スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

愛上你的眼晴

Colas 15cmF4
マレーシア・ボルネオとブルネイの駆け足の旅の最後は、音楽祭会場で世話になったふたりの女子高生の作例で、そう考えていたのですが、いくら探してもふたりの写真がありません。
女の子たちにチヤホヤされて浮足立ったわたしは、肝心の写真を撮ることを忘れてしまっていたようです。
さいわい携帯動画で撮影した演奏シーンの中に彼女たちもまじえたものがありますので、どうにか記録には収めていますが、ペッツバールが手許にありながら思い入れある現地の若者を撮り損ねたのは悔いが残ります。

逆に写真をひととおり見た中で妙にインパクトのある絵が見つかりました。
ちょっとピンボケですが、今日の作例の少女です。
いつどこでこんなのを撮ったのか思い出せません。
しかし、幸いなことに前後の写真と見比べれば、ある程度推定できました。
ドリアンが名物のマレーシア・サラワク州リンバンの果物の市場で商いをしていた人たちの中で撮ったものでした。

それが分かっても、その時のシチュエーションは思い出せません。
これだけのアップですから2メートルとかかなり至近で撮っているはずですが、さすがに声をかけて撮ったのなら忘れることはないと思うので、それなりにこっそりと撮ったのだろうと思います。
それが証拠に、彼女は笑顔ではありませんし、抵抗するような顔でもなく、突然カメラを向けられて何だろうと不思議そうな眼を見開いているように感じられます。
撮らせてねと構えて撮影した場合、なかなかこういう表情は得られないのではないでしょうか。

この作例で推定するのはわたしには無理がありますが、たぶん小学校の低学年で、足元のドリアンをかがんで見ていたとき、ふと目をあげるとこの女の子がいて、あれっと思わずカメラを構えたのかなあと言う気がします。
見下ろす視線ではないので、しゃがんだりしていたときと考えるのが普通でしょうから。
あらためて見返すと、このひとつ前のコマも同じ少女の同じ位置の写真でしたが、それは少し手ブレしている上に、このような魅力的な眼ではありません。
露出を変えずに2枚を立て続けに撮っていることになりますが、1枚目は反応していなかった少女が、2枚目で大きく表情を変化させているのが面白いというか、怖さすら感じさせられます。
さきに、突然のことで何だろうと反応したと書きましたが、むしろ自分のいちばん美しい表情をつくっているようにも見えてくるからです。

サムネイルの小さな画像でもこの1枚から発する雰囲気が強い力を放っていると感じられましたが、大きなサイズで見ると力強さがいや増したように思えてきます。
昨日のニュースで、パレスチナの少女がイスラエルの空爆を受けて家を破壊され、後日、今度は小学校までもが空爆されて目の前で友だちが死んでいったということを、テレビカメラに向かって淡々と語っていた少女の表情を思い出しました。
悲しくて泣くということを通り越して、あまりの出来事に感情を表現がコントロールできなくなっているかのようでしたが、それがテレビを観るものに伝わるだけにより強い衝撃を売れるような映像でした。
作例の彼女も、何か伝えたいことを秘めていたので、このような表情が自然と生まれてきたのかとも思いました。

また、甘い描写のペッツバールが、この作例の少女の不思議な表情とフィットしたということも特筆すべきかも知れません。
ピントのはっきりしないレンズは使い勝手が良いとは言えず、正直、このレンズは好きになれなかったのですが、この1枚で評価は変わりました。
ピンボケに見えますが、このレンズの場合はこれで合っているんですと、言いなおしてもいいのかなと考え直します。
ルルブール、ダルロー、フォクトレンダーなどメジャーなペッツバールはいずれもシャープでコントラストにも優れるものが多いですが、一見ダメなレンズにも嵌まれば他では撮れない魅力を秘めているということを思い出させてくれました。

また同じ地域を訪れるチャンスがあるとすれば、1食抜いてドリアンをたらふく食べたいと思います。
そして、この写真をプリントして、市場で彼女を見つけ出して手渡したいと考えています。
【Alpha7/Colas 15cmF4 F4】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Colas 15cmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2014/09/02 Tue
<< 他叫邁克爾 | home | 伝統音楽祭 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。