名物豚まんは売り切れ

Super Rokkor 45mmF2.8
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F2.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/31 Fri

パンダかと

Super Rokkor 45mmF2.8
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F2.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/30 Thu

古民家を艶っぽく写す

Super Rokkor 45mmF2.8
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F2.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/29 Wed

ピント合わせのむずかしいレンズ

Super Rokkor 45mmF2.8
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F2.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/28 Tue

絞ると平凡かも

Super Rokkor 45mmF2.8
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/27 Mon

関西の西の果てへ

Super Rokkor 45mmF2.8
青春18きっぷをまた買いました。
JR各駅停車1日乗り放題が5枚付いたチケットを有効活用するため、日曜日、大きく西に向かって兵庫県西端の赤穂へ出掛けてきました。
現在のわたしの住居があるならまちの最寄りの京終駅から播州赤穂駅まで往復すると6040円なので、切符の1枚原価2370円に対して十分にもとがとれていますね。
貧乏性なもので、ついついそんなことまで計算して得したことを確認しておかないと落ち着かないのです。
それに、赤穂の主要スポットをボランティアガイドさんが無料で案内してくれる2時間ツアーに参加して、おみやげに無料の赤穂の天然塩をいただいてきました。
どこまでローコストの旅をするのか、申し訳なく感じながら戻ってきたのでした。

赤穂といえば四十七士で、大石内蔵助はじめ浪士たちのゆかりの事物がここかしこにあり、多くの人がそれをたのしみに訪れているようです。
しかし、町の成立ちなどの話を聞くことにより、よりおもしろく感じることができますので、無料ガイドも侮れません。
鎌倉時代以前の赤穂の海岸線は駅前あたり、今より2キロほども手前にあったそうです。
それは千種川の数十キロ上流にある山から砂鉄が採れたので、川の水に砂鉄を流すことで比重の違う鉄と花崗岩に分離する古来の製鉄法によって、花崗岩が大量に川をくだって河口に堆積していったというにわかには信じがたい理由でした。
くだって江戸時代になるとそこに赤穂城が築城されるのですが、堆積した土地ではいくら掘っても水が出ないので、千種川から城内と周辺に水道を敷いたとのこと。
いわゆる上水事業ですが、これは江戸(多摩川)、福山と並んで3大上水と呼ばれ、いまでもその遺構を見ることができました。
さらに、好い鉄が採れたことで優れた日本刀が生まれ、赤穂浪士たちが愛用したそうで、みごとに町の成立ちと歴史がシンクロしていることが理解できます。

播州赤穂から1駅神戸寄りに戻ると坂越の集落があります。
古い町並みが残ることで知られているところですが、中心にある奥藤酒造さんで酒蔵祭りをやっていて、粕汁をいただいたり利き酒を楽しんだりしてきました。
その帰り道、小さなアンティークショップがあって、赤い脚の美しいグラスを見つけました。
ガラスに気泡や歪みがあって古いものだと分かりますし、形状はカクテルグラスか何かのようでしたが、先ほど買った日本酒にも合いそうで思わず手に入れてしまいました。
ご主人が奈良のとなりの木津川だというお店の魅力的な女性としばし骨董やらについて雑談して、楽しかった1日を締めくくりました。

この日のレンズは、ミノルタの前身の千代田光学が1948年に発売したミノルタ35Ⅰ型の標準レンズです。
設計は、仙人のような人だったと称される伝説的人物、斎藤利衛氏で、標準レンズながら50mmではなく45mmなのは希少だったフィルムを有効活用するために生まれたニッポン版(24x32mm)に合わせて画角をやや広げたのだと思われます。
トリブレットタイプの3群5枚構成ですが、ロスのエクスプレスなどが3群目を3枚貼り合わせにしているのに対し、このレンズは1群目が3枚とたいへん珍しい構成のレンズです。
わたしのレンズはNo.5186で、プロトタイプと思われる2000番台を除くと、5000から正式な製造はスタートしたようですので、恐らく初年度1948年発売の個体と思われます。
製造数の多い後期のレバー付き鏡胴はよく見ますが、状態の好い絞り値が窓に表示される5000番台最初期型でコンディションの悪くないものがなかなか出てこなくて、1年かかってようやく手に入れました。
なぜ最初期にこだわったかといえば、描写が以降のものとだいぶ違うように感じられるからです。
繊細かつダイナミックで枯れたような色表現はアナスティグマート以前の大判レンズのようで、斎藤氏がライカやツァイスのレンズをコピーすることに意識があったら生まれ得なかった国産35mmレンズの傑作だと思っています。

さて、本日の作例ですが、町中に残る赤穂上水の遺構です。
背景は、この日から市議会選が始まったとのことで選挙事務所だったようですが、土地柄、忠誠心の強い立派な方が出馬されているのでしょうね。
もともとニッポン版サイズで画角を広げたスーパーロッコール45mmF2.8ですが、周辺減光は気にならず、思いのほか解像力の高い優秀なレンズでもあると思います。
単層コーティングなので光の透過量は落ちているでしょうが、それを割り引けばコントラストも悪くありません。
しかし、スーパーロッコール45mmF2.8が威力を発揮するのは、暗い場所や木、ガラス、植物などを写したときで、しばしばこのレンズでしか撮れないような表現に驚かされます。
発売時には評判の芳しくないレンズだったようですが、70年の時を経て現代レンズの性能が画一化してくると、この描写に惹かれる人も出てくるのではと思います。
【Alpha7II/Super Rokkor 45mmF2.8 F2.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Minolta Super Rokkor 45mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/26 Sun

厳かに、美しく

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(2) | 2017/03/25 Sat

着物のカフェなんて流行りそうです

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/24 Fri

金魚さんです

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/23 Thu

チベット旅行の起点

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/22 Wed

スピーカー装備サイクル

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/21 Tue

俺のギターについてくるかい

Serenar 85mmF2
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/20 Mon

キヤノンらしくないおもしろいヤツ

Serenar 85mmF2
先日、京都の東寺を訪れたら骨董市をやっていて、広い境内いっぱいに骨董やら古道具屋らが並んでいるのがなかなかの迫力で、何気なしに覗いてみながらとても楽しい時間を過ごしました。
毎月やっているそうなので来月また訪れるつもりでしたが、堺市でも毎月蚤の市をやっていて賑わっているとの情報をもらい、我慢できずこの日曜日に出掛けてきました。
東寺の骨董市に比べると規模がはるかに小さくて、骨董度が低く新古品度が高まるし、何よりひどいのは一般の入場より1時間半前にディーラータイムというのがあると蚤の市のウェブサイトに明記してあって、好いものは業者がわれ先で持っていってしまうことまで公になっていて、これでは行く前から盛り上がりに欠けてしまいます。
予想通り欲しくなるようなものはほとんどありませんでしたが、かなり古びた小さなサイダーの栓抜きがポンと置かれていたのが目に留まり、いただいて帰りました。

蚤の市会場は仁徳天皇陵からほど近いところにあって、寄って行こうかと歩いていると駅にレンタサイクルがあったので借りて市内のあちこちを走り回ってきました。
レンタサイクルと書きましたが正式にはコミュニティサイクルという名前で、通常は市民が月額2000円程度で市内に8ヶ所あるサイクルポートでいつでも自由に自転車を借りることができるカーシェアリング自転車版のようなものを、契約者が少ないせいか観光客にも1日300円で同様に利用できるようにしたありがたい仕組みなのです。
堺市内の他のレンタサイクルより安く、上述のように返却場所はサイクルポートならどこでもよく、しかも自転車は電動アシスト付と今回のわたしの散策にはうってつけでした。
広い仁徳天皇陵を皮切りに、明治時代の駅舎が残る浜寺駅、古い木造の旧堺灯台、熊野詣の宿場だった北旅籠町、千利休ゆかりでお茶とともに発展した和菓子屋さん、チベット旅行記の河口慧海の幼少期の学び舎・清学院と廻ったので、レンタル代300円の元を取ってお釣りがじゃらじゃら出てきた感じです。

持参したキヤノン・セレナー85mmF2は1948年発売とキヤノンのレンジファインダー用レンズとしてもかなり初期のレンズです。
そのせいか、あるいは私の手に入れた個体が保存状態の悪いものだったのか、いまひとつ写りのパッとしないレンズです。
まずシャープに写る部分のサークル面積が小さく像面湾曲もあるようで、まるで19世紀のペッツバールレンズを使っているかのようでした。
前ボケは悪くなさそうですが後ボケはかなりざわつき感があってうるさいですし、それ以上に周辺がきつく流れるのが気になります。
驚きなのは、長焦点なのに周辺光量が足りないことで、レンジファインダーキヤノンのレンズの中で最も個性的な1本といえるのではないかと思います。
キヤノンは3年後に85mmF1.9をリリースしますが、こちらは打って変わって画面全体が均一でシャープ、同じ4群6枚のオピック(ダブルガウス)タイプとは思えない写りにキヤノンレンズが黄金期を迎える前夜をうかがい知ることができる欠け替えのない1本です。

明けて春分の日は、大和郡山へ散策に出掛けてきました。
和モダンファッションショーというというイベントがあって見物がてら散策してきたのですが、神社の境内に敷かれたレッドカーペットを歩くモデルさんが着物ならそれを見ているギャラリーや出店の定員さんの多くも着物を着ているという、どこを撮っても絵になるようなすばらしい催しでした。
ファッションショーに出演していたカップルの銀婚式が社殿でおこなわれ、かわいらしい巫女の舞を息遣いが聞こえるような間近で見られたのにはちょっと感動です。
神社は昨夏訪れた金魚が泳ぐ電話ボックスのカフェの真ん前でした。
あのときと同じく店の周りを走り回って怒られる息子さんを眺めながら、父親の店主がこの日は着物姿で淹れてくれたコーヒーを美味しくいただきました。

さて、本日の作例ですが、1877年(明治10年)築造の現存する日本最古の木造洋式灯台、旧堺灯台です。
埋め立てによって港の位置が沖に移ったため1968年に現役を退いたそうですが、撤去されずに放置されたのが幸いして近年になって修復保存されています。
てっぺんから煙が出ているように見えますが、これは背後にある工場の煙突から出ているものです。
堺で撮影したものにはなぜか自転車が写り込んでいるものが数枚ありましたので、堺の4枚すべてそんな作例を並べます。
前述のコミュニティサイクルに符合しておもしろいなと思いましたので。
【Alpha7II/Serenar 85mmF2 F2】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon Serenar 85mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/19 Sun

あなたの城下町

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/18 Sat

伊賀には観光客が

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/17 Fri

指物屋でセルフィ

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/16 Thu

来客にも無関心

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/15 Wed

この角曲がると文豪の生家が

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/14 Tue

わたしたちにゃあ関係ないからねえ

C.Simlar5cmF3.5
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2017/03/13 Mon

その頃コーティングは貴重だった

C.Simlar5cmF3.5
昨年8月から更新できずにいたブログを再開することにしました。
もうブログやめちゃったんですかという声はちらほらいただき、なんとか復活しようと試みて写真自体は毎週撮り続けていたのですが、ここ2年ほどの生活環境に大きな変化の連続に対応できず…、長年勤めた会社を辞め、同時に一年かけて世界一周旅行に出て、昨年11月からは奈良に引っ越しと、かなり目まぐるしい体験を味わいました…、時間が経過していくばかりでした。
レンズもやめたんですかとメッセージをいただいたとき、そうか、皆さんと離れてしまったのだからブログを書くことがせめてもの近況報告だと気付いて、再開するきっかけとさせていただきました。

仕事を辞めて収入が激減したので、もうめずらしいレンズを入手するのは困難になりましたが、代わってめずらしくもない国産ライカマウントレンズを集めてみることにしました。
このことについてはいずれ詳しく書くことにしますが、レンズブームで価格高騰した昨今でもマイナーだったり数の多い国産ノンライツは、特に長焦点のものほど怖ろしく安く手に入れることが可能です。
長い間放置されたために状態の悪いものが多いですが、出品情報ではレンズはひどいカビがあるとか記載されていても、実際には前玉に汚れがたまっているだけでクリーニングしてやるとピカピカになって、思わぬ安い買い物になったと喜びにひたることもしばしばで、新しいレンズ蒐集生活を楽しませてもらっています。

この日曜に出掛けたのは、名張と伊賀です。
某オークションで食品類の整理と電子レンジ・トースターの台にぴったりな明治(江戸後期?)の重厚な箪笥を7000円で落札して、出品者が伊賀の倉庫に取りに来てもよいというので、車を借りて引取がてら両市を散策してきました。伊賀・名張は三重県ですが、ほぼ奈良市に隣接しているので気軽に出掛けたのですが、山道を飛ばして1時間かかり奈良市と名張・伊賀の巨大さを実感しました。
出品者は20歳台の若者でしたが、古い農家を購入してリフォームしながら納屋を倉庫に骨董商としてがんばっている人でした。
倉庫には、アンティークから古道具、ガラクタまで所狭しと並べられていて、武家の蔵かなにかのようです。
インターネット上での販売は手続きや梱包が手間なので直接取引歓迎、欲しいものがあればすべて半額にするからというので、古い食器を少々いただいてきました。
家具などにも欲しいものがありましたが、部屋がなにしろ狭くてこれ以上の設置スペースがないため散財をまぬがれました。

名張も伊賀も旧市街には町家の古い町並みのある魅力的なところですが、伊賀が上野城や忍者の里でそこそこ賑わっているのに対して、名張の方は観光客を呼び込む意志がないかのように寂れ感がずっと漂っています。
和菓子屋さんで雑談していたら、今や行政でも危機感が強いようで、空き家になった古民家への移住者に補助をして町並み保存に力を入れはじめ、移住者のオープンした古書店、カフェ、レストランが最近できてきたとのことです。
何年かしてまた行ってみると、少し違った町並みになっているかも知れませんね。

さて、本日の作例ですが、名張の昔から変わらない町並みです。
反対方向を写すと残念なことに大型流通店の巨大看板が入り込んでしまうので、この向き限定になります。
使用したレンズは、東京光学のC.シムラー5㎝F3.5、所謂、エルマーコピーの沈胴レンズです。
1947年発売の国産ライカマウントレンズでは極めて初期のレンズですが、テッサー型独特のシャープで適度なコントラストの描写は、同世代の国産レンズの中では出色で本家エルマーに劣らない性能を有しているのではと言えます。
淡い黄色っぽいコーティングがなされていて、当時まだめずらしかったコーティングしてますよを意味するCをわざわざ名前に付けているのが年代を感じさせます。
1950年にはわずかに設計変更してシムラー5cmF3.5をリリースしていますが、そこにはすでにCの文字はありません。
戦後すぐのレンズながらC.シムラーはそれほどめずらしくなく、ときどき市場で見かけます。
しかし、やはり70年も前のレンズなので、このレンズを見つけるまで使える状態の個体にはなかなか巡り合うことができないでいたのでした。
【Alpha7II/C.Simlar 5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tokyo Opt. C.Simlar 5cmF3.5 | trackback(0) | comment(2) | 2017/03/12 Sun
| home |