スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

馬来式竹飯

Colas 15cmF4
先日書いたように、パパールの町にはマレーシアの先住民による伝統的な生活を体験できるホームステイがあったにもかかわらず、同じ町の何もないホームステイとは名ばかりの宿に泊ってしまいました。
もっとも宿泊時には、当地のホームステイにそんな特徴があることを知らなかったので、その時は気にも留めていません
それどころか、階下で食堂をやっているスーパーマリオのようなおじさんと親しく会話したり、ふたりの孫と遊んだりしたのが愉しく、それなりに満足できる滞在でした。

さらに翌日ですが、コタキナバルへ向かって車を走らせ、何か表示が出るとそれを目指して脇道に入るような運転をしていたところ、何につられてそこへ行ってしまったのか、リゾートか何かと勘違いして警察施設のようなところに迷い込んでしまいました。
銃を持った短パン姿のおじさんが数名いて、うわっミリタリーかと聞いたところ、ポリスだと返事されてすみませんとすごすご戻ったのですが、その途中にホームステイではないにも関わらず現地の人の伝統的な生活の一端を目撃することになりました。

竹をきれいに切りそろえいて何をしているのだろうと車をそばに停めあいさつしました。
警察施設がそばのせいか、わたしを一瞬警察官と思って警戒したような空気がありましたが、カメラを持って観光客をアピールして、しかも下手くそな英語だったので、すぐに警戒感も薄れて笑顔が見られます。
竹を一定の長さに切りそろえているのは、この中にもち米やココナツミルク・肉・野菜などを詰めてから日の中に放り込んで炊くという伝統的な食べ物をつくるための準備だと教えてくれました。
名前を聴いたのですがメモが出て来ないので、検索するとレマントックという食べ物だと出ていました。
タイのチェンマイでも名物で食べたことがありますが、名前はカオ・ラームだそうで、これはとても美味しかったです。
中国の桂林のも有名ですが、ココナツミルクは使わないのでちまきそっくりの味でした。

竹のあるアジア各地で同じような料理があるようですが、自然発生的に各地に生まれたのか、どこかで生まれたものが伝播したものなのか調べてみると面白いそうです。
同様のものはどの地域に存在するか分布マップなんてありそうですし、日本では竹の笹に包むすしやお菓子などの食べ物はありますが、竹の中で米を焚くような食べ物は存在するのか気になります。
チェンマイでは名物と言うことで普通に食べられていましたが、ココナツ味の甘みはもち米と言えども、主食と言うよりはおやつのような存在のようでした。

マレーシアのサバでは、お祝い事などで大量に作られて大勢の人で食べることが多いと説明してもらいました。
だから、その時にそなえて大量に竹をストックする必要があるということです。
足元には20本くらいの竹が束ねられていましたが、まだまだ何本も作らなくてはと笑顔を見せてくれました。
服装も伝統的なスタイルでしたので、これはぜひとも撮影させてくださいと言うと、恥ずかしいから勘弁してと言われます。
作業している姿を撮りたいんですと重ねてお願いすると、了解してくれましたが、どうにも現地の人たちはシャイなんですね。
ホームステイの若い家主も食堂の一家もそうでした。
気候や食事、人々の性格はそれぞれに連動するものなのではないかとハンドルを握りながら思いました。
宗教ではなく、例えば砂漠のあれた土地に生まれ育つと、粗暴になる人も出てくるのかなあと昨今のニュースを思わずにはいられません。

蛇足ですが、いまデング熱が大きなニュースになっています。
マレーシアのボルネオ島と言うと、いかにもデング熱の多発地帯のようなイメージがあるかも知れませんし、シンガポールで流行しているとニュースを観ましたのでコタキナバルにも患者が出ている可能性はあります。
しかし、意外なことに、この旅では一度も蚊に刺されることはありませんでした。
アジアではどこに行っても蚊に悩まされてきたように記憶していますが、これはどうしたことでしょう。
ですから、わたしを媒介にマレーシアのデング熱になるという可能性はないと言えます。
ただ、帰国した翌週に代々木公園に行っているので、そちらから写る可能性は否定しません。
【Alpha7/Colas 15cmF4 F4】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Colas 15cmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2014/08/31 Sun
<< 伝統音楽祭 | home | 馬来西亜的内馬尔 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。