スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

怎么衣領

Holmes, Booth & Haydens 14cmF3.6
いま、コスプレに挑戦しようと意気込んでいます。
アニメの滑降するとかセーラー服を着るとか言うことではなくて、秋からはじまる宿場祭りや大正祭りのようなイベントで普段着で撮影するよりも、自ら被写体と同じような衣装でいた方が彼らも喜んでくれるだろうし、何より撮影者でいながら参加者でもあるような気分が高まって楽しいのではないかと考えるからなのですが、そういう発想になるのも長らく古いレンズを使ってきたからではないかと自己分析しています。

1890年代に製造された木製ハンドカメラを以前に入手したので、それより少し古い小型のペッツバールを付けて撮影にのぞむ考えです。
カメラはイギリス製、レンズはフランス製なので、そのどちらかの19世紀後半くらいに流行した服装、ないしは、当時の写真師がしていた服装をしなければいけません。
すでに人物写真は多くあり、町中の風俗写真も見られる時代なので、その当時の服装もどきであればどうにかなるだろうと思っていました。
ところが、これが簡単ではなかったのです。

まずは、当時カメラやその他道具を入れて持ち運ぶアイテムといえばトランクだったので、これを入手したことは先日書きました。
かなり高価な買い物でしたが、運よく半額以下のセールがあって、コスプレの時だけでなく、短い旅行の時にも使うからと自分を納得させて買ってしまったのです。
続いて、肝心の衣類ですが、検索すると当時の服装について記述した文章は少なくありません。
19世紀全般で言えば、白いシャツに、スカーフかボウタイ、黒やグレーのチョッキ、やはり黒かグレーのトラウザー、ジャケットなどは着ずにフロックコートを羽織り、靴は革製で、トップハットまたはボウラーハットを被っていたということです。

こう書くと簡単なようですが、やはりそうではないのです。
まずシャツはカラー部分の流行があってドッグカラー、 スタンドカラー、シェークスピアカラー、ピカデリーカラー、ダックスカラーなどがあったとの記載を見てもどんな形状なのかさっぱり分かりません。
いずれも立て襟で、当時の写真を見るとウィングカラーのような形に見えますが、厳密には違うようです。
また、胸にポケットが付くのかとかボタンは現在と同間隔か、ボタンの素材はなどと考え出すとキリがありません。
ネクタイやスカーフは白黒写真からでは色が分からないのも困りものです。

フロックコートは今でもありますが、それは結婚式やパーティなどフォーマルな場で着用するからで、必然的にとても高価です。
まともに買うのも馬鹿らしいので、中国に行ったときにでも作ってしまおうと考えていますが、何しろサンプル画像がなければどんなものかを伝えるのは不可能です。
相手が知らないのはもちろんですが、それ以前にわたし自身がフロックコートってどんなものか分かっていないのです。

トラウザーは黒いのがいくつかあるので、とりあえずそれで間に合わせるつもりです。
靴も黒い革ので許してもらいましょう。
分からないのがチョッキです。
チョッキだけの姿の写真が見つからないので全体像が掴めないのですが、フロックコートから覗いているそれはボタンがずらーつと並んでいて今あるものとはだいぶ違いそうです。

そんな中でトップハットとボウラーハットは検索して、わたしのサイズに合いそうな安物を見つけました。
あまり高さの無いトップハットは別名シルクハットですから、わたしが被ってもまったく似合わないというか、場末の手品師かペテン師のような雰囲気で自己嫌悪です。
あまりに恥ずかしいので、写真で多く見かけた髭姿になろうかと付け髭を探しているのですが、検索でヒットするのはパーティ用のなんちゃって付け髭ばかりで購入意欲が起きません。
そういうわけで、トランクを買ったときは意欲に燃えていたのに、いま、尻すぼみ状態です。
月末に早速、宿場祭りがあるのですが、それまでに一式そろえる自信がなくなりました。

ちなみにボウラーハットというのは、恐らく語源的には料理で使うボウルのような形状の帽子のことのようで、たぶんこちらだともっとわたしに似合わないのではとの危惧がありました。
そのボウラーハットを、今日の作例の相模原市観光親善大使のあゆみさんが被っているではないですか。
しかも、よく似合っていて可愛らしい。
トップハットで衣装も一式揃ったら、あゆみさんを訪ねてふたりいっしょの写真でも撮ってもらおうかしらん。
それまでに顔全体を覆う付け髭が見つかればの話ですが。
【Alpha7/Holmes Booth & Haydens 14cmF3.6 F3.6】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Holmes, Booth & Haydens 14cmF3.6 | trackback(0) | comment(0) | 2014/09/17 Wed
<< 要買懐表 | home | 不是中心站 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。