スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

回响

R-D1/Angenieux135mmF3.5

1月20日、この日、江ノ島の東浜で寒中神輿練成大会が行われました。
それがあったので午前中に江ノ島を訪れた訳ですが、わたしがずっと離れた江ノ島の岩屋方面にいたころから聞こえてきたのが、和太鼓の響きです。
急ぎ足で、音源である東浜に戻ってみると、予想通り気合いっぱいの演奏が続いていました。
低い振動が腹に伝わります。
これから行われる伝統行事への期待をいや増してくれます。
全身を使って音を創り出す演奏者に対して、聴衆はじっと聴いていますが、内面からはいっしょに踊りだしてしまいそうな膨張したエネルギーが噴出するかのようです。

この動きと音を写真に収めるのは難問でした。
使い慣れない135mmでは、フレーミングはもちろん、距離感がとんと分からず、感動を伝えられないもどかしさにうなだれるばかりです。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Angenieux TypeY2 135mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2008/01/26 Sat

三重苦

R-D1/Angenieux135mmF3.5

テロ未遂事件、台風接近、靖国参拝問題と不安材料が重なる中、三重苦状態でシンセンを来訪してきました。
結果的にはいずれもが影響なく、香港に向かう航空機内はお盆時期だというのに妙にガラガラで、むしろ災いがラッキーな方向に転じたように感じました。

ここは、香港を抜けシンセンに入ってすぐのところにあるレストランで、水準の高さ故に飲茶タイムの昼時などかなり待たされます。
色の白さが目をひく香港女性が気になり、135mmのものものしいレンズをすっと向けましたが、食事に夢中で気付かれません。
しかし、結果は憐れ。ピントはあまく、手ブレに、顔がど真ん中。
努力はなかなか実を結ぶことがありません。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Angenieux TypeY2 135mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2006/08/20 Sun
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。