スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

利物浦鏡頭

Abraham 10cmF3.6
サンダーソンの内側に目立たずに付いていたレンズは、"ABRAHAM & Co LIVERPOOL"とこれも地味に刻印されたペッツバール型のレンズです。
ペッツバール型のレンズは真鍮製で金色の美しい外観をしていますが、多くの個体は経年劣化で真鍮独特の茶色っぽい変色をしてしまいます。
ご多分に漏れず、このレンズも茶変してしまっていますが、外観がきれいでなかったことでオークションで安く落札できているという事実もあって、これは諦めるようにしています。

ABRAHAM は、子どもの頃にAbraham Lincolnをアブラハム・リンカーンと習ったので、アブラハムと書きたいところですが、実際の発音はエイブラムの方が近いとも聞きますし、ここでは中間をとってエイブラハムと表記します。
エイブラハムというレンズメーカーがあったことなんて恐らく誰も知らないでしょう。
もちろんわたしも知りませんでしたが、リバプールとなっていたのが珍しくかったので、落札に踏み切りました。
RossもDallmeyerもWrayも、イギリスの名門光学メーカーはみなロンドンなので、ビートルズの故郷にも存在していたというのが興味深く思えました。

ただ、このレンズの刻印はあまりにショボくてがっかりするくらいなのですが、レンズが超高級品だったはずの時代にこんな冴えない刻印をするというのが不思議でした。
前述のように茶色く変色してしまっているし、ラックアンドピニオン機構も消失してしまっている、聞いたことも無いようなメーカーで、かつ本場ロンドンではなく港町リバプールで製造されたと考えると、写りについて来たいしろと言う方が無理があると言えます。
5月にはksmtさんにα7で使えるようにマウント改造してもらいながら、なんだかんだと半年近くも放置してしまっていました。
サンダーソン用にぴたりと嵌まったことで今回使用しましたが、そうでもなければもう半年もお蔵入りしていたかも知れません。

しかし、実際に撮影してみると、このレンズ、実によく写ります。
もともとペッツバールはよく写るのですが、そうでないものも多いので、そう考えるとこのレンズはペッツバール原型を忠実に再現しているということではないかと思いました。
エイブラハムには失礼かも知れませんが、このレンズは彼らが製造したのではなく、他社が製造したレンズを購入して刻印を自社のものにして販売したのではないかと考えます。

"Early Photography"というイギリスの光学機器メーカーの百科事典のようなサイトがあります。
特に木製カメラと19世紀のレンズに関してはそれほど詳述されている訳ではありませんが、記載のないイギリス光学メーカーはないのではというくらいに網羅しており、エイブラハムも載っていました。
ところがレンズのことには言及されていません。
ペッツバール型のレンズを作っていれば、はっきりそのことを記しているので、少なくともサイトの管理者はエイブラハムにペッツバールがあるとは考えていないと想像されます。

エイブラハムは写真関連のメーカーではなく望遠鏡や顕微鏡などを扱う光学機器商社のような存在だったのではと考えられ、リバプール在住の写真愛好家ないしは写真スタジオのために少量のレンズを取り扱ったという裏付けになると言えるかも知れません。
少なくとも自社工場を持って一定量のレンズを製造していたとすれば、それが前述のアーリーフォトグラフィに出て来ないのはおかしいのではないか。

では、供給元のメーカーはどこになるのでしょうか。
恐らく国内で流通ルートを確率していたであろうロスやダルマイヤーが、リバプールの田舎に卸すとは考えにくいいですし、仮にそういう状況になったとすれば自社名も刻印したでしょう。
そう考えるとダルローかルルブールかのフランス・メーカーが有力になるのですが、コバ部分には書き込みもなく証拠を見出せません。
国籍すら特定できないというのは、ペッツバールの蒐集家としては少々残念ですが、それを調べる楽しみがあると考えるより仕方ありません。

作例の女性たちは、プレートにもあるとおり、早稲田ちんどん研究会の皆さんです。
3人だけのサークルですかなどと失礼な質問をしていたので、覚えてくれていたのでしょう、軍人ではないのに敬礼であいさつしてくれました。
ちなみにちんどん研には多くのメンバーがいて、厳選された3人が大正時代まつりに参加しているのだそうです。
なるほど演奏がとてもうまくて、見た目に面白い大正時代まつりの中で、聴覚的にも楽しませてくれる貴重な存在でした。
ちんどんメイクなので、そうは見えないかも知れませんが、ルックス的にも実はレベルが高い女性たちです。
【Alpha7 with Sanderson/Abraham 10cmF3.6 F3.6】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Abraham 10cmF3.6 | trackback(0) | comment(0) | 2014/10/17 Fri
<< 油火腿鏡頭 | home | 不用電子郵件 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。