右肩膀下

R-D1/Steinheil Culminar 135mm F4.5

今回は、藤沢の宇都母知神社。3週連続で神社です。
ここは、慶応大学のすぐそばですが、やはり幹線道路から1本はずれているため、かなりひっそりした雰囲気に包まれています。
建物が古木を美しく組み合わせた作りで、たいへん目を惹きます。
どのくらい古い建築かは分かりませんが、きっとこの土地にすばらしく腕のたつ大工がいたのでしょう。
わたしの方はといえば、水平すら保つことのできない体たらく、神様や往時の大工さんがたに、申し訳ない限りです。
クルミナーはたいへん丹精に写ることが分かりました。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Steinheil Culminar 135mmF4.5 | trackback(0) | comment(0) | 2006/08/14 Mon

大辛苦

R-D1/Steinheil Culminar 135mm F4.5

また、ネタが尽きました。
仕方なく特殊エフェクト加工したもので、否、単に手ブレしたものまでせ動員しなくてはならないという末期的状況です。
この神社で起きたことを思い出そうともがき苦しんでいる、もしくは神社の参道を一陣の風が通り過ぎていく…。
想像でストーリーを組み立てていく感じでしょうか。
鎌倉に通いつめるか、大山にて撮りためるか、この夏をどうやって凌いでいくか、熟考の日々です。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Steinheil Culminar 135mmF4.5 | trackback(0) | comment(0) | 2006/08/11 Fri
| home |