スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

澳門指南~④道歉

R-D1/Officine Galileo Ogmar 90mmF4

わたしは、政治的にはポリシーを持たないことをポリシーにしていますが、恥知らずな国家の言動にも無関心でいられるほど冷淡な訳ではありません。
人権侵害がすぐ近くで起きて世界中が問題視しているのに、国家主席の来日延期を恐れたり、経済団体の圧力で自由にモノを言えない某国首脳にも、情けない気持ちくらいは起こります。

澳門の街中でふたりのチベット僧とすれ違いました。
四川の旅でそうしたように、手を合わせて頭を下げたところ話しかけてきたので、上記のような説明をし、世界中があなた方を支持していると伝えました。
澳門や香港では、しばしば人権侵害の実態を訴える活動家の姿を目にします。
この僧たちもきっとそうした目的で澳門までやってきたのでしょう。
故郷の混乱を考えれば、胸のつまる思いです。

そして翌日なんと、澳門の最新観光地であるヴェネチアン・リゾートであのふたりを再び目撃することになります。
活動ではなく、記念撮影しています。
なんだ、観光しに来てたんじゃん。
先方もこちらに気付いて声をかけてきて、雑談したり、写真を撮り合ったりして分かれました。

その後ふと思ったのですが、彼らの中国語は完璧すぎでしたし、我々と積極的に写真を撮る意味が分かりません。
チベット僧がラサの町で破壊活動をする映像は、中国人が僧のかっこうをして暴れた所を撮影したやらせだという噂も根強くあります。
まさか、彼らが…?次回の入国審査が不安になってきました。
いやくだらない想像は不謹慎でした。
ふたりの僧にお詫びするとともに、彼らの希望が1日も早く実現することを切望いたします。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Officine Galileo Ogmar 90mmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2008/04/10 Thu

板橋&府中~⑦法衣

R-D1/Officine Galileo Ogmar 90mmF4

前日の同工異曲ですが、こちらは黒装束の列がすごいインパクトでした。
一心に読経する姿は、観光でやってきた我々には畏怖の気持ちを起こさせるにじゅうぶんです。
傍らに立ち、並んで手を合わせることにしました。
今回台湾を案内してくれた友人-来週結婚式を挙げる-の幸福を祈念して。

思い出したように最終日のみ使用したガリレオ・オグマーですが、逆光ではさすがに威力半減してしまいます。
とはいえ、左手をかざしてハレ切りしている効果は出ていて、フレアの中にも若干のシャープさがあって、女性の髪の描写など惹かれるものがあります。
条件を考えればゴーストが出ないのは立派ですし、ボケも癖のないもので、もしかしたらエルマー以上の優秀レンズなのかも知れません。
そして、強い光で経本は激しく滲み、狙ったような描写になりました。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Officine Galileo Ogmar 90mmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2007/12/23 Sun

板橋&府中~⑥念経

R-D1/Officine Galileo Ogmar 90mmF4

最終日の朝、帰国前の時間を台北では有名な龍山寺に参拝して過ごしました。
ちょうど法要が行われていて、荘厳な雰囲気が境内を支配します。
関羽や馬祖を祀る道教寺院と聞いていましたが、近くの方の経本を盗み見れば「南無阿弥陀仏」とあって、仏教との違いはないようでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Officine Galileo Ogmar 90mmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2007/12/22 Sat

赤裸少年

R-D1/Officine Galileo Ogmar 90mmF4

シンセンの海と言えば、香港に向き合うような大梅沙、小梅沙が有名です。
中国語教師の王老師から、どうです海に泳ぎに行ってみませんかと声をかけてもらったので、見学がてら挑戦してきました。
まず面白かったのが、出発が3時ごろというのでちょっと遅すぎないかとたずねると、昼間は暑いでしょ、涼しくなった夕方から夜にかけて泳ぐのよ、との返事です。
暑いから泳ぎに行くのではと再質問すれば、暑いときは休んで涼しくなってから行ったほうが楽でしょ、日焼けもしないで済むし…?、ちょっと発送が日本のそれとは違うようです。

というわけで一泳ぎした後、かなりの夕刻の1枚です。
すっぽんぽんの坊やと追いかけるお父さん、なかなかいい感じかと思いましたが、がっくりかなりブレてました。
流し撮りみたいです。
2日続けての手ブレ写真というのは、我ながらすごいことかと恥じ入りつつも、採用してしまう怖い自分がいるのでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Officine Galileo Ogmar 90mmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2007/07/12 Thu

失敗了

R-D1/Officine Galileo Ogmar 90mmF4

R-D1での作例はどうしても広角レンズ中心ですが、なかには 90mm 以上の望遠を使って見事なフレーミングの撮影をされている方がいます。敬服です。
距離計の見難さもどうにもならず、F4 でも開放でははずしまくりました。
オフィチーネ・ガリレオ・ミラノなる美しい名前の製作所によるレンズは、どんな描写をするかたいへん気になるところですが、残念ながらこの1枚では特徴が分かりません。
肌のなめらかさなどかなりソフトなようですし、暖色よりの描写にも感じます。ボケはなかなかよさそうです。
ともあれ、きちんとファインダーを付けて、練習に励むべきでした。

いよいよ上海を離れる直前の王老師です。
その表情は、旅の終わりのノスタルジーによるものか、はたまた旅の疲れが蓄積したものか、わたしの技術はその回答を伝えてはくれませんでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Officine Galileo Ogmar 90mmF4 | trackback(0) | comment(1) | 2006/05/24 Wed
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。