スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

アイスか梅干しが原因

3K 5cmF1.5
前回も泊った宿ですが半年の間にずいぶんボロくなった印象があります。
冷蔵庫がなくなっていたり、ロビーでタバコを吸っているのがいて何度も注意しなくてはならなかったり、大声で夜中に会話する連中がいたり、どうも中国人が泊まる宿はいいと思っても次に同様のクオリティは期待できないような気がします。
ここに2泊以上するのが耐え難くなったところに食中毒でしょうか、突然お腹をやられました。1時間ほどの間、ほぼ5分に1度トイレに駆け込むような状態になりました。
無茶のできなさそうな状況で、バンコクに戻る決断をしました。

旅はもともと西に向かってなるべく陸路でと考えていたのですが、ミャンマーには大きな壁があって、先日はチェントンからタウンジーまでのバスが利用できずに高い航空便を利用せざるを得なかったのですが、今度はミャンマー西側の国境はすべて外国人には閉鎖されているとの情報を得ました。
ミャンマーの西はバングラデシュとインドに国境を接していますが、インド側は政情不安定のため通れないことを承知していました。
しかし、問題ないはずのバングラデシュとの国境も通れないとは考えていませんでした。
ロヒンギャ問題がここのところクローズアップされていますが、それと関係あるのでしょうか。

旅行社でその話を聞いて、ネット検索等で調べましたが正確な情報はなく、少なくとも日本人の旅行者は国境を抜けられないのであきらめるようにとのようなことが書かれた文章を散見しただけでした。
その時点では、とりあえず国境まで行ってみて、運が良ければ越境しダメならあきられるという程度に考えていたのですが、道のり的には楽なものではなさそうでした。
ダメな可能性が高いので、空路の場合どうなるか格安航空券についても調べてはいたのですが、体調が悪くなったことでチャレンジ精神は一気に遠のいて、楽する道に傾いてしまったのです。

鉄道にしろ航空機にしろ少し離れた目的地までの手段が複数ある場合、その最適手段を探すのがけっこう楽しくて熱くなることがあります。
ヤンゴン~ダッカの格安航空券がまさにそうで、単純に直行便ですと3万円くらいして面白くもないですが、経由便にするとバリエーションが出て楽しくなります。
バンコク経由の方が少し安いことが分かりましたが、ここでバンコクからダッカの航空券を別途買った方がもっと安いんじゃなかろうかと気付きました。
すると、バンコク発コロンボ経由ダッカ行と言うのが見つかりました。
料金的には2万円ほどであまり安くないのですが、コロンボ乗り継ぎが20時間となっていて、当地に11時に着いて翌日7時の便でダッカへ向かうようです。
わずか1日弱ですが予定になかったスリランカに寄れると言うのは魅力的です。

ヤンゴンからバンコクまでどうするかという問題があり、陸路で丸1日かけて行くつもりでいましたが、LCCで最安7千円と言うのがあるのが気になっていました。
この路線は朝と深夜に2便あり、時間の悪い深夜の方が安くなっているのですが、それでも1万円くらいして最安はだいぶ早目に予約した場合に適用されるようでした。
ところが、お腹の調子が悪くなったことでその航空会社のサイトを何気なく見ると、今日の午前便は出発済み、午後便は最安価格と表示されていました。
おそらく当日の午前便が出発した時点で午後便の価格が下がると言うシステムなのだと思われ、これはチャンスだとその場で予約し、スリランカ経由の方も数日先でしたが続けて予約してしまいました。
一般に格安航空券は当日予約は不可ですが、オンラインで管理されているLCCはこんなことができるんだと感心しました。

さて、作例はお腹に影響があったかも知れないアイスクリーム屋さんです。
前々回来た時に気付いて利用していましたが、この日に再発見して80円ほどのマンゴーのアイスを舐めながら撮影しました。
背景の建物はかなり古そうなイギリス統治時代のコロニアル建築で、それを見ながらのアイスの休憩がまた格別です。
お腹への影響の可能性ではもうひとつあって、近くのスーパーにUMEBOSHI NON SUGARという不思議なドリンクがあったので買って飲んでみたのです。
これが恐るべきことに、梅干しをごく少量の水で溶いただけのもののようで、強烈な酸っぱさに一口飲んでは水を200ccくらい飲むを繰り返して完飲したものです。
瓶の底に梅干しの種が大量に残っていたので数えてみたら45個もありました。
たぶん一気に梅干し45個食べたのと一緒の行為をしたということです。
これでお腹が何ともないはずはないでしょう。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/10 Wed
<< レンズはやめて仏像趣味か | home | 神奈中バスでヤンゴンへ >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。