スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

伝統を考える

Grubb 20cmF3.5
作例の写真を見ても、これが何だかわかる人はまあいないでしょう。
まずがったのは、たまたま通りかかった牛が入り込んでしまったことで、これのせいで牛が臼を曳いているように見えてしまいますね。
答えは糸を紡いでいるところです。
背中の女性が植物の茎からこよって糸にしたものを継いでいって長い糸にして、巨大リールに巻き取っていっています。
あいさつすると笑顔をこちらに向けながらも、手は止めずにそのまま淡々と作業する様子は職人のようでした。

トレッキングコースにある観光用の施設なのかとも思ったのですが、そうではないとパオさんは言います。
別の家には滑車で木の棒を前後させる臼を曳いている女の子を見かけましたし、パオさんの家のそばでは大きな樽で布を濃紺に染める藍染をしているところも見せてもらいました。
いずれも誰かに見せるためではなく、あくまで生活のため、商売のために伝統的におこなっているとのことです。
どの家でもすべて行われている訳ではないようですが、少なくとも村単位では伝統が生活の中に残されていることを目の当たりにすることかできました。

高台で棚田を一望できる展望台のようなところがあって、そこには物売りの少女やらおばさんが多く陣取っていましたが、彼らは仲間同士でおしゃべりしながらも、先ほどの糸を使って器用に手を動かしながら縫物をしていました。
その完成品などを観光客に売っているのです。
普段みやげ物をほとんど買わないわたしがところどころで小さな入れ物や敷物などを買ってしまったのは、工場生産品ではなくそれら光景を見てきたことが理由です。
そういった背景を知らなければ売られているものはあまり面白くもないので、人に差し上げても受けそうにないのが残念です。

村では、石に彫刻した置物を製造販売しているところが何軒か見られました。
これはもともと伝統手工業ではなく、観光客が多く訪れることから地元で採れるやわらかい石を利用して商売に結び付けたということのようです。
彫刻のモチーフには伝統的な事柄や仏像、自然風景などを扱っていて、村と無縁のものだと言うことでもありません。
石が素材なので重たい荷物になるのでわたしは興味を持てませんでしたが、欧米人には一定の人気があるようでした。
木や竹を加工した道具や家具などを手作りしている民族なので、そのような技術でカップなどの食器や小物を作ってもらいたいですし、Tシャツが観光地風のものしか売られていなかったので彼ららしいデザインのものを何種類もつくれば確実に売れるのではと思いました。

また、歩いているときにイヌを絞めているところを目撃しました。
人によっては目を剥くような話かも知れませんが、ベトナムも中国や韓国同様に犬食を伝統的に行ってきた国です。
彼らの価値観からすれば、ウシやブタはよくてイヌを食べてはいけない理由は何なのか教えてほしいとなるでしょう。
むしろ、イヌに服を着せて話しかけたり自分たちの食事よりはるかに高価なペットフードを与えていることを知れば、その方がよほど尋常でないと彼らは主張するのではないかと思います。
日本の一部で行われている伝統的な漁業に対して避難している不快なグループにも同様のことを言いたくなります。
彼らがもともとの先住民の文化を破壊して国全体の支配者になった歴史をよく顧みるべきと教える必要があります。

日本の例といえば、わたしがヨーロッパに行っていたころ、しばしば日本では生の魚を食べるんだってと好奇心いっぱいに聞かれたものです。
インターネットがなかった20年前、日本を訪れる観光客はあまり多くなく、日本食レストランも大都市の一部を除いてそれほどなくて利用者もごく一部限られた人だけだった時代でした。
当時は、調理していない魚を生のまま食べるなんてと、口には出しませんが野蛮人扱いだったのではないかと思われます。
しかし、今や寿司や他の日本食は世界中に広まり、各国でもっともポピュラーな外国料理の地位を得ています。
犬食が世界で人気になるということはないでしょうが、理解が進んで偏見がなくなる日が来ることは期待します。
【Alpha7/Grubb 20cmF3.5 F3.5】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Grubb 20cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/04/29 Wed
<< 畑の天使たち | home | 起業諦めるも >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。