スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

今度こそ南米を目指します

Darlot 15cmF4.5
スペイン到着以降、ブログの更新が止まってしまいました。
テロに巻き込まれたのではとか、いいやISに参加してテロを実行する側に回ったらしいとか、いろいろ言われていると聞きました。
読者のほとんどいないブログとはいえ、毎日更新していた意味は少しはあって、それがストップするということは、悪い方にとられてしまうということを遅まきながら知ることになりました。
慌てて空白部分の写真のみアップさせていただきましたが、ご心配をおかけした皆さまにはあらためてお詫び申し上げる次第です。

この間の経緯をかいつまんでお話しすると、逃げるようにモロッコからスペインへ辿り着いたわたしは、その居心地の好さにまったりしてしまいました。
さらには、バルセロナやマドリードで二十数年来愛し続けるFCバルセロナを観戦し、おなじく20年来の友人であるダヴィドの家でしばらくやっかいになり、しばらくスペインにとどまるか世界一周の旅を継続するか大いに悩むことになります。
いったん帰国して11月にバルセロナに戻ると、クリスマスシーズンということと夏の南米へとヨーロッパ人の大移動があるために、航空券が異常な暴騰を遂げていてこの月の南米行きを断念せざるを得ませんでした。
それからまた帰国して、正月をはさんだ1ヶ月近くを日本で過ごしたのち、こうしてまたバルセロナに舞い戻って来ました。

バルセロナに戻るのが今日だったのは作例が示す通り、バルサの試合を見たいがためです。
安い乗継便は、関西から香港、ドバイと経由してバルセロナに到着したのですが、最後のカタール航空がディレイで1時間遅れました。
キックオフは1時間半後で、空港からいったん荷物を置いてなんてやってては間に合わなくなりました。
バルサのユニフォームの胸に名前を大書するスポンサーのカタール航空が観戦の邪魔をするとは思ってもいませんでした。
できることはひとつ。
スーツケースを持ったままで、タクシーでカンプノウに乗り込むことです。
さいわい、空港もカンプノウもバルセロナの西側にあるので、時間はそれほどかからないのですが、料金は30ユーロもしました。
前回、バルセロナで宿泊していたゲストハウスのシングルより高かったということになります。

そのせいでチケットはケチりました。
いちばん安い席は39ユーロ。
ゴール裏前方のひどい席です。
スーツケースは管理事務所があって無料で預かってくれました。
預ける人はそこそこいるようですが、さすがに骨董のようなトランクを手渡すと係員は目を丸くしていました。
試合が観たくて空港からタクシーで直行してきたというと笑われてしまいます。
試合は、弱小グラナダ相手ということもあって、4-0と快勝です。
メッシがハットトリック、もう一点はネイマール。
FIFA制裁でずっと出場できないでいたアルダとヴィダルのリーガデビュー戦になりました。
記念すべき試合に立ち会えたことを感謝したいと思います。

わたしがスペインに着いてからのバルセロナの戦績は以下のとおりです。
リーガ12節
4-0 レアルマドリード
リーガ13節
4-0 レアルソシエダ
チャンピオンズリーグ予選ラウンド
6-1 ASローマ
リーガ14節
4-0 グラナダ
この間、横浜で以下の2試合も観戦しています。
クラブワールドカップ準決勝
3-0 広州
クラブワールドカップ決勝
2-0 リバープレート
6試合を6勝で、23得点、1失点ですから滅茶苦茶な強さと思われそうですが、わたしが帰国した間の試合は、意外と苦戦しています。
国王杯4回戦2ndレグ
6-1 ビラノベンセ
リーガ14節
1-1 バレンシア
チャンピオンズリーグ予選ラウンド
1-1 レバークーゼン
リーガ15節
2-2 デポルティボ・ラ・コルーニャ
リーガ17節
4-0 ベティス
リーガ18節
0-0 エスパニョール
国王杯準々決勝1stレグ
4-1 エスパニョール
7試合3勝4分け18得点6失点です。
1試合消化が少ないとはいえ、リーグ戦ではアトレティコに首位の座を明け渡していて、試合内容でも絶対的な強さを感じさせてくれません。

バルセロナからバスで4時間、ピレネーの山奥の村に友人がいて前回の旅で会い、彼から彼の所有するバルセロナのアパートに泊まってくれと部屋の鍵を借りていました。
バルセロナでは安宿に泊まればシングルでも3~4000円で済むとはいえ、それが浮くなら大いに助かります。
それに、数日とは言え、バルセロナでアパート暮らしすることで市民の生活を間近に見られることにも魅力を感じます。
アパートのワンフロアーを所有していて、メイン部分はコロンビア人女性に貸しているが、1室のみ友人自身の部屋として普段は空いているとのことでした。
しかし、手違いが重なりこの日は泊まることができず、最寄りのユースホステルに向かうことになります。
最寄りといってもきつい上りを、トランク持って20分も歩かなければならなかったのですが。
ともあれ、旅をこうして再スタートさせられたことに感謝しなければいけません。
何日間かスペインに滞在して、南米を目指します。
【Alpha7R/Darlot 15cmF4.5 F4.5】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Darlot 15cmF4.5 | trackback(0) | comment(2) | 2016/01/09 Sat
<< ブログ、再開しました | home | デジャブの町並み >>

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/04 Fri| |  [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/04 Fri| |  [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。