スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

おみくじの裏側

Ultron 50mmF2
今日は、もう1枚江ノ島の写真です。
直前に、日本を代表するレンズ研究家の方たちとウルトロンのことが話題になったので、自分でも使ってみようと持ち出していました。
祭りの様子をテレ・タナーで撮影してまわった後に、ウルトロンに付け替えて江ノ島をぐるっと1周してみることにしたのです。

10何年か前、MSオプティカルの宮崎さんと知り合い、プロミネント用のライカ距離計連動アダプターを開発したとの報を受け、当時はアメリカのカメラ店でレンズシャッターのカメラの価格が下がり切ったような時代で、ノクトン付きのプロミネントも1万円も出せば手に入りました。
レンズの描写はすばらしく、当時愛用していた同スペックのゾナー・コピーのジュピター50mmF1.5を凌ぐ鮮鋭さを感じ、わたしの中の最良レンズの座を勝ち取ります。
安いとは言えないアダプターの価格を半分にする方法を考えたといってその後買ったのがウルトロンで、ノクトンとアダプターを共有するからという言い訳ですが、理屈をこねては新しくレンズを買う悪い癖は、ウルトロンが最初だったかも。

しかし、そこは勉強不足ありありで、ノクトンもウルトロンも銘板部分が通常の黒に白文字ではなく、銀に黒文字の初期型というのがあって、今ではなかなか見つからないやや希少なレンズになっています。
初期玉はシアン系のコーティングで、以降のアンバー系のものと発色がだいぶ違うようですし、同時期に構成の異なるレクタフレックス用のノクトン、ウルトロンもあることもあり、以降のタイプとは若干の設計の違いあるかも知れません。
また、銘板がシルバーだと逆光時などに光を反射してフレアが出ると言われています。
それらのことを確認するためにも入手したかったのですが、すでにノクトンは銘板の色にかかわらず高価ですし、少々探した程度ではウルトロンの銀銘板もなかなか出てきません。
かつて、アメリカに潤沢に在庫していた時代にそのことを知っていればなと後悔しても手遅れでした。

話が反れましたが、ウルトロンの最初の撮影の結果では被写体が日向、背景が陰というものがあり、黒々としたボケが輪郭線を太く、色を汚く見せたため、なんとなくウルトロンにボケの汚いノクトンの廉価版レンズという思い込みに至らせました。
追い打ちをかけるように、宮崎さんのプロミネント用アダプターで無限が来なくなる問題が発生します。
当時、M6とR―D1で撮影していたわたしにM/Lアダプターをセットして連動を調整して納品してくれていたのに、わたしはそのM/Lアダプターを他のレンズでも共有して紛失させてしまいました。
他のアダプターを付けるとわずかに無限は来ず、連動も滅茶苦茶でした。
すぐに再調整してもらえばよかったのですが、そのころにはいろいろなレンズが集まっていてすっかり忘れてしまいました。
わたしにとっては、ノクトンは不遇のレンズで、ウルトロンは忘れられたレンズとなってしまっていたのです。

はい、本日の作例ですが、おみくじのお金を集める様子が、おもしろくて撮影しました。
直前に短パン履いたラフな格好の若い男の子のグループがみんなでおみくじを引いて自分たちの運勢をまじめに論評し合う中、逆に神聖ないで立ちの巫女さんが来て彼らを前に淡々と代金を回収していったのが妙だったのです。
そのカットにして彼らの運命が変わっては申し訳ないですし、背景が見えずボケが確認できないので、こちらの1枚にしました。
問題のボケは2線になることも固くなることもなく、とても素直でした。
そればかりか、このウルトロン、F2クラスの中ではもっとも優秀なレンズだったようです。
冒頭に書いたレンズ研究家のLさんが、とても分かりやすく解説してくれて納得しました。
【Alpha7II/Ultron 50mmF2 F2】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Voigtlander Ultron 50mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/17 Sun
<< 超長焦点の謎 | home | 田中光学に引導渡したレンズ >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。