スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

福倫達報告3

Voigtlander 100mmF2.3
今日が馬車道まつりの最後の作例になります。
文明開化期の服装かと思い声をかけて撮らせてもらったのですが、実はそうではなくて、おとといの作例の女性と同じスチーム・パンク愛好の女性でした。
撮らせてもらってもよいですかと尋ねると、1枚だけならと言う返事でしたので、シャッターを切るタイミングで背後に探偵風男性が被ってしまいました。
1枚の約束でしたが、申し訳ないですがと立て続けに図々しくもう1枚撮らせてもらい、本来なら探偵おじさんのいないそちらの方がよいのですが、最初の方が眼がきらりと光っているのがかっこうよく、悩んだ末にこちらを採用することにしました。

よく見ると左背後の腰掛ける女性も帽子をかぶっていて、3つの帽子に少女の左手の傘とで小道具が生きているという感じがします。
絵画であれば、何かのアレゴリー的な意味を見出せるかも知れません。
最大の意味は、少女の左目が放つ光にあるということになるでしょう。

さて、今日もレンズの話を少々書き加えることにします。
少し前に、"Voigtlander Report 3"というハードカバー本を購入しました。
ドイツ語なので内容がよく分からないのが残念ですが、フォクトレンダーのカメラを図解したカタログのような本です。
フォクトレンダー・リポート3は、レンズと蛇腹カメラが収録されているので買ってみたのですが、わたしはフォクトレンダーのレンズをほとんど所有していないので、なかなか役立てる機会がありませんでした。
オークションなどでコリネアやオイリュスコープが安く登場した時に、焦点距離やF値などを調べるのに2~3度調べるために使った程度です。

今回は、目次で調べて、Portrait Objectiv, Serie 1a 1:2.3というのを簡単に見つけることができました。
このシリーズは、焦点距離が5種類あって、それぞれ8cm、10cm、15cm、20cm、30cmとなっています。
8cmなんてさらに短いものもあるのがちょっとした驚きですが、20cmや30cmも本当にF2.3なのかが気になるところです。
3行ほどの説明書きがありますが、ドイツ語のため割愛させていただきます。
少なくとも製造数などの記載はないようです。

興味深いのは、構成図が1905年と1914年のカタログのコピーとして掲載されていることです。
ペッツバールの構成とよく似ていて、前群はほぼ同じものと考えてよさそうですが、後群は両凸・メニスカスの順に並んでいて通常のペッツバールとは逆になっています。
これで思い出すのは、ペッツバールを改良したダルマイヤーのレンズですが、キングスレークの本をみると、まさにそのダルマイヤーのレンズと型が同じです。
キングスレークによれば、ダルマイヤーの特許として、後群の間隔を開けることでソフト効果を変化させることができるとなっていて、フォクトレンダーのレンズもダルマイヤーの方法を利用していることが理解できます。

ペッツバールの後群を前後入れ替えるとソフトになることはよく知られていて、わたしがこれまでに購入したペッツバール型のレンズのうち少なくとも3本は、後群が入れ替わっていたためにソフトなレンズでした。
元のかたちに戻すととてもシャープになったので、オリジナルはペッツバールだったのだろうなと判定することが可能です。

なぜ手に入れたときに前後が入れ替わっていたかは、ソフトな描写が好まれていたからだろうと想像することができます。
ポートレイト用のレンズで、当時の撮影料金が高価だったことを考えれば、自ずと高齢の人がお金を払って写真を撮りに出向いたのであり、女性などが皺を目立たないようにしてと注文したことは想像に難くありません。
そこで写真屋さんは、後群を入れ替えるだけでシャープにしたりソフトにしたりを使い分けていたのでしょう。
やがて、それをソフト専門にしたのがダルマイヤーやこのフォクトレンダーのポートレイトレンズだということですね。
【α7/Voigtlander Portrait Objective 1a 100mmF2.3 F2.3】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Voigtlander Portrait Objective 1a 100mmF2.3 | trackback(0) | comment(0) | 2014/11/10 Mon
<< 老鏡頭拍老和服 | home | 中心最好吃 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。