スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

皮包来了

Voigtlander 12.5cmF3.6
先々週のことでしたが、嬉しい一報が届いて鎌倉まで行ってきました。
以前、書いたことがある、トートバッグ型の革製カメラバッグをオーダーしていたのですが、それがついに完成したとの知らせを受けて、鎌倉の店まで取りに行ったのです。
気が急いてしまって開店の1時間以上も前に着いてしまい、仕方なく時間つぶしのために散策したところ、昨日の作例のインド女性を撮影する幸運に恵まれたのですが、帰宅ししてよく見るとピンボケしていて幸運とは言えない状況に転じてしまいました。

それはともかく、バッグは期待通りの素晴らしいできでたいへん気に入ったのですが、これも帰宅してからよく考えると問題があることに気付いて少し頭を痛めています。
問題はずばり、モノが良すぎて、今までのようなタフな使い方はできないということです。
例えば想定していた中国の農村の少数民族の村に泊めてもらうとなると、1発で取り返しがつかないくらい汚れてしまうだろうし、またそれを恐れつつ持って行ったのでは機動力が削がれてしまうだろうなと考えると、そういうハードな旅に持ち出すことはできないと思わざるを得ません。
それどころか、わたしは汗っかきなので、夏の近場の短時間撮影でも革に大量の汗でシミを作ってしまうでしょうから、国内においても季節限定にしないといけない…。

問題はもうひとつあって、重厚な作りに機能を持たせるという無理をお願いしたため、恐れていたとおりかなりの重量になってしまったということです。
現在使用しているf64のトートタイプのカメラバッグが、やがて近いうちに寿命を迎えるだろうと悩んだ末のオーダーだったのですが、そのf64はバリスティックナイロンの軽量カバンなので、革バッグの重みは肩に堪えそうです。

それならもうひとつ計量バッグを買ってタフな旅や夏場、荷物が多そうなときなどはそちらを使い、それ以外では革バッグに活躍してもらうというのは、わざわざいろいろなことを想定してオーダーした意味がなくなります。
どこかで踏ん切りをつけて、美しい革バッグと言えどもタフに使いこなし、荷物の工夫で重量を落として、同時に肩を鍛えることで重みを感じないような筋力アップ&体質改善も諮るのが正しい考え方でしょう。

さて、もう当分バッグはいらないだろう、少なくとも2~3年は買わないはずと考えていたのですが、その考えはわずか1週間で断ち切られることになりました。
トランクを買ってしまったのです。
紙製のかなり高価なやつが年に1度のセールと言うので、半額以下になっていたので…。

なぜにトランクかといえば、これから冬に向けて、しながわ宿場祭りとか与野大正時代祭りといった歴史祭りのようなイベントが各地で開催されますが、そこで古い衣装を着た人たちを撮影させてもらうのに、だったらこちらも古い恰好をした方が愉しいんじゃないかと考えたからです。
古いかっこうとカバンは関係ないのではと言われそうですが、そういうスタイルになるからには肩から現代のバッグを提げていてはいけません。

実は肝心の服の方がまだで、江戸時代の祭りが多いので着物を探そうと思っていたのですが、サイズが合うのが見つからず、19世紀ヨーロッパの写真師のスタイルの方が良いが鎖国時代にそんな格好の人はいなかっただろうからなどと悩んでいました。
いずれのスタイルにしてもバッグは現代という訳にはいかず、トランクなら双方に合うだろうからと考えて、このまま動かないと服も用意できないだろうからと思い切ってトランク購入してしまったという次第です。

勢いをかって、これまた激安のトップハット(シルクハット)も買ってしまいました。
これによって方向性はヨーロッパの写真師風に決まりました。
弊ブログでも書いてしまったことでますます自分への縛りになりましたので、当時の写真やイラストを参考に上着、シャツ、チョッキ、コートなどを揃えていくことにします。
今月末にはさっそくイベントがあるので、それがリミットです。
もしかしたら、それがきっかけで趣味はレンズからコスプレに変わっているのではないかと、少々不安になって来ました。
【Alpha7/Voigtlander 12.5cmF3.6 F3.6】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Voigtlander 12.5cmF3.6 | trackback(0) | comment(0) | 2014/09/09 Tue
<< 電池王女 | home | 意大利的汽車 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。