スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

12年で残したもの

Komura 80mmF1.8
キャメロンの写真展に行ってきました。
といっても、キャメロン・ディアスを撮った写真ではなく、マーガレット・キャメロンが撮った写真を見に行きました。
ジュリア・マーガレット・キャメロンは19世紀の湿板時代の写真家で、当時、最新の機器であった現在で言う木製の大判写真機とダルロー、ダルマイヤーのレンズを使用していたことが知られています。
古典写真に対する興味に加えて、古いレンズへの興味もあって、初めて19世紀の写真家による展覧会を見学に訪れました。

キャメロンをご存知ない方は多いでしょうし、わたし自身もまったく知らないので、伝記や資料その他から概要を見てみることにいたします。
キャメロンは、1815年、東インド会社の社員を父にフランス貴族の娘を母に当時のカルカッタで生まれ、その後フランスで教育を受けますが、1838年にインドに戻り20歳年上のイギリス人法律家と結婚します。
10年後には夫の引退でロンドンに移り、サロンを通じて芸術家たちと親交を結ぶようになります。
1863年、娘たちがキャメロンに写真機をプレゼントしたことで、彼女の写真家としての人生がスタートしますが、1875年にかつて過ごした英領セイロンに戻ります。
セイロンでも撮影活動は続けますが、湿板撮影用の薬品の調達が難しく撮影機会は激減して、1879年に亡くなります。

キャメロンの写真家としての実質的な活動は、カメラを贈られた1863年からセイロンに移住する1875年までの、わずか12年間と言っていいでしょう。
写真学校で学習する機会もなく独学で始めた当時の煩雑な写真術ですが、生まれ持った才能があったのでしょう、サロンでの芸術家たちとの交流も好い影響があったようで、1年もしないうちにロンドン写真協会の会員になり、のちには著作権事務所への自作の登録をおこなっています。
セイロンでの家業が厳しいときには、展覧会を積極的に開催して代理店からのルートを確保するなどの写真販売に腐心しています。
作品を鶏卵紙プリントして販売することに力を入れていたことがうかがえます。

作品は、大きく2つのタイプに分けられるそうです。
交流あった芸術家などを撮影した肖像写真と、歴史や文学に材をとって人物を配置し寓意的に撮影した写真イラストです。
詩人のテニスンや天文学者のハーシェルなど肖像の展示がありましたが、外見的な特徴だけでなく内面の偉大さを表現しようと考えて努力していたそうです。
一方の写真イラストでは、ソフトフォーカスを多用したり、ネガにひっかきキズをつけたり、合成写真を試みたりしています。
これらの試みは当時の同業者や評論家からは評判が悪かったのですが、戦後キャメロンが再評価される際には積極的に受け入れられ、今回の展覧会でもそのような作品が多く展示されています。

キャメロン展では撮影可の展示室があったので、今日の作例にさせていただきました。
芸術作品の見方は人さまざまだと思いますので、どうか気になさらないでいただきたいですが、わたしにはこの展覧会はおもしろいものではありましたが、キャメロンの写真はあまり好きになれませんでした。
美しいポートレイトは惹かれましたが、中途半端にボケたりぶれたりしたもの、輪郭に沿って引っ掻いたもの、合成写真などの意図が伝わってこなかったからです。
親交のあったロセッティやミレーなどのラファエル前派の絵画の影響が強すぎて、それを乗り越えるためにレンズの表現力やケミカルの偶発性に頼ったように感じられます。
かつて美術館で見たラファエル前派の女性に強く打たれたことを思い出すと、キャメロンも同じような力のある写真を撮ろうと試行錯誤した姿が見えてくるような気がしました。
【Alpha7II/Komura 80mmF1.8 F4】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
SankyoKoki Komura 80mmF1.8 | trackback(0) | comment(1) | 2016/07/10 Sun
<< 棚からぼたもちなレンズ | home | コレクションの価値はなさそう >>

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/22 Wed| |  [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。