旧居

R-D1/Elmarit 28mmF2.8

目久尻でいちばん美しい名前の橋、虚空蔵橋のかたわらの古くて大きなお屋敷です。こんなお屋敷も周辺にはいくつかあるかもしれません。ただ、ここはスロープ沿いにあるため、こんな角度から眺められるのが魅力的です。
エルマリート28mmは2代目ですが、ほとんど収差を感じることがない優秀レンズです。低めのコントラストで諧調豊かな表現力は、モノクロにぴったりです。
しかしなによりも、この初期型ストッパー付バージョンの曲線的デザインに、かくかくの12501フードをくっつけた、そのすがたがたまりません。もつとも魅惑的・悩殺的外観にしびれます。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmarit 28mmF2.8(2nd) | trackback(0) | comment(2) | 2006/02/24 Fri

忘記帯SD卡

EPSN0055.jpg

さあ、やっと日曜日ということでカメラを手に散策にでたのですが、ファーストカットを液晶確認したところ、SDカードを忘れているのに気付きました。
仕方なしに散歩は続行、いったん用事を済ましてから、慌てて車で目久尻に出るという始末です。
吉岡のあたりになる済運寺は、春日局ゆかりのお寺で、彼女愛用の茶壷と茶臼が大雪に保管されているといいます。ブームにもなったので、お寺さんもさぞかしご立派かと思いきや、なんとも枯れた雰囲気に包まれています。といっては失礼で、華美な状態を想像していたわたしは、よい意味で裏切られたようなかたちです。
わたしのズマロンF3.5はくもり発生でカラーではどうにもなりませんが、モノクロでは階調豊かで、解像力も十分、R-D1サイズでは周辺もへっちゃらの味わい深い優秀レンズです。
手前の焚き火の跡(?)がいい感じでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2006/02/20 Mon

下班

A finger-tip R-D1/Kinoptik 35mmF2

深夜の湘南台駅。冷たいベンチで身を縮めて電車を待っていると、傍らの女性が一心に指先を動かして何かをしているのに気付く。
思わずカメラを取り出し、低い位置からノーファインダーで1枚。
シネ用キノブティックは、35ミリフルサイズだと思いっきり周辺が暗くなってしまうのですが、R-D1ではそれが解消されることがこの写真で分かりました。それに奇妙なゴーストも。
しかし、この写真から彼女が何をしていたかは、やはり、まったく分かりません。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 35mmF2 | trackback(0) | comment(1) | 2006/02/18 Sat

第一次外出

Koushu Av. R-D1 Fujinon 3.5cmF2 f=2 AE

今日は早速、”姫”を外に連れ出してみました。といっても通勤かばんにしのばせて持ち出し、結局帰宅時に1枚パチリとやっただけですが。AEのテストのつもりです。
それでマイナス補正なしで、そのままAEでやってみました。やはりというか、露出についてはM6とかわらないなと思いました。AEはデジタルも銀塩も違いなしでしょうか。
フジノンの開放での収差も見たかったのですが、残念ながらこれは手ブレで見込み違い。テスト失敗です。
液晶ちょこっと確認して、納得していてはダメなんですね。
失敗も堂々掲載しつつ、はやく週末が来て目久尻へ散歩に出かけることを心待ちにすることとしましょう。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Fujinon 3.5cmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2006/02/17 Fri

相机来了

Self portrait R-D1/Zunow 50mmF1.1 f=16ついにR-D1がやってきました。といっても2日前の話で、SDカードがないことに気付き翌日ヨドバシにはしり、その日はPCカードアダプターがないことを発見して今日またまたヨドバシへダッシュです。


そして、この1カット撮影まで、また途方もない時間を消費し、この最初の記事をアップするまでにさらにまた長時間が…。


なんと遠い道のりか。


最初の1枚ということで、セルフポートレートに挑みました。といってもカメラのですが。


レンズは、HNにも使用させていただいている「Zunow」装着です。APDOO+OZTNOでセルフタイマー撮影の予定でしたが、装着不可が判明しました。


それで、やむなくF16まで絞って長時間露光することで指でレリーズしたのでした。せっかくのF1. 1 がもったいなさ過ぎです。多分このレンズで使う最初で最後のF16 ということになるでしょう。


R-D1はライカよりも背丈が若干あるおかげで、レンズがF2(F1.4?)クラスに見えてしまうのが気に入りました。

thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zunow 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(1) | 2006/02/16 Thu
| home |