スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

心地よい自分の場所

3K 5cmF1.5
昨日の夜はたいへんなことになってしまいました。
ドイツ・タイハーフの奥さんの勧めでナイトマーケットとショッピングモールを冷やかしたのですが、途中でアンティークショップを見つけ、ついついそこでまた100年前にミャンマーで作られたと言う小さな仏陀像を気に入り買いました。
たいへんだったのはそのあとで、ショッピングモールにはタクシーで行ったのですが、閉店の9時までいたらタクシーがまったく通らず、仕方なく歩いたところでバーがあり汗かいたし、ビールでもと飲んだら店の女の子と客が集まって来て、言葉の通じない宴会になってしまい、かなりのビールを飲んでしまいました。
誰かがタクシーを呼んでくれたらしく、気付いたらホテルの部屋にいたような状況でしたが、ここまで飲んだのは何年ぶりのことでしょう。
朝起きたら頭がガンガンしていました。

シャワーを浴びてから昨日同様にレセプション脇のカフェに陣取って、やはり同じくカプチーノを頼みました。
昨日わざわざあいさつに来た向かいに住んでいるオーナーの男性がこれから出かけるとわたしに向かって手を降ってくれます。
ドイツハーフのリナにはもう赤ちゃんがいてわたしによくなつくベラという名なのですが、このカフェの名前がベラ・カフェとなっていたのに気付いて何だか嬉しくなってしまいました。
昨日はわたしの帰りを11時まで待っていたとのことで、顛末を話して詫びます。
アパートの住人は、タイ人、ドイツ人、イギリス人、フランス人、インド人、中国人と国籍さまざまでカフェにいるといろいろな人が出入りして面白いです。

たまたまドイツからお父さんも来ていていろいろと話をすることができましたが、当然のことリナによく似ていて、お父さんとお母さんの好いところが合わさって彼女の容姿があると納得します。
前回の旅はフランスレンズを持っていたらフランス人のオードリーと出合ったのですが、今回はドイツのレンズを持っていてドイツ人ハーフのリナと知り合いました。
何か妙な縁を感じます。
フォクトレンダーの綴りを見せて発音を確認しますが、わたしにはヴォクトレンダーと聞こえたので、日本ではフォクトレンダーというが正しいがと聞いたところ、それで好いとの返事でした。
ただし、ウィーンとあるのでたぶんオーストリアではフォクトランダーになるのではと言っていました。
またフーゴ・マイヤーを聞くとフゴ・マイヤーと発音していました。
フーゴと伸ばさないようですし、ドイツ語ではヒューゴでもメイヤーでもないそうです。

そんなのも含めて居心地よい場所で彼女たちとおしゃべりしているとあっという間に時間が経過してしまいます。
今日はミャンマーに向けて出発するはずでしたが、お昼過ぎになってしまい、旦那さんに車でバスステーションまで送ってもらいます。
国境の町メーサイ行きは20分後だと言うので、近くに見つけていた写真屋さんに行ってインドビザに必要な顔写真を撮ってもらいました。
15分でできるかと確認したのにゆっくり作業しているので再確認すると50分じゃないのかと慌てて作成してくれます。
時間は完全にギリギリで、写真を受け取ってから走ると、バスがすぐ目の前を走ってきたので強引に停めて乗り込みました。
間一髪のタイミングです。

チェンライからメーサイまではそのバスでのんびり1時間半でしたが、密教まではまたソンテオに乗り換えが必要で、昨日の失敗が頭をよぎった通り、イミグレーションまでと言ったら町中のイミグレーションオフィスで降ろされ、またバイタクに乗って国境のイミグレーションまで行かなくてはなりませんでした。
ミャンマーのチャイントンという町まで行きたかったのですが、イミグレそばのカフェで確認すると国境から7時間ほどかかるとのことで、今日はもう着けないだろうと判断し、それならいま国境を越えてミャンマーに入るよりもメーサイに宿をとることにします。
メーサイと向かい合うミャンマー側の町タチレクは特別区のようなところで10年ほど前に来たことがあります。
その時はビザ不要ですが、パスポートをイミグレーションに預けてタチレクの町のみ観光することができるというものでした。
タイとの違いも分からず、ただミャンマーに入ったと言う体験をしたという程度にしか感じられませんでした。
そこに今度は泊ると言う気持ちにはなかなかなれず、メーサイのなかなかよい宿を見つけて荷を降ろしました。

さて、今日の作例はその国境付近で目撃した珍事です。
歩いていたら爆笑が起こって人が集まっていたので、近くに行くと荷物過積載の三輪小型トラックがしりもちをついて、運転台がもち上がってしまっていました。
国境を超える車が列を作る中で、過積載車のために誰も前に進めなくなっていたので、わっと力自慢が集まって御覧のように体制を立て直そうとみんなで引っ張っていますが、車があんなになるほどの重量ですから立ち直るまでたいへんでした。
女子高生が携帯で動画撮影していたので、ユーチューブにアップすべきと勧めたら、そうしますといっていたので、検索すればこの顛末が見られるかも知れません。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(2) | 2015/06/04 Thu
<< ここにもフェイクの世界が | home | バス乗り場はあまりに遠かった >>

Comment

発音はやはり直接現地人に聞かなくては分からないですね.フォよりもヴォに近いんでしょうね.フゴ・メイヤー,勉強になりました.英語圏の人間はどうしても自分たち好みの発音にしがちなので,困ります.
こりゃあ過荷積もいいとこですね.これじゃあこうなりますよね.
2015/06/09 Tue| URL | Neoribates [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Neoribatesさん、こんばんは。
日本では英語基準で書いてしまうケースが多いようです。
ドイツ人やフランス人などネイティヴに確認して欲しいですが、こだわらずに掲載される活字が多いのが残念です。
逆に英米だと、自分たちの言語中心に発音を決めてしまうのでしょうね。
過積載はアジアではよく見る光景ですが、たまにこういうシーンがあるようで、そういうときにネオさんのようにうまく切り取れると最高なんですが…。
いろいろあって、返信が遅れてしまったことを深くお詫びいたします。
2015/08/28 Fri| URL | zunow [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。