スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

遊園地造成計画

C.C.Harrison 14cmF4
成都の出入国管理事務所で朝からイライラさせられましたが、気を取り直して市街の古鎮を見物に向かいます。
方角的には西進しているのでそのまま移動できそうですが、鉄道駅がないので、夜、成都に戻って夜行列車に乗る方がずっと便利だと分かり、荷物はホテルに預けます。
平楽と西来というふたつの古鎮を有する邛崃市は成都の西70キロほどのところにあります。
ただ、邛崃をなんて読むのか分かりませんので、地図で指し示すと「チオンライ」だそうです。
ライの方はともかく、チオンは難読漢字のように思いますが、中国人には普通に読めるのでしょうか。

いつものようにぼやいて申し訳ないですが、平楽も西来も観光化が進んだ古鎮遊園地のようなところでした。
古建築が並んだとおりは、すべて土産物屋や食堂になってしまっていて、鎌倉の小町通りのようになってしまっています。
訪れたのが平日なので小町通りほどの人はいませんが、さすが中国らしくそれなりの人がぞろぞろと歩いていました。
もはやマイカーが当たり前になった中国では、ちょっとした郊外の有名どころではこのような開発が進んでいない場所はないのかも知れません。

面白いところもあって、邛崃の町から平楽へ向かう途中には、酒街道のようなエリアがありました。
全国ブランドの酒造メーカーの工場が10軒以上並んでいたのですが、それらはみな白酒のメーカーです。
こんなところに集中しているのは、どういう成り行きだったのでしょうか。
原料の高粱がとれるとか水が良いとか、それとも税金の優遇があるとかでしょうか。
バスの運転手に聞いてみましたが、四川省はかなり訛りのきついところで、申し訳ないですが、彼が何と言っているのかさっぱり分かりませんでした。

平楽がダメと分かれば、西来も同様だろうと諦めて成都に戻ればよかったのですが、せっかくここまで来たのだからとついつい向かってしまいました。
こちらはバスに車掌がいたので相談すると、5時に邛崃に戻る最終のバスがあると教えてくれます。
それなら、成都に戻って夜汽車の時間にも間に合いそうです。
作例は、西来の外れの町並みですが、平楽に負けじと一生懸命の開発途中のようで、こんな外れまで観光客が来るのかいなと思うようなところにまで、石畳の町並みを造ろうとしていたようです。
道路はそのままに、幟と提灯を取っ払ってくれればそれだけでいいとわたしは思うのですが。

邛崃へのバスはもう行ってしまったのではと諦めかけた45分遅れで到着しました。
成都行きのバスの中で確認すると、もはや夜汽車に間に合いそうもありません。
調べるとその1時間後の夜汽車は同じ方面に行くようでしたので、それでもいいか目的がある訳でもないしと安心しできました。
もっともそれがなかったところで、成都にもう1泊しても旅にはなんら支障はないわけですが。
1時間ほどで成都のバスターミナルに着きますが、出発した時とは違うターミナルでした。
客待ちのタクシーに聞くと成都駅まで80元と言います。
それはいくらなんでも高すぎで、ターミナルの位置が不明なので料金がいくらなのか分からず交渉できないので、流しのタクシーを探すことにします。

ほどなくやって来たタクシーはいかにもフレンドリーな青年の運転でした。
まずは荷物を預けたホテルの場所を言うと、料金を指し示すでもなく黙ってメーターを倒しました。
先ほどのタクシーが駅まで80元と言われたと言うと、25元くらいのものだと笑っています。
早い方の列車まであと20分ほどですが、事情説明してホテルで荷物をピックアップして何時の電車は間に合うだろうかと聞いたところ、運が良ければぎりぎりだと言います。
切符をまだ買っていないと言うとそれでは無理だとの返事でした。
中国の主要駅では、切符窓口と改札が少々離れていて、しかも成都のような大きな駅ではいずれも行列に並ばないといけないが、改札は時間が無いと言えば通してくれるだろうが、切符を買うときにそれは通用しないだろうからと。
なるほど、彼のいうとおり、ホテル経由で駅には5分前に着きましたが、切符を事前購入していれば間に合ったかも知れない時間でした。
無理に飛ばしてくれた彼に、釣銭をチップだと言うと名刺をくれて、次回、成都に来た時は一緒に飯を食おうひとり旅では火鍋も食べられないだろうと誘ってくれました。
よく気の回る青年だなあと思いました。
こういう男がいれば、出入国管理事務所も外国人の評判が上がるに違いないでしょう。
【Alpha7/C.C.Harrison 14cmF4】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
C.C.Harisson 14cmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2015/03/17 Tue
<< 行き先、間違えました | home | お役所仕事 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。