スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

你笑什麼

Dallmeyer 11cmF4
海野宿ふれあい祭りには、いくつかの催しがタイムテーブルに連なっていて、適度に見物客を飽きないようにさせる工夫が伝わります。
巫女さんの舞のような神事から、子どもずもう、流し踊りのような祭りの定番、人力車への乗車では古い町並みを少し高い目線で眺めることができ、そしてわたしたちのような人物撮影が主体のレンズ愛好家にはなくてはならない時代衣装行列があります。

しながわ宿場祭りは規模の上でまったく比較になりませんが、大磯宿場祭りや与野大正時代まつりとは肩を並べるところがあると言えます。
例えば、実感としての通りの長さは、大磯、与野、海野宿はほぼ同等のように思えます。
時代装束の人数でいうと、与野が多く、大磯は少ないですが、海野宿も大磯ほどではないですが少なめな印象があります。
大磯では、本格的コスチュームがほとんど無い代わりに、住民や販売屋台を出す皆さんが着物になるなど、全体が祭りを盛り上げようという機運を感じられるのに対して、海野宿ではその部分が弱いのが残念です。
昨日の作例の美人姉妹などはぜひとも来年は着物で来てもらいたいものです。

それに大磯では、ゲスト参加というか衣装自前で祭りを盛り上げる人たちの存在が大きい。
紋次郎さんはじめ、乞食コスチュームの男性、ヴァイオリン弾き、ガマの油売り等々、おなじみの皆さんが独自のスタイルで祭りを盛り上げています。
与野でも同じメンバーの方がいたり、やはり自前の大正ロマンスタイルで飛び入り参加する人が多く、祭りをより楽しませる重要な要素になっています。

とはいえ、やはり時代衣装行列の存在は重要で、これがあるからこそ海野宿までやってきたというのは間違いありません。
それがなくても海野宿の家並みはたいへん魅力的ですが、いつか訪れるならこのような機会があればそれに越したことはありません。
また、何もない静かな時にも再訪してみたいと思わないではないですが。

さて、今日の作例は、保母さん4人組で時代衣装行列に参加していた内のおひとりに登場願いました。
いつもの通り、江戸時代にイギリスで製造されたレンズなので、江戸時代のコスチュームの美人を撮らせてもらいたいとお願いしてモデルになってもらったのですが、一度ポーズを取ってもらうと次々とカメラマンがやって来て、ピント合わせに手間取るわたしはシャッターを切るタイミングがありません。
撮ろうとして別のカメラマンが前を塞ぎの連続で、そのまごまご振りが受けたのでしょう、笑われてしまいました。

そんなことがあっても、彼女はしっかりとこちらに目線をくれましたので、わたしはちつとも問題にすることはありません。
しかし。この日もそうでしたが、このようなシチュエーションで不愉快な思いをすることがしばしばあります。
ひとつは、ポーズを強要したり、しつこく注文付けたり、ちょっと高圧的な印象を与えるような人が必ずいるということです。
撮らせていただいているというのに、モデルを雇ってやっているという態度なのを見ると、それは違うのではと言いたくもなります。
もうひとつは大勢で撮っていると、中の人同士が小競り合いというか揉め事というか、ちょっとしたことが原因で大人気ないことになってしまうというこがよくあるのです。
わたしたちにとっては反面教師ですが、本人は気付いていないのがたちの悪いところです。
モデルになった女の子が笑ってますよ、と言ってあげればいいのかなあと思ったりしています。
【Alpha7/Dallmeyer 2833 11cmF4 F4】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Dallmeyer 2833 11cmF4 | trackback(0) | comment(2) | 2014/12/03 Wed
<< 緑色鏡胴 | home | 白平衡問題 >>

Comment

海野宿の写真はどれもよく写ってますね。モデルさんの表情もいいです。
結構カメラマンが多かったようですね。長焦点の場合には難しい面がありますが、モデルさんと会話を続ければ、前に入られ難いですよ。
2014/12/04 Thu| URL | ksmt [ 編集 ]
ksmtさん、こんばんは。
もっとかわいらしい顔をしている写真もあったのでご本人には申し分けなかったですが、これを採用させてもらいました。
大笑いだけだと没ですが、手を添えての笑いは上品さがあって、これはこれでたいへん気に入ったからです。
ほとんどの人が広角で撮るので、後退しないと超アップになってしまう長焦点は厳しがったです。
おっしゃるとおり、もう少しオーバーアクションで撮影中だということをアピールしながら撮ればよかったかと反省しています。
もっともそういうことも含めて楽しい1日でした。
2014/12/09 Tue| URL | 中将姫光学研究所 [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。