スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

ちょっとだけフェイスブックなど

Nokton 50mmF1.5
ベトナムのラオカイに滞在するにあたってフェイスブックを利用して待ち合わせなどをしてきたことを以前書きましたが、もちろんわたしはSNSなどとはまったく無縁で、ツイッターやLINEを含めて登録だけしてまともに使ったことなどありませんでした。
どういう仕組みなのか、フェイスブックではログインすると知り合いかもと何人もの名前と写真が表示されますが、実際にその中に知り合いが何人もいて、ということは相手にもわたしの写真が見られている可能性が高いのだと気付いて、フェイスブックなんてやらなければよかったと思っていたくらいです。

その後ハノイでもフェイスブック経由で別の友達と会って、彼の仲間とフリーハグ活動をしたこともどこかに書いたと思います。
その仲間たちと言うのが15人くらいなのですが、その全員とフェイスブック上の友達になりました。
フェイスブックは強制力がないとはいえず、誰か友達になっている人が書き込みしたりするとそれを通知するシステムができていて、フェイスブックを日常使用している彼らからのアクションですっかり賑やかになってしまいました。
こちらも「いいね!」ボタンで応答したり、ときどきコメントしたりでフェイスブック浸透度が高くなります。

さらに、旅の心配をしてくれた彼らに、こちらからも旅の一服などを発信してみることにしました。
食事のメニューとか風景を携帯で撮影して、一言コメントを入れて投稿します。
ラオスに入ってここがメコン川ですとか、ランチで食べたトムヤンクンが美味しかったとか他愛もないことですが、友達から義理いいね!や義理コメントが来てという具合にフェイスブックのコミュニケーションが続きます。
しばらくそんなやり取りをしているうちに、ひとり旅をしていると、どこかにつながっているということは、案外悪くない感覚だなと思えるようになってきました。

しかし、うっかりと何度も投稿すると自分の行動が筒抜けですし、友達に見ることを強要するようなところもありそうです。
ブログの場合は、投稿するときに時間のズレをつくることが可能ですし、勝手に投稿するだけで誰かに読むことを強制することもありません。
フェイスブックとブログのどちらを選択するかは好みや行動パターンによるでしょうし、わたしのように旅をするなら両者を併用してうまく付き合うのがいいような気がします。
幸いなのは、ベトナム語がさっぱり分からないので、彼ら内のやり取りにまでは参加する必要はないということで、日本人のつながりに入っていると苦労は絶えないようです。

安価に旅を続けようとすると、WIFIがなかったりあっても電波が脆弱でインターネット接続困難ということがしばしばです。
そういうものだと割り切っているので構わないのですが、フェイスブックの更新は待ってくれず、久しぶりに開くと状況が大きく進展しているのにわたしは無視しているようにとらえられるようになっていたりなかなかたいへんです。
また、お気に入りの女の子に少々気持ちの入ったコメントをして、あいつはあの子を狙っているらしい的な空気を作るヘマをやったことがありました。
まさか、この年で20歳そこそこの女の子をどうこうしようという気はないのですが、コメントと言うのは誤解とか拡大解釈とか怖さがあるというのを実感しました。

さて、今日の作例はフェイスブック友達とのフリーハグの活動の一コマです。
白めがねの女の子はわたしが声をかけたのですが、手にしているはさみでゴミを拾ってもらい、男の子が持った”YOU ARE THE HERO”と書かれたボックスに捨ててからメンバーとハグしてもらいます。
公園美化活動なのかハグによる平和活動なのかよく分かりませんが、フェイスブック上でも仲間の活動が出てきたりして、同じ活動をするグループがベトナム全土にあることが分かります。
あるいはそのフェイスブックの記事を遡って読めば、活動趣旨が理解できるかも知れませんが、そこまでフェイスブックに付き合うつもりはありません。
現在、フェイスブック上に友達が31人いて、内訳は、日本人5人、タイ人2人、モンゴル人1人、ラオス人1人、ベトナム人19人です。
ちなみに中国では政府の方針で、フェイスブックは閲覧できません。
【Alpha7/Nokton 50mmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Voigtlander Nokton 50mmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/05/06 Wed
<< 未だに見つからない旅の理由 | home | 白いスーツの美女 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。