スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

高知練習

Voigtlander 12.5cmF3.6
高知のよさこい祭りの東京開催版であるスーパーよさこいは、大型台風によって開催がぎりぎりまで決定できなかった高知同様の悪天候に悩まされました。
予報は悪くなかったのですが、わたしたちが来場してしばらくするとかなり大粒の雨が落ちてきます。
傘は持ってきていましたが、knpmさんとふたり屋根のあるところに緊急避難しましょうということになりました。
ちょうど高知市観光協会のブースがあって、よさこいはさすが本場高知から来た連が去年は圧倒的にすごかったという話をしたり、カメラに関心があるというミス高知にペッツバールの自慢をしたりして時間をつぶします。

その後も降ったり止んだりの状態で、傘を差しながら、踊りを見ながら、写真を撮りながらという面倒がいやで、早めに代々木公園を切り上げることにしました。
結果的には、この悪天候のおかげで蚊に刺されることがなかったということかも知れず、1日好天だったらいまごろ病院のベッドの上でもんどりうっていた可能性があります。
ただ、今年は高知の連を見ることができなかったのはとても残念でした。

その後向かったのは、よさこいを見終わって時間があれば行ってみましょうかと話していた同じ渋谷区にあるカメラ店でした。
わたしは別の友人から誘われていたものの機会なく初訪問でしたが、knpmさんはできて間もないこの店にすでに3回目だというのでさすがだと思うと同時に、この店の実力をうかがい知ることになりました。
knpmさんは興味あるレンズがあればどこへでも行ってしまう猛者だとわたしは思っていますが、忙しいだけにそこには期待できないと悟ると足を向けたりもしないはずです。
そして、実際に行ってみると期待通りで、knpmさんはもちろん、金欠で今月の買い物は控えようと思っていた私にもリーズナブルな掘り出し物がいかがかとばかりに待ち構えてくれていました。

それは状態があまりよろしくないペッツバールで中途半端な焦点距離で大判愛好家も手を出しかねる代物でしたが、わしにとっては以前から探し求めていたメーカーだったので、一も二もなく買い求めることにしました。
それ以外にもたいへん興味深いレンズが3本ほどありましたが、もはや手が出ないのでそれらは諦めざるを得ません。
少し残念だし、若き顔見知りの店主にも申し訳なかったのですが、そこは細く長いお付き合いをと言うことで容赦してもらいたいと思います。

それにしてもこの店長はその若さにも関わらずとても勉強熱心な青年で、かなりマニアックな領域までいろいろなことを知っています。
それに店にあるレンズはその特徴をよく掴んだ作例を撮っていて、レンズの素性を話していれば説得力があるところ、黙ってその作例を見せても、そのレンズがどういうものなのかを理解させられるという特技を持っているようです。
閉店後にちょっと飲みにでもと言ってレンズ話しでもしていれば、一晩中話を聞いていられるんじゃないかと思えるそんな店主さんです。

もうひとつは品揃えのすばらしさで、オーソドックスなレンズもあることはあるのですが、半分以上は知る人ぞ知るというレンズばかりなのではないかというものが並んでいます。
申し訳なかったのですが、ついついあれ見せてこれ見せてとお願いしながら全然買わずで、わたしは良いお客とは言えない存在でした。
いまこれだけの円安で、レンズ価格も高騰してしまっているご時世にどうやってこれだけのレンズを集めたのか、その謎にもいつかメスを入れなければなりません。

レンズ話を続けていると、この日所用で参加できなかったksmtさんから連絡が入り、新宿で落ち合って食事でもしましょうということになりました。
なぜ新宿かといえば中古カメラ市をやっていたからですが、直前に欲しかったレンズを手に入れ、たっぷりと希少レンズを見てきたわたしの目には、終了日の近づいたカメラ市は残念ながら魅力的なところはありません。
以前に何本もレンズを買っている外国から出店している社長をつかまえて質問攻めにしてしまい、申し訳なく思っています。
ドイツ語ではライカ・ズミクロンと発音しますが、オーストリアのドイツ語ではスミクロンというと聞いてああやっぱりと納得して終了です。

そして、購入したばかりのボロいペッツバールはksmtさんの手に渡すことができ、このレンズはやはり素晴らしいものだと判明しました。
この日のあいにくの雨は、デング熱から守ってくれただけでなく、思わぬ贈り物をももたらしてくれたと感謝しなくてはなりませんでした。
【Alpha7/Voigtlander 12.5cmF3.6 F3.6】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Voigtlander 12.5cmF3.6 | trackback(0) | comment(0) | 2014/09/05 Fri
<< 回家種田 | home | 法国快10年 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。