スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

猫子不是中心

Elmarit R 28mmF2.8
海野宿の最終回です。
その家並みの美しさを紹介できるような作例を1枚も出さないうちに終わってしまい申し訳ありません。
ただ、今日の作例は気に入っているので、これで締めくくれるのは個人的には、まあよしとしましょうくらいには言えるかと考えています。

久し振りのR用エルマリートはとてもよく写って、オールドレンズとは言えないとがっくりでしたが、現代レンズらしい逆光での強さはわたしの他のレンズにはなかなかないもので、この光線状態ではベストの写りだと思っています。
コントラストの良さからでしょうか、こんな逆光で色がこれだけ表現されるとは思わなかったので、そこがまずいいなと思います。
これは偶然ですが、人物に当たる太陽光の輪郭線が室に美しいですね。

そして、これが気に入っている最大の理由ですが、猫の白毛が見事にレフ板の役割を果たして中央の少女の顔を照らしていたので、これだとこの位置で図々しく撮らせてもらったのです。
撫でられている猫も幸せそうな表情をしていて、子どもの顔と猫の顔とがいっしょになるポジショニングを取りかけましたが、幸いにしてわたしはあまり猫の写真には撮るのも見るのも関心が向かないのでそえはならず、猫毛レフ板を見出してこれだと撮影することができました。

もうひとつお気に入りになった理由は28mmの距離感の記憶がよみがえったことです。
昔、カメラを始めたころは広角の使用頻度が高くて、とくにRではないM用の2代目エルマリートをM6と組み合わせてよく使っていました。
その頃はスナップで、人物を取り入れたものを狙っていましたが、28mmという画角は被写体にかなり寄らないと面白い写真になりりません。
普通にしている人にカメラを持って寄ると警戒されてしまうというか、そもそも自分にそんな行動をする勇気がありませんので、狙いは何かに集中している人にぐっと近付く作戦でした、

被写体は子どもが多くなってしまいますが、スナップのうち何枚かに1枚はそうやって撮った写真で、自分で見る限り面白い写真と言えるのはそういう写真ばかりでした。
今日の作例を見て、そういえば10年以上前にライカで撮っていた時は、こういう写真を撮ろうとしてたっけと思い出させてくれたのです。
エルマリート28mmはRもMも少し大きすぎるので、35mmレンズを何か付けて、M6スナップを復活させたくて少しワクワク状態です。

海野への小さな日帰りの旅は、天気に恵まれ、モデルに恵まれ、食事も大満足と絶好調だったのですが、最後に失態があったことを付け加えてお詫びとしましょう。
翌日もお休みだったので、せっかく信州まで来たのだし、夜に地酒を呑みながらそばを食べてゆっくり帰ろうと段取っていたのですが、さて、駅前温泉に浸かって汗を流し、調べておいたそば屋に行くとなんとお休みだったのです。
閉まっているのに気付かずこの辺のはずなんだけどとずんずん歩いて、しまいには走って探してで大汗をかいてしまいました。
仕方なく上田に出て、そばは何とかいただけたものの、時間の都合で慌てることになってしまい、最後のドタバタが愉しかった1日に水を差した格好です。
ローカルのお店が東京の感覚で土日や夜も開いていると考えてはいけないのだと思い知らされました。
【Alpha7/Elmarit R 28mmF2.8 F2.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmarit 28mmF2.8(R) | trackback(0) | comment(0) | 2014/12/07 Sun
<< 第十個国家 | home | 徕卡M4美女 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。