スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

終わったのではなく始まり

C.C.Harrison 14cmF4
1ヶ月の旅から戻って、生活ももとに戻ったかといえば、実はそうではありません。
旅は終わったのではなく、始まったところなのです、といえば妙に聞こえるかも知れませんが、冗談で言っている訳でもないのです。
日本を出発して韓国を経由して中国入りし、モンゴルに立ち寄りふたたび中国へ、さらにベトナムに向ってから再々度の中国と言うルートが分かりにくくさせていますが、わたしは、いま、世界一周に挑戦しているところなのです。


とにかく西へ西へと進み、それもなるべく陸路で、陸路がなければ航路、それもなければ航空機もやむなし。
ルートについてはあまり下調べせず、通過しそうな国でビザが必要か、それは国境で取れるのかあるいは事前に大使館に行かねばならないのか、その程度のことだけ確認しておいて、あとは地図を見ながらあまりのんびりしない程度に進んで行こうという旅です。
イスラム圏やウクライナなど紛争状態の国々がありますし、アフリカ諸国中南米には治安が悪いとか外国人旅行者をターゲットにした犯罪がしばしば起こると言われるエリアがありますので、そういうところはもちろん予備知識として認識しながら避けなくてはなりません。
他にも細かくは制約があるでしょうが、それはさておいて、少々の体の衰えを感じ始めている今のうちを逃しては、こんなことは一生できないだろうと急遽思い立ってそんなことを始めてしまいました。

諸事情あって仕事を辞めてしまったので時間はありますが、長期間働かずに優雅な旅をするゆとりはありません。
また、1ヶ月に1度程度、これも事情があって帰国しなければなりません。
どんなルートを取るかは決めずに進みますが、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、北米、南米、オーストラリアと南極を除いて6つの大陸というか地域というかがある中で、これらをすべて通るように進みたいとは考えました。
するとかなり駆け足でも最低半年は必要になるだろうと思われました。
しかし、つい先日中国でやったように3日連続で夜行列車に揺られるというのは嫌ですし、行く先々でその国や市民を知るような時間も取らないといけません。
1年まではかけないつもりですが、トータル8ヶ月、10ヶ月という期間になってしまうような気がします。

そんなことを思いながら旅を具体化しようとすると、1ヶ月に1度帰国のための日程をまず決めて、次にその町から東京行きの往復航空券を買って戻って来ることを考えて、そのエリアの大都市まで日程内で到達するということにしなければいけないと思いました。
できれば完全に自由な旅であればそれに越したことはないですし、自由度が高いほどよいという考えは変わりませんが、このくらいの制約は致し方ないでしょう。
1回目は約1ヶ月、肩慣らし程度に中国を廻り、途中で日本行きの航空券を買うかたちをとりました。

中国を西に向いシルクロードに沿うルートは魅力的でしたが、新疆の問題があって、外国人が入境できるか不透明だったことで諦め、これは最初から気乗りしませんでしたが、モンゴルからロシア、カザフスタン、ウズベキスタンと中央アジアの平原を行くルートはあまりの寒さで断念しました。
やはり楽なのは、南下して東南アジアから南アジア方面を目指すルートのようです。
再来週には昆明に戻って旅を再開しますが、次回、東京行きのフライトに搭乗する地としてはバンコクあたりが無難だろうと検討しています。
その先はどうなるのかまったく考えていませんが、進むにつれて酷暑の地域に進んでいくのでしょうから、体力的な不安が頭をよぎります。

さて、作例ですが、世界一周の最初の寄り道の京都で撮影した可愛らしい女の子です。
見返り美人ポーズが決まっています。
もうひとりも美少女だったのですが、オリジナルのポーズをリクエストすると八坂の塔ポーズをしてくれたものの、残念ながらシリアスなわたしのブログには似合わないものでした。
お願いしておきながら申し訳なかったです…。
旅の最初の写真も舞妓さんでしたが、美人を取り上げたいというのが趣旨ではなく、あくまでその国や地域を代表するような伝統的な衣装を撮影することで、そのことを伝えたいという気持ちからた゜ということは強調しておきます。
【Alpha7/C.C.Harrison 14cmF4】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
C.C.Harisson 14cmF4 | trackback(0) | comment(2) | 2015/03/26 Thu
<< 美人は美人 | home | 帰還命令 >>

Comment

毎月の帰国はベスト!
ギリシア神話の力士アンタイオスは、どんなにぶん投げられても、
体の一部が大地に着いた途端、倍増しに強くなったと言います。
月1度の帰国は体力的にも財務的にもかなりハードでしょうけど、
その都度、エネルギーを倍増しに回復するチャンスですね。
第一ラウンド無事終了に「おめでとう!」と言わせていただきましょう。
とにかく私には不可能な、前代未聞のアドベンチュア!
応援しています。
2015/04/03 Fri| URL | sha-sindbad [ 編集 ]
sha-sindbadさん、こんばんは。
前代未聞のアドベンチュアはかなり大袈裟ですが、
おめでとうと言っていただいたことに、お礼申し上げます。
目的無くふらつく旅なのでエネルギー消耗しないはずなのですが、やはり年のせいか疲れは貯まるようで、おっしゃるような回復を目指したいです。
無駄な行為との後ろめたさもあるので、温かい言葉には励まされます。
2015/04/03 Fri| URL | 中将姫光学研究所 [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。