スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

酸っぱいはレモンのみならず

Darlot(N.N.)7cmF2.3
東京ドームにはラオスの撮影に使用したドゥロジーのペッツバールを持参しました。
わたしのドゥロジーはたいへん重厚な作りで、ドゥロジー独特のマークも輝いていて、撮影させてもらう人によく見せてその素晴らしさを共有することで、気持ちよくモデルになってもらおうと意図してのことです。
しかし、実際に当日のイベントで使おうとすると焦点距離15cmはあまりに長く、撮影するときはかなり後ずさりしなければならず、混みあったドームのイベントでは他の人の邪魔になるばかりです。
もうひとつ、階上が暗くF4クラスのレンズでは厳しいという問題もあって、レンズ選択の失敗を痛感しました。

撮影を諦めようかとも思ったのですが、途中から合流したksmtさんが、以前わたしがお願いしたペッツバールの改造を終えてわたしに手渡そうと持ってきてくれていました。
70mmF2.3と焦点距離、明るさともわたしの願いが通じたかのような理想的なスペックで、これに切り替えることで撮影続行を可能としてくれました。
ksmtさんには二重、三重に助けられた格好です。

"Darlot(N.N.) 7cmF2.3"としたこのレンズですが、ダルロー製であることは証明されていない無銘レンズです。
このレンズを入手する直前に、同じく無銘の5.8cmF2.3というよく似たレンズを手に入れていました。
レンズを譲ってくれたイギリス人によると、以前、まったく同じ外観のレンズを持っていて焦点距離等も同じだったが、そのレンズには"Darlot Paris"と刻印されていて、無名のわたしのレンズの倍の価格で売ったとのことでした。
だから、このレンズもダルローの可能性が高いと思うとのメールをもらっていたので、さらにその後に手に入れた70mmF2.3もダルローの可能性があるだろうとの希望的観測を書き入れたというだけに過ぎません。
ちなみに"N.N."は、ノー・ネームの意味です。

それにしても7cmF2.3というのは魅力的なスペックです。
35mmフォーマットは余裕でカバーしますが、ペッツバール型独特の周辺部の像面湾曲と非点収差による乱れが顕著です。
一方で、中心部はシャープですので、被写体は常に真ん中に置かなくてはいけません。
これはまさに、19世紀半ばにヨーロッパやアメリカで撮影されたペッツバールレンズによるダゲレオタイプのポートレイト
写真そのもののスタイルです。

これまで使用して来た125mmとか150mmのペッツバールというのは、いわゆるクォータープレートサイズで35mmよりだいぶ大きなフォーマットサイズです。
だからこそ画面全体を均質に撮影可能なのですが、それではペッツバールらしさが得られないという考え方もできます。
100mmクラスですとごくごく周辺に収差が現れてくるというところなので、このあたりが面白いと感じることが多くあります。
しかし、さすが70mmF2.3は、よりペッツバールらしさを味わえる楽しいレンズだということが分かりました。
この写りだと、もはやポートレイトかせいぜい中心に主題を置いたスナップしか使えず、風景を撮ろうなどと考えることがなさそうなのがまた好いと言えます。

今日の作例は背景が無く、レンズの面白さを十分に伝えられていないのが残念ですが、昨日と同様にピントが合っているのかいないのか微妙な感じに美しい女性を捉えたわたし好みの絵になっています。
昨日より照明があるのはありがたいのですが、斜め上からの光で目などに影ができてしまったのは残念です。
帽子にトマト梅と書かれているのがかすかに判別できますが、トマトとともに漬けたという梅干しの試食をさせてもらいました。
梅干し好きのわたしには新境地の味でしたが、おにぎりやご飯と供にというよりはフルーツのような感覚で楽しめる不思議な食べ物でした。
それでも、こんな可愛い女性が提供してくれるのでなければ、わざわざ並んで試食はしなかったでしょうから、素敵な人が販売したりすることがいかに効果的かをよく知らしめられたような気がします。
【Alpha7/Darlot(N.N.)7cmF2.3 F2.3】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Darlot(N.N.) 7cmF2.3 | trackback(0) | comment(0) | 2015/01/26 Mon
<< 気持ち揺さぶるアイドル | home | 今年は北陸 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。