細菌検査処

R-D1/Kodak Ektar 47mmF2 Military

金沢区に野口英世がかつて研究に没頭したという、細菌検査室があって公開されていると言います。
地図を見ると京急富岡駅から1.2キロほど。徒歩15分程度でしょう。
急ぎ足で目指します。
しかし、迂闊にも地図を忘れてしまい、道を間違えてなおもずんずん進み、到着まで1時間、後で計ると5キロも余分に歩いていました。
メタボリック対策の散歩は十分に目的達成ですが、時間オーバーで午後の約束をずらしてもらわなくてはならない事態です。
あいかわらずの高速歩行で、厳寒の中でも汗が噴出していました。
すれ違ったローカルの人は、雪でも降らんかという寒い日に大男が汗だくで物凄い勢いで歩いていたので、さぞかし驚かれたことでしょう。

ともあれ野口記念公園に到着。
無料で公開された細菌検査室を見学します。
残念ながら案内がなく、並べられた器具類が野口の使用したものなのか、そもそも建物も当時のものなのかはっきりとは分かりません。
横浜市内にあって今でも閑静な環境で、当時なら研究に打ち込むには絶好のロケーションです。
ここは、1000円札にあるような、野口博士が背広トに白衣を羽織って一心に研究している姿を想像力豊かに思い浮かべることとします。

器具類が新しすぎるのには目をつぶって何枚か撮影しましたが、ここで付け替えたエクターはどうも調子がおかしい。
ピントを外しているのは自らの責任としても、無限が出ていませんし、ボケがあまりにも汚いです。

この部屋のみ立ち入りできないため、顕微鏡がライツ製かどうかも確認できませんでした。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kodak Ektar 47mmF2 | trackback(0) | comment(6) | 2008/01/29 Tue

小春腰越~③路標

R-D1/Kodak Ektar 47mmF2 Military

龍口寺の前が三叉路になっていて、東の方へ道路を跨ぐと鎌倉市に入り、そこが腰越です。
そう書いてみると、龍口寺の人気が今ひとつである原因は、このお寺さんが鎌倉市ではなく藤沢市にあるのが理由だったりするのかもしれません。
それはともかく、その三叉路から鎌倉方面への道は、江ノ電が路面電車のように道路を走る区間で、魚屋や写真館など古い建物も残る、わたしの幼少の記憶とそう変わることのない、懐かしい通りでもあるのです。

その通りを、腰越駅をやり過ごし、海岸まで出る少しだけ手前で左折すると満福寺があります。
踏み切りを渡ろうとすると、ちょうどかんかんと鳴り出したので、少し後ずさって江ノ電の通過を眺めることにします。
緑の車体の補色になる茶系の服の地元女性がやってきたのも、ぴったり来ます。
ぽわーん。ごとごと、ごとごと…。
幼少の記憶より、外観こそモダンに模様替えしてはいますが、音の記憶は変わっていないのに驚きました。
それに、"踏切あり"の標識の電車は、きっと江ノ電がモデルに違いないとの確信も得られました。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kodak Ektar 47mmF2 | trackback(0) | comment(2) | 2007/11/25 Sun

小春腰越~①意大利

R-D1/Kodak Ektar 47mmF2 Military

3連休ですが、初日が仕事。
と思ったら午前中で開放され、結局は中途半端な連休になってしまいました。
天気も好いのでどこかへと思い、小田急の終点、片瀬江ノ島まであてもないままやって来ました。

勤労感謝の日なので、国旗を掲げている家もちらほら見ますが、イタリアでも同様の習慣があるのでしょうか。

フードをしていたので安心していたのですが、全面フレアになってしまいました。
コントラストが一気に低下したその分、小春日和の雰囲気を醸出しています。
しかし、前ピン。
今回は、これに悩まされ続けたのでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kodak Ektar 47mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2007/11/23 Fri

北京的人③~包子店里

R-D1/Kodak Ektar 47mmF2 Military

大規模ホテルに宿泊したので朝食は付いているのですが、どうもあのビュッフェと言うスタイルが好きになれません。
ジュースだけいただいて外に出掛ければ、小吃店と呼ばれる食堂が路地のあちらこちらで通勤途中の人たちにできたてを提供しています。
まさに市民の台所です。
いちばん小さな店に入り無愛想な店主にオーダーすると、雲呑麺、刀削麺、蒸籠の包子で8.5元。ふたりで満腹に食べて130円。
本当にわずかですが、彼らに近づいたかなと感じられたひと時でした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kodak Ektar 47mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2006/11/27 Mon

北京的人②~打工小妹

R-D1/Kodak Ektar 47mmF2 Military

丁重にご辞退申し上げましたが、観光案内ははずすことができませんでした。
せっかく中国へいらしたんですから、そう連れて行かれたのがシルクショップです。
ご案内いただいた地元の方には恐縮ですが、製品にはまつたく興味がわきません。
製造工程のデモンストレーションがあったのですが、一心に糸を紡ぐ少女には惹かれるものがありましたが。

寒さ強い中で暖かいところに入ったせいでしょう、フィルターがくもるかして白い部分が滲んでしまっています。
今回撮影したものの中に多くこのパターンがあって、がっかりです。
前後のボケがうるさくならずにいい感じなので、なおのことです。
手の温かさ、やわらかさなんかも、よく描写されていると思います。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kodak Ektar 47mmF2 | trackback(0) | comment(0) | 2006/11/26 Sun
| home |