型ですので、焦点距離の長いものもテッサー型の可能性が高いと思います。
であれば、コムラー200mmもテッサー型でしょうか。
また、1960年とコムラーのライカマウントレンズの中では遅い発売で、同じレンズを一眼レフ用のマウントでも販売していた可能性が高いと思います。
最短撮影距離がまさか同じ8メートルだったのか気になります。

コムラーという名前は、小島さんと稲村さんから一文字ずつ取って付けたそうですが、コムラー自体が古村(小村)さんのようで、ネーミングとしてどんなものだったのでしょう。
当時カメラを買うような人たちは海外嗜好が強かったでしょうから、ミランダやペトリのような外国語風の名前にした方が、名前を聞いただけで日本製と分かるより売上には貢献したのではないかと思ってしまいます。
東京光学のレンズ名はシムラーというコムラーと似たような名称でしたが、途中からトプコールに変更しているのは同様の理由もあったのではと察します。
小島と稲村から1文字ずつ取るにしても、イナジマーの方が稲妻風で電光石火に撮影できそうな好い名前だったのではと思いますがいかかでしょうか。

わたしが日本のレンズ名でいちばん好きなのはズノーです。
頭脳からのネーミングと聞きましたが、その名称もZunowと綴ったこともどちらも知恵を持ったレンズという印象で、他のレンズでは写せないような写真が撮れそうな気になります。
もしかしたら同じ意味で付けたかも知れない、ミランダ用のレンズにオリコールというのがあると聞いて驚きました。
お利口から取ったのだとしたら人を食ったような名前ですが、せっかくミランダという無国籍的な名前を付けながら、レンズがお利口ルではすべてぶち壊しだったのではと気になって仕方ありません。
このようにケチを付けられるからか、その後日本のレンズには固有名が付けられなくなってしまったようで寂しい気がします。

さて、本日の作例ですが、よさこい祭りを開催中の広場の反対側でプロモーション活動中のアイドルを見つけました。
堀川すももちゃんと言う名前で、ルックスがなかなかかわいらしかったですが、意外に歌も上手で思わず全曲聴き入ってしまいました。
こういうミニステージにありがちなパターンで聴衆は数人しかおらず、その割に美声で歌が好かったので、ちょっと応援したくなります。
歌っているときも数枚撮ったのですが、残念ながら8メートル以内だったようでピントが来ず、次の曲の頭出しで少し後方に移動した時にたまたまぴったり8メートル離れていたようでラッキーでした。
すももちゃんという名前はなんだか好いネーミングです。
がんばれ、すももちゃん!
【Alpha7II/Komura 200mmF4.5 F4.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
SankyoKoki Komura 200mmF4.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/19 Tue
<< 財布に優しい旅 | home | 超長焦点の謎 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。