スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

新買的鞋子

R-D1/Elmar 50mm F2.8

もうひとつだけエルマー F2.8 の欠点をあげると、どうしても周辺の甘さに言及したくなります。
わたし個人は、周辺の流れや光量落ちなど全然気にしないどころか、むしろ楽しんでしまう性格の悪さを自慢しています。
しかし、このエルマーのように、ライツがまじめに設計して、高価に売り出したレンズとなると、とたんにへそ曲がりで偏屈な意見を言ってしまう悪い癖が出てしまいます。
やはり開放では、F3.5 にはなかった設計の無理が出てしまうのでしょう。

ところで、足にやさしい目久尻の周辺は、絶好の靴ならしの場でもあります。
アスファルトでは少々窮屈なおろしたての靴も、ここだったらすいすいです。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmar 50mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/04/26 Wed

灰心苔

R-D1/Elmar 50mm F2.8

このエルマーの最大の弱点がこんな絵のようです。
強烈な二線ボケが発生しています。
くずれるように、訴えかけていくように、やさしさいっぱいにボケが広がると想像して撮影しただけに、がっかり度は半端ではありません。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmar 50mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/04/25 Tue

試一下了

R-D1/Elmar 50mm F2.8

もう4月も下旬だというのに、昨日今日とけっこう冷え込んでいます。
散歩を楽しみにしていた日曜は、雨まで降って、入手したレンズのテストが思うに任せずストレスの1日でした。
エルマー F2.8 の方は初めて手にしましたが、うわさにたがわずよく写るんですね。
なんでも F3.5 と設計はまったく同じでガラス材に新種ガラスを採用したのみで、半絞り近く明るいレンズにしてしまっているそうです。
解像力や発色の良さは F3.5 を継承していて、さらにヌケの良さが加わっているような気がします。周辺は、やや弱いでしょうか。
何よりライカらしい、デザインの美しさはライカの標準の中では1、2を争うと思います。
前玉にキズがありますが、影響なし。けっこう気に入りました。

thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmar 50mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/04/23 Sun
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。