スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

寝るには最高タイ国鉄

Angenieux S5 50mmF1.5
バンコクから乗った列車は思ったよりも快適でした。
チェンカーンからバンコクまで乗車したバスのように毛布を貸してくれ、ウェルカムドリンクや朝食と昼食のサービスまでありました。
それで料金は2000円しないくらいでした。
ハジャイまでの距離はおよそ950キロ、深夜11時出発して翌日の昼1時頃着く予定だと言います。
それが本当なら平均すると時速73キロほどで走ることになり、わたしが思っていたほど遅くありません。
切符窓口で聞いていたようにリクライニングがかなり倒れるので姿勢も楽ですし、乗車率も半分程度で隣席が空いたままなのも助かりました。

とはいえ懸念がありました。
ハジャイからツアーを利用してリペ島と言うところを目指そうと考えていたのですが、どうもそのツアーが2時出発らしいのです。
定刻の1時に着けば問題ないですが、列車のスタートがすでに30分遅れているので、2時出発は厳しいかも知れません。
前々日に徹夜して、前夜も大阪の激安宿で数時間寝ただけでしたので、列車の中でわたしは爆睡でした。
ランチを食べてもまた熟睡して、また起きると到着予定の1時を過ぎていましたが、まだハジャイは先のようです。
結局、2時半頃ハジャイ駅に到着しましたが、列車はスタートの30分の遅れを取り戻すどころか、さらに30分遅れてようやく着いたことになります。
日本なら乗客からのクレーム必至でしょうが、もちろんタイで怒っている人はなく、わたしも予想外の爆睡でむしろすっかり上機嫌でした。

駅前の旅行代理店に駆け込んで念のためリペ島に行けないか聞きましたが、やはり今日はもう船に間に合わないと断られます。
仕方なくひとまず荷物を引きずりながら、喉が渇いたので何かないか駅周辺を歩いてみました。
眼が開けてられないくらいの快晴でしたが、ハジャイはバンコクよりもずっと南で気温も高いのでしょうか。
すぐに歩いているのもつらくなってきます。

ようやくWIFI環境のあるカフェを見つけて、ネットでハジャイ駅に近いホテルを予約して向かうと、小さなホテルなのにツアーデスクがあります。
あらためてリペ島に行きたいと告げますが、やはり明日の朝8時にホテルを出て、11時の船に乗るのが最短とのことで、それを予約します。
もともとリペ島には2泊のつもりで、本日の到着が間に合わなかったので、1泊だけして翌々日にハジャイに戻る船とバスも予約しようとしたのですが、リペ島に1泊しかしないなんて間違っていると言ってチケットを売ってくれません。
その2日後にマレーシアのホテルを予約してしまっているので、日程は動かせないのですが、ツアーデスクのおじさんは頑固者でその程度の説明では自説を曲げず、やはりチケットを売ってくれないのでした。
リペ島ってそんなに良いところなのでしょうか。

ハジャイは地方都市で物価はバンコクより少々安いのではないかと思うのですが、あろうことか、小さなレストランに入るとまたしても英語メニューが出てきて昨夜同様のバカ高い夕食をとる羽目になってしまいました。
タイ語ができれば、タイ語のメニューを持って来いと言って注文したいところですが、一文字として読めないのですからここは素直に安めのものを最低限だけ食べることにします。お腹が満たさなければまた屋台を探して、ソバか何かすすればいいでしょう。
性懲りもなく昨夜と同じ好物のグリーンカレーとライスをたのんで、我慢できなかったのでいちばん安いビア・レオも追加しました。
これでけっこうお腹いっぱいになってしまうものです。

さて、作例は夕食の帰り道、ホテルの手前で見つけた母娘が切り盛りするスイーツの屋台での1枚です。
お腹が空いていた訳ではないのですが、こういうところがあるとついつい寄ってしまうのですね。
この日はほぼまったく写真を撮っていなかったことを思い出して撮らせてもらったのですが、日が進むにつれて撮影枚数が減少するというのがタイの旅の不思議です。
こういう屋台では言葉が通じないことが多いですが、反面で英語のメニューはなくて、安心して指さしオーダーできるのがまた好いのです。
【Alpha7/Angenieux S5 50mmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Angenieux S5 50mmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/05/16 Sat
<< 誰もいない宿 | home | 寝台のない夜行列車 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。