スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

老樹下

R-D1/Summaron 35mm F3.5

観音堂の境内にたたずむカヤの大木です。
推定樹齢が400年以上のたいへん立派なカヤですが、二股に分かれていて、まるで寄り添う老夫婦のようです。

こちら老ズマロンも好調です。
開放ですが、なだらかな階調の美しさがモノクロで映えます。
解像力も予想以上です。
ネガで撮って、プロに焼いていただこうか、思案中です。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/04/01 Sun

閻魔和地蔵

R-D1/Summaron 35mm F3.5

むかし笑ぅせーるすまんというのがありましたが、中央に安置されているこちらは笑う閻魔様です。
嘘をついていない無実の人には笑って見え、そうでない人には火を放つという恐ろしい閻魔様なのです。
わたしには笑っているように見えなかったので、顔まで撮影できませんでした。

向かって左のお地蔵様は、いぼとり地蔵として知られています。
きっと、いぼをとってもらった方は多いはずです。
閻魔様はお地蔵様に火を放っていないのですから。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/31 Sat

在彫像

R-D1/Summaron 35mm F3.5

大内観音堂がアジアチックなエキゾディシズムに溢れていると感じさせたのが、まさにコレです。
成木を彫り込んで仏像をつくる計画がアジア的悠久さですし、竹で組んだ足場もそう、なにより仏様のお顔が日本よりも西側の人のように見えます。
いつごろ完成を見るのか分かりません。
でも、ひと月に一度くらいは進み具合を確かめに来て見たいと思わせる、不思議な魅力を感じて仕方ありません。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/30 Fri

木観音

R-D1/Summaron 35mm F3.5

八幡宮からここ観音堂までは、ほんの目と鼻の先といった距離です。
少しにぎやかな感じのする小さなお寺さんです。
「摩尼山」と掲げられていますが、チベット仏教のマニ車を連想させますし、祠のかたわらに象の置物がおいてあるなど、なぜかアジアチックです。
文字や絵がところ狭しと貼り巡らされているのも、やはり日本的ではない感を強くさせます。
今回は時間がありませんでしたが、機会を見てひとつひとつをじっくり読んでみたいものです。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/29 Thu

再登場

R-D1/Summaron 35mm F3.5

今福医薬門公園を出て真東に15分も歩くと、大内の八幡宮が見えてきます。
少しだけ立ち寄り、レンズをズマロン35mmF3.5に交換します。
操作感のよいE39タイプで、2月に売ってしまったのを今月買い戻した、もう2度と離さないよ的存在です。
以前のは57年製のスクリューマウント、今度のは54年製のバヨネットマウント。
M3の誕生と同時にマウント変更になった最初の年の製造です。
フードは、ITDOOとかIROOAとか12585とかいろいろありますが、12524というスクエア・プラスティックの可愛いヤツを調達しました。
描写は、開放から文句なしです。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/28 Wed

在珈琲庁

R-D1/Summaron 35mm F3.5

中国からの帰国前夜、お別れパーティと銘打って羊の鍋を食べに行きます。
これぞ冬場の中国の味覚、美味しくて幸せな気分になります。
ではまた、と言って解散になりますが、王老師とは珈琲でもとおしゃべりの続きに行きました。
いろんな話をしながら、楽天的にみえる彼女にも多くの悩みがあることを知るのでした。
彼女のこんなにまで深刻な瞳は、初めてです。
話を理解できても、それにうまく答えられない、言葉がでないもどかしさにわたしも苦しむことになりました。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/02/17 Sat

順徳走馬行⑪~阿愁

R-D1/Summaron 35mm F3.5

案内の青年の説明を聞きながら、一点一点写真等の掲示を見ていきます。
ブルース・リー本人はもちろん、奥さんや娘さんも訪れたことがあるそうで、そういう空気を吸えたのは、訪れ甲斐があったというものです。
李家の位牌(?)に合掌。
ブルースも写真の中で、待った、待った、すぐに帰りなさんな、と返しているようです。

thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/02/15 Thu

順徳走馬行⑩~堂族

R-D1/Summaron 35mm F3.5

逢簡村の村民委員会(!)の前でバイクタクシーに跨って街道まで戻り、そこで南下する路線バスに飛び乗ります。
20分ほど揺られていると運転手にここだよと教えてもらい、あわてて降りたのが沸山市順徳区均安鎮上村。
ブルース・リーの故郷と言われる地です。
といってもブルース本人はアメリカ生まれで、ここは父方の故郷であり、その家の一部が「李小龍祖居」として公開されているのです。
祖居は、路地の奥の分かりにくい位置にありますが、その入り口に立派な「李氏宗祠」が建っていて、この周囲一帯が李氏一族で占められているだろうことが想像されます。
この垢抜けないふたりの女性も、ブルース・リーと血のつながりを持っているのかもしれません。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Summaron 35mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/02/14 Wed
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。