スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

オクトーバーフェストin June

Hektor 7.3cmF1.9
明日からベトナムを旅します。
それで今日はお出かけせずに、同行する友人の仕事をちょっとだけお手伝いしたり、荷づくりしたりして早朝の出発に備えます。
去年の世界一周のときはかなりの苦痛を伴ったりしていたのであまり感じられなかった旅前夜のワクワク感が、小学生の遠足や運動会の前夜のようによみがえってきました。
わたしの場合、こういう感覚はいくつになってもなくならないようです。

仕事がはねた友人を誘って、前日たまたま通りかかってみつけた、オクトーバーフェスト奈良へ繰り出しました。
土曜の夕方で会場は大盛況、空いている席を見つけるのに10分以上歩き回りました。
ここのビールは、ドイツから空輸するとかなんとかとにかく高いです。
1杯の値段で居酒屋の生ビールが2杯、ベトナムのビールなら20杯飲めます。
前夜祭という前提がなければためらいますが、明日から20分の1の値段だと思えば今日の贅沢は許されるでしょう。

南ドイツの農婦風衣装の女の子たちがウエイトレスのように何人かいます。
そんなフロイラインたちはお願いすると写真を撮らせてくれるので、今日の作例はその中からと考えていたのですが、ビール片手に何気なく撮ったこの1枚の方が、表情の面白さ、美しき瞳の輝きでずっとよかったので、これを採用しました。
すぐ後ろを歩いていたお兄さんもなぜか後ろを向いてくれたのもラッキーでした。

この間何本も大口径レンズを使ってきましたが、それらはすべてガウスかゾナー、あるいはそれらの変形です。
ヘクトール7.3cmF1.9のような大口径を、すべて2枚貼り合わせとはいえ、トリブレットで達成しているというのは類例がないのではないかと思います。
しかし、それでビオターやゾナーと同等の性能が出ているかと言えば、まったく太刀打ちできないレベルなのが面白いところです。
当時のツァイスであれば、製品化はあり得なかったレンズです。

それでは、写りもダメかと言えば、たしかにピントに鮮鋭度がなくコントラストが低いですし、球面収差や非点収差、コマなどレンズ設計上の問題が画面全体を覆いつくしてっしまっています。
現在では認められない低性能レンズですが、被写界深度の深さ、ハイライトの微妙な滲み、暖色系の発色がつくる絵はヘクトール独特のもので、好きな人には堪らない描写です。
ヘクトール73cmF1.9は、1931年から約7200本が製造された、現存数の少ないレンズですが、市場ではそこそこ見かけることができます。
恐らく、買ってみたもののあまりに写らないと手放す人がかなりいるということなのでしょう。
それでも大切に使い続けているのは、この描写に惚れ込んだ、高性能なレンズだけが好いとは限らないと気づいた人々に違いありません。
【Alpha7II/Hektor 7.3cmF1.9 F1.9】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Hektor 7,3cmF1.9 | trackback(0) | comment(4) | 2016/06/18 Sat
<< そしてハノイから来たバイクの群れ | home | 正確な頭脳とは >>

Comment

ヘクトール73mmと付き合ってすでに20年以上が経ちます。このレンズはとっても趣のある描写をするので好きです。特に天気の良い日和曇りの日の方が描写は面白いです。ライカのレンズは晴天より曇りの日の方が面白味のある描写をしてくれます。私の所持しているレンズの中では汚いレンズに属しますがレンズは最高の状態のようです。良さを知ると手放さないレンズです。でも個体差があるのもこのレンズです。中将姫光学さんお久しぶりに書き込みを致します。最近はライカ純正レンズが増えてきています。トルッペンズマール、ズマレックス、ヘクトール28(コーティング付き)やっと程度の良いクセノンが手に入りました。最近は以外なモノが高額化していますね。
2016/07/07 Thu| URL | ジオグラフィック [ 編集 ]
ジオグラフィックさん、コメントありがとうございます。
ジオさんがヘクトールを何本もテストして1つにたどり着いた話は記憶しています。
わたしもいくつか使った末たどり着いたレンズですから、写りの好い個体に出合えず、ヘクトールは、ダメだと言っている人が多そうで残念です。
曇りの方がよいのはトーンが出るレンズということと関係ありそうですね。
そうなるとハイコントラストが売りのレンズは晴れてるのがいいのか。
それにしても、ヘクトール28、ズマール、クセノン、ズマレックスとよいレンズばかりです。
撮影がより楽しみになると思います。
長旅で、写楽彩訪問が止まっていました。
復活してまた教えを乞うつもりです。
よろしくお願いします。
2016/07/08 Fri| URL | 中将姫光学研究所 [ 編集 ]
中将姫光学さんのブログは仕事が忙しく書き込みをしておりませんが、いつも見させていただいております。ちょくちょく書き込みもさせていただきたいと思っております、ライカのレンズはあとはズミルックス50mm(これはレアもの)とニッケルヘクトール28mm ズマリット50mmのレアバージョン、クセノン前期玉を手に入れれば終了です。
2016/07/08 Fri| URL | ジオグラフィック [ 編集 ]
ジオグラフィックさん、再びありがとうございます。
入手困難レンズが並んでいて驚きですが、ひとつずつ見つける喜びがありますね。
その都度の掲示板へのアップでわたしもおめでとうを言わせていただきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2016/07/09 Sat| URL | 中将姫光学研究所 [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。