スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

田中光学に引導渡したレンズ

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
昨日、35mmより135mmの製造数が多くておかしいというようなことを書きましたが、気になっていることがありました。
85/90mmならともかく、使いづらい135mmを広角の倍も製造するのは不自然で、これは他社に供給することが目的で製造されたのだと思えるのです。
例えば400本は自社で販売し、残りは他社が買い取る約束で数千本まとめて生産したものの、135mmレンズの売れ行きはイマイチで、2000本引き合いがなかったか返品があり、止むなくそれらもテレ・タナー名で追加販売しようとしたというものです。
当初の生産計画が400本なら、135xxという半端な製造番号からスタートしたことや、15xxxは他のレンズに割り振ったために、追加分が飛び番になってしまったことの辻褄があいます。

調べてみると、135mmでF3.5というスペックの国産ライカマウントレンズは、量産されなかったオリンパスや小西六をのぞいても11メーカーが販売していました。
大手の日本光学、キヤノン、東京光学を除いた田中光学、サン光機、ヤシカ、瑞宝、三協光機、共栄光学、ディストリビューターのソリゴール、テリサーの9社ではレンズを他社から仕入れていた可能性が高いと思われます。
めずらしい国産ライカコピーとして高値が付く三鈴光学のアルタ35の標準レンズのアルタノンは、田中光学のタナ―と同じレンズではないかと言われていますので、135mmも田中光学へ発注したものの、カメラが売れなかったので交換レンズまで実現しなかったのではと睨んでいます。

アルタカメラのことは検証は難しいでしょうが、各社の135mmF3.5レンズを買い集めてテレ・タナーと同一のものがないかテストしてみる手はなくはありません。
135mmはほとんど安価なので、50mmレンズを集めるよりはコスト的な問題は小さく済みそうです。
しかし、135mmレンズがいっぱいあっても、そんなに使う機会はないでしょうし、あんなにでかいレンズを5本も6本も置く場所をどうすればいいのか考えるだけで気が重くなります。
気が向いたらやるかもという程度にとどめておきます。

田中光学が1959年に倒産してしまったのは、カメラメーカー各社が一眼レフにシフトしたことで旧式のレンジファインダーカメラが売れなくなったからだと考えられているようですが、それには異議を挟むつもりはありませんが、13.5cmレンズの在庫が経営を圧迫していたということもあったと思うと付け加えておきましょう。
無責任な裏付けのない話でしたが、めったに使われないであろう長焦点レンズを手にして、製造番号のことを知っていろいろなことが分かったり、想像できたりするのは愉しいことでした。

本日は、テレ・タナー13.5cmF3.5のシリーズの最後の作例です。
いままさに神輿が海に入り祭りが最高潮を迎える中、観覧者全員の眼が海に向いているというのに、まったく関心を示さないカップルが…。
向かい合って携帯をいじる意味が分かりませんが、もしかして、流行のポケモンGOに熱中している?
そんなのを撮っているわたしを含めた3人だけが、熱狂する祭りの蚊帳の外にいるのでした。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/16 Sat

大観衆が見守る中

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
写真用レンズの嚆矢であるフォクトレンダーからツァイス、ライツと、一般にはレンズは製造順に番号が振られレンズに刻印されますので、この製造番号が製造年代や製造ロット数の特定につながり、レンズのことを調べるうえで大きな手掛かりになります。
前述の3社は、製造または出荷台帳として記録が残っているので、より正確に特定でき、これらメーカーのレンズへの興味もいっそう増していきます。
初期の日本光学レンズは、製造番号の最初の何桁かが捨て番と呼ばれ、そのルールを知ればやはり製造年など分かるようですが、これはちょっと複雑で分かりにくくシンプルな方がよかったのにと思います。

タナーの場合は、レンズ種類ごとに製造番号の最初の2桁または3桁が焦点距離かF値から取るというやりかただったようです。
例えば35mmF3.5は35xxx、35mmF2.8は28xxxx、5cmF1.9は19xxxx、5cmF1.5は15xxxのように分かりやすい規則性があります。
この13.5cmF3.5は135xxですが、製造数が多かったために最終的には168xxまで続いたそうです。
しかし、先述の通り、15xxxは5cmF1.5に充てられているので飛んでいて、なぜ15xxxxと6桁にしなかったのか不思議ですね。

168xxから135xxを引いて、さらに15xxx番台もなかったとすると、13.5cmF3.5レンズは2400本くらい製造されたのではと計算できます。
同じように見ると35mmF3.5が300本くらい、35mmF2.8が1000本くらいに比べて、だいぶ多いという印象です。
1950年代半ばには、広角レンズより長焦点レンズの方が需要があったのでしょうか。

50mmと135mmレンズで徹底してコンタックスと同じレンズ構成を採用した田中光学でしたが、なぜか35mmではそうしなかったように見えます。
35mmF2.8もビオゴンコピーにしてもらえなかったのが逆に残念です。
50mmF2、F1.5、85mmF2、135mmF4のゾナーレンズ群には多くのコピーレンズがあるのに、ロシア製レンズを除いて35mmビオゴンのコピーがないのはなぜでしょうか。
Wタナー35mmF3.5はテッサー型と思われているようですが、どうも違うようです。
びっくりするような構成の可能性があって、いま調べているところです。
これについては分かり次第お知らせしようと考えています。

さて、今日の作例は、山王祭のクライマックスの海上渡御が始まる前の様子です。
この人の波は強烈で、祭りなんだからこのくらいの人は来てあたりまえなのかも知れませんが、暑さの中でわたしは耐えられず、群衆から離れて遠巻きに撮影することを決断させました。
それ以上に神輿の担ぎ手はきついでしょうから、水に入ることで清涼感を得られる海上渡御は、熱中症予防に配慮した神様の心遣いが伝統として残っている行事なのでしょうね。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/15 Fri

コンタックスの真似じゃないか

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
テレ・タナー13.5cmF3.5を製造した田中光学は、調べても調べても情報のない、不思議な会社です。
わずかに分かったのは、もともと川崎にあった会社で、当初はライカ用のアクセサリーや8mmシネレンズなどを製造していて、1953年から突然ライカコピーカメラを作りはじめて短期間に9機種を製造したものの、1959年にはあっけなく倒産してしまいまったということです。
ライカマウントのレンズも35mmから135mmまで9種類が販売されていますが、量産に至らなかったレンズや鏡胴、2種のコーティングの違いで分類すると、実に23種類ものレンズが作られたやはり不思議なメーカーなのでした。

特に50mmレンズにおいては、F3.5、F2.8、F2、F1.9、F1.8、F1.5と6種類ラインアップさせたほかに、試作で終わったF1.2という超大口径レンズもありました。
F2とF1.5の間にF1.9、F1.8があってそれぞれ別のレンズだとしていることにこのメーカーの執念を感じずにいられません。
ところがその2本を除くと、F3.5テッサー型、F2.8テッサー型、F2ゾナー型、F1.5ゾナー型と、レンジファインダー・コンタックスと同じ編成・同じ構成で、オリジナリティのなさにがっくりとなります。

この13.5cmF3.5は、以前も書きました通り3群4枚でコンタックスのゾナーそっくりです。
試作のみで市販に至らなかったレンズに8.5cmF2というレンズがあり構成など詳細不明ですが、まあ間違いなくコンタックス用ゾナーと同じ構成だろうと想像はできますが、もし、戦後型の3群7枚の方のコピーかもしれず、そうだとしたらかなりの驚きです。

タナー・レンズの焦点距離表示は、35mmF3.5、35mmF2.8、50mmF3.5、50mmF2.8の初期タイプのみがmm表示で、それ以外はcm表示になっています(試作レンズの多くは未確認)。
正式な理由は分かりませんが、タナ―の主要ラインアップはコンタックスのコピーであることから、標準レンズはライカの51.6mmではなくコンタックスの52.3mmが採られていて、1955年頃にそのことを理由にcm表示に切り替えたのではと想像できます。
レンジファインダーのキヤノンがmm、ニコンがcmだったのもそのことと関係あるのか、このことは調べてみたい今後の課題といたします。

さて、本日の作例ですが、おととい、昨日に続いて江島神社の参道周りでの撮影です。
地元のお祭りに遠路はるばるしかも浴衣を着てやって来てくれたことに、感謝を込めて採用させていただきした。
昨日の作例では背景の草木が流れているように見えて不安になりましたが、今日の前後の人物のボケは美しくて安心できました。
コントラストも古いレンズとしては悪くないと思いますが、現代レンズと比べれば低くなるので背後のシャドーの女性も好い感じで再現されています。
周辺の乱れもなく、さすがゾナーがお手本だけに優秀なレンズと確認できました。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/14 Thu

主役のケガで一躍躍り出る

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
昨日は135mmではなく35mmのタナーのことばかりになってしまいましたが、実は、その35mmタナーを落札した時に一緒に付いてきたのが、この135mmタナーでした。
10年前に35mmタナーを買ったときには専用ファインダーが付いてきたのですが、今度はレンズが1本付いてきたのでした。
もちろんオークション出品は35mmと135mmの2本を売り出していたのであって、おまけで付けてくれたという訳ではありません。
しかし、正直なところわたしは135mmの方には関心がなく、感覚的にはやはり付属品のようなものでした。

昨日の通り35mmレンズが使い物にならなかったので、今回の撮影で135mmは付き人から主役の座を射止めることになりました。
ライカM6やM8を使っていたころは使いづらかった135mmレンズも、ピント拡大やピーキング機構の付いたミラーレス一眼レフでは一躍手軽なレンズになります。
この間ずうっと100mmから200mmくらいのペッツバールを使っていたので、長焦点ということも苦になりません。

とは言え、やはり動いているものと狭い場所では、135mmの撮影は厳しいです。
離れた早く歩いている人ではピント拡大するとブレでその人を追えなくなりますし、近くの場合はフレーミング困難になることしばしばです。
江ノ島の狭い参道では、たこせんべい屋さんの行列と先頭のちゃきちゃきたこ職人を狙いましたが、2、3人がただクローズアップされるだけで、帰宅後見ても何を撮ったのか思い出せないようなものでした。
動くものを捉えるのと、どのくらいの狭さまでいけるかの見極めには、それなりの修練が必要です。

135mmレンズがおまけと言っていて思い出したのが、逆のパターンですが、オークションには非常に多くのカメラ単体が出回っているのが気になるということです。
特にレオタックスやタナック等々のライカ・コピーと言われるカメラでそれが顕著です。
要は、デジタルで使うためにレンズは取って、いらないボディを売ってしまおうと考える人が多く、一方でボディだけ欲しがる人はほとんどないので、買い手を待つそんなカメラの群集がさみしげにずっと売れ残り続けているのです。
自分も同じような罪を犯した経験があるのでこういうのはおこがましいですが、レンズだけでなくときどきでいいのでフィルムを通して、かつて日本復興に寄与した英雄たちを使ってあげて欲しいと思います。
デジタルになってからのレンズブームのつくった弊害ですが、カメラがあまりにかわいそうです。

さて、今日の作例です。
江ノ島参道を上がった付近で立ち往生状態でしたが、強引に神社方面ではなく左の階段を登っていくと、太鼓や笛の音色が近くなってきました。
民家の軒先に引っ込んでいると、和楽器奏者がちょうど降りてくるところでした。
動いていると撮りづらいというのは書いたとおりですが、急な階段を演奏しながらなので、進み方がゆっくりで助かりました。
三味線奏者と眼があったような気がして彼女にピントを合わせましたが、あいにく顔が陰になってしまったものの、指に好い光が回り込んでくれて、フィンガーリングに視線が集まるような写真になりました。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(2) | 2016/07/13 Wed

10年後にまた繰り返された

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
ちょうど今から10年前、Wタナー35mmF2.8というレンズを手に入れました。
コンディション良好な上に格安でファインダーまで付いていました。
しかし、使ってみると全体にフレアっぽく、ハイライトが滲みます。
なぜか中玉に目立つキズのようなものがあって、これが悪影響を及ぼすと分かり、失意のうちに手放すことになりました。
修理することも考えないではなかったのですが、クラシックカメラ専科の記事でこのレンズがテッサー型と出ていて、その頃はテッサー型をどこにでもあるつまらないレンズとみなしていたので、所有欲が減退していたのです。

最近になって、またクラカメ専科の先の記事を再読して、これはおかしいと思いました。
やはり、Wタナー35mmF2.8はテッサー型と明記されていましたが、1950年代半ばでは35mmF2.8はガウス型でないと設計できなかったのではと気付いたのです。
キヤノン35mmF2.8が1951年、ニッコール35mmF2.5が1952年、トプコール35mmF2.8が1954年、ズマロン35mmF2.8はずっと遅く1958年ですがすべて4群6枚のダブルガウスです。
このWタナー35mmF2.8は東京光学とライツの中間の1956年発売ですが、テッサー型だとすればかえってすごいことだとなってしまうでしょう。

確認のためにWタナーを再度入手してみることにしました。
あちこちで目にしましたがどれも高く、10年前に2万円しないでファインダーが付いてきたのに比べて倍以上もしています。
ただ、いずれも売れているわけではないので、それが相場ということではないのでしょう。
そうこうするうちに、オークションにこのレンズが出てきましたので前回同様の2万円少々で入札すると落札してしまいました。
早速、届いたレンズで構成を確認すると、やはりダブルガウスです。
先のクラカメ専科の記事は、単に間違えだったのか、あるいはテッサータイプも存在するのか、かえって謎が深まってしまったかも知れません。

そのことをブログにすべくレンズを使おうとしておかしいことに気付きました。
ピントが合わないのです。
どうしてなのかしばらく悩みましたが、ピントリングは動いているのに無限遠から最短1メートルまでレンズの位置が動いていないと分かりました。
ヘリコイドが噛み合ってないか、なにか問題があるようで、固定焦点のレンズになってしまっています。
またしても、このレンズには縁がないのかと嘆くほかありませんでした。

さて、本日の作例ですが、祭りを前にした子どもたちの情景です。
江ノ島の橋を渡り切り、参道を抜けたあたりで太鼓の音が遠くに聞こえてきて、すでに山王祭は始まっているようでした。
江島神社から神輿が出るのだろうと察しましたが、すでに祭りの関係者、見に訪れている人たちと一般の観光客でごった返していて、前に進むことができず途方にくれてしまいました。
そんなときに、同じく手持ち無沙汰の子どもがいて、ちょうど135mmレンズにぴったり収まる位置だったので、このレンズの練習をさせてもらいました。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/12 Tue

棚からぼたもちなレンズ

Tele-Tanar C 13.5cmF3.5
昨日10日は江ノ島で山王祭があるとのことで、朝から出掛けてきました。
江ノ島は市内なので地元ですが、南北に長い藤沢市の南端に位置していて、北端に住むわたしから見るとそれなりに遠方です。
車で行くか悩みますが、駐車場が空いてないとたいへんですし、長時間停めて車に戻った時に車内が高温になっているのを想像したら、やはり公共交通機関を使うべきと判断しました。

使用するレンズは田中光学のテレ・タナー13.5cmF3.5です。
先週のコムラーはレアな大口径レンズのつもりで持ち出しましたが、世間では地味なレンズの格付けだったようで、2週続けての地味な長焦点レンズの登場になってしまいました。
2週続いてというよりは、今回の方が明らかにぐっと地味度を増していますので、先日の国産のライカマウントレンズにシフトしていくという宣言の本気度が、こんなレンズまで登場するかという意味においても理解いただけるのではないかと思います。

テレ・タナー13.5cmF3.5は、1955年に田中光学が自社のライカ型カメラの交換レンズとして発売した長焦点レンズです。
3群4枚のテレゾナータイプで、レンジファインダー・コンタックスのゾナー13.5cmF4とそっくりな構成です。
しかし、テレ・タナーはゾナーより2まわりくらい大きい感じで、F4からF3.5まで1段まで明るくならないのに、こんなにも大きさが違うんだということを再認識させてくれます。
フィルターとM/Lアダプターを付けて410グラムもある重たいレンズで、レンジファインダー用135mmレンズが不人気な理由のひとつになっています。

それ以上に人気がない理由は、135mmレンズがレンジファインダーカメラでの使い勝手の悪さをまざまざと教えてくれるからです。
ライカM3以外には135mm用の枠がなくてフレーミングには専用ファインダーが必要になり、ただでさえカメラのファインダーと外付けファインダーを交互に見なくてはならず、さらに距離を変えるときはレンズのピント合わせの後に外付けファインダーも距離の指標合わせをしてパララックスを補正してやるという作業があります。
面倒くさくて、とてもやってられません。
こうして、このテレ・タナーはじめ、ほとんどの135mmレンズはユーザーの手元を離れて、気の毒なくらい安く値札が貼られそれでも売れずに市場でそういう事情を知らないで安さにつられて手を出す初心者を待つしかないのです。

さて、本日の作例ですが、ステージイベント前のラジオ体操か何かのシーンです。
山王祭はここで行われると思って東浜の方へ出てみましたが、海水浴場なのでここではないと気付かされました。
少し戻ってツーリストインフォメーションで場所を確認し、あらためて島内の方へ移動します。。
一応のところ、ステージ上の人にピントを合わせていますが、レンジファインダーではこのあたりの距離は泣き所で、恐らくピントは合わせられなかったと思います。
というのは、数十メートルの無限遠手前のところの距離計の二重像は合っているようなずれているような微妙な見え方で、視力が良くないと見えてこずにピントリングを無限遠にしてしまいがちだからです。
人ではなく海に合焦した後ピンです。
広角や標準なら被写界深度内なので、慣れない135mmでも同じようにやって失敗ということで、じゃあと絞れば手ブレと、嫌になってしまう人も少なくなかったのではと想像します。
【Alpha7II/Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 F3.5】
Tanaka Kougaku Tele-Tanar C 13.5cmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/11 Mon
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。