スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

レンズ構成名是正委員会

Canon 28mmF2.8
昨日、オルソメター型という表記をしましたが、それは間違いだったかも知れません。
オルソメターは、1926年ツァイスのメルテによって設計されたレンズで、同型のレンズを一般にオルソメター型と呼ぶようになったと思われます。
しかし、キングスレークの「写真レンズの歴史」によれば、オルソメターよりはるか以前の1903年にシュルツ・アンド・ビラーベック社のアーバイトが3枚貼り合わせの対称型レンズ、ダゴールに空気間隔を入れたオイリプランで特許を取ったとあり、その後ルドルフ博士はダブル・プラズマットやザッツ・プラズマットを同じような構成で設計しています。

当時ルドルフが在籍したマイヤー社では、オイリプラン、プラズマット双方の名でレンズを販売していて、キングスレークはマイヤーがオイリプランの名前の使用許可を受けたのだろうと想像しています。
シュルツ・アンド・ビラーベックは今ではほぼ無名で、オイリプランの経緯のこともよく分かりません。
同社が製造工場を持たない販売会社だったとの情報もあることから、シュルツ・アンド・ビラーベックがオイリプランの特許を取ってからルドルフが設計してマイヤーが販売したか、ルドルフの設計を何らかの事情でシュルツ・アンド・ビラーベックで特許を取ってマイヤーが販売したと考える方が自然です。
また、オイリプランの特許が20年経過して無効になったことで、メルテがオルソメターを設計販売したというように考えられます。

以上を踏まえれば、慣行上、オルソメター型ではなくオイリプラン型と呼ぶ方が正しいのではないかと思います。
それでも敢えてオルソメター型と呼ぶのであれば、オルソメターにオイリプランとは違う独自性があるからだと考えられますが、キングスレークによればオイリプランはダゴール(F6.8)よりF4.5と明るくなり同時に画角も大きくなったとあるので、オルソメターによってオイリプランから大幅に改善されたことがあるとは考えにくいでしょう。
オルソメターにはわたしの知らない優位性があるのでしょうか、それとも慣習的にオルソメター型という言葉が使われ続けているのに過ぎないのでしょうか。

単に慣習でオルソメター型と呼ばれているに過ぎないのなら、本来は何型と呼ぶべきかは定説がないようで、いくつかの言い方を見つけました。
1つはキングスレークによる「空気間隔入りダゴール型」。
もう1つは、オールドレンズドットコムにある「プラズマット型」(http://oldlens.com/boyer%20saphir%205cmf35.html)。
当然、オイリプラン型という名称も筋がとおります。
今回に関しては、kinoplasmatさんには恐縮ですが、空気間隔入りダゴール型、プラズマット型ではそれぞれダゴールやキノ・プラズマットと紛らわしいことから、端緒である特許を取った名称のオイリプラン型と呼びたいのですがいかがでしょうか。

さて、本日の作例ですが、大阪十三の撮影行でのスナップです。
銅像に服を着せるのはいまやよくある風景ですが、雪の中でお地蔵さんに服を着せてあげたら恩返しがあったという昔話を連想させます。
タイトルを思い出せなかったので検索すると笠地蔵だと分かったのですが、同じ大阪で5年前に19体の銅像に赤い服が着せられているという騒ぎがあって、御堂筋赤い服事件と呼ばれているというという話が多くヒットしました。
たしかにそんなニュースがあったような…。
もともと被っていた麦わら帽子を跳ね飛ばして着せてあげた服は、写真で見る限り赤ではないので、これは件の事件とは関係がなさそうです。
【Alpha7II/Canon 28mmF2.8 F2.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 28mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2016/05/18 Wed
<< まだまだありますオイリプラン | home | 恐るべきキヤノン軍団 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。