大家感謝

M8/Sonnetar 50mmF1.1
明日、28日の夜から年末年始の旅に出る予定ですので、今日が今年最後のブログの更新になります。
みなさまには、この場でたいへん失礼ですが、たいへんお世話になりまさましたことを深くお礼申し上げます。
自分の勝手放題で続けている拙ブログには進歩がないどころか、ネタの枯渇と作例のマンネリという退歩が顕著になるばかりですが、一時大流行だったかに見えたレンズ愛好家ブログがすっかり下火になっている中で、その火が消えてしまわぬようにと勝手に続けている次第です。

おととい、昨日と書いたように、レンズ愛好家にとっては厳しい時代が続くものと思われますが、そんな時だからこそ、みんなで連携して逆風を乗り切っていければと思います。
レンズは、消耗品ではありませんし、機械式カメラがそう言われたような耐久消費材というのとも違うと思います。
死蔵したり独占するのではなく、貸し借りしたり情報交換することによって、みんなで理解を深めていければ好いですね。

例えば今日の作例ですが、F1.1のゾンネタールは立体的な表現にすぐれた大口径ならではの表現を得意とするレンズだろうという思い込みがありました。
ところが、見てのとおり、立体感どころか、横向きの女性は妙に表面的に見えて来ます。
まるで、ミュシャの絵のように。
散々使ったはずのゾンネタールでも、何気なく撮った1枚で先入観を180度変えさせられるということがあるのが、レンズ趣味の面白いところだと思いますがいかがでしょう。

そういえば、Wi-Fiが使えるということで何年振りかでマクドナルドに入ってみたのですが(中国では時々利用しています)、ここでキンドルではSDカードから撮影した写真を取り込むすべがないことに気付かされました。
同様のOSを使っているNexus7の方はアダプターの使用で可能と聞いていたので、キンドルもいけると思って購入したのでショックが大きすぎます。
旅先で撮った写真を夜に眺めたり、撮った写真を出先からすぐにブログにアップするという目論見がすべて外れることになりました。
まさに甘い認識によって損したというアマゾンです。

午前3時近くなって、ようやく旅のパッキングも終わりました。
これを買ったがためにPayPalのリミットを超えて、eBayとはしばらく決別しようと誓ったレンズを装着したM8は活躍してくれるでしょうか。
新年早々のブログ再開で自信満々にレンズを紹介できれば、最高の2013年の滑り出しになります。

さあ、そろそろ寝なくてはいけない時間になりました。
みなさま、どうぞ好いお年をお迎えください。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(6) | 2012/12/27 Thu

明年目標会消失

M8/Sonnetar 50mmF1.1
昨日、2013年にはレンズはなるべく買わないと、切実な願望を書いたのですが、それよりもずっと前に建てた誓いの方が怪しくなってきたことに昨日気付きました。
その誓いとは、ライカの新しく発売されるデジタルカメラ、ライカMを購入するということで、なぜ怪しくなったかと言えば、昨日も書いたように円安が思いのほか進んでいるからです。

最近の円/ドル為替相場は、1ドルが86円を超えていますが、ライカMについてライカ社が発表し、よし、発売したら即買うぞと宣言した頃は、78円くらいだったのではと記憶しています。
アメリカでは7000ドルで発売予定と聞いていますが、そのまま掛けると546000円から602000円へと56000円も上がったことになります。
発売を直前にしてプレミアが付いてしまったかのようです。

国内の定価はどうなるのでしょうか。
ライカでは777000円とアナウンスしているようです。
大々的に発表しながら円安になったので発売前に改定するということはないのではと思いますが、発売後しばらくしてからちょろっとマイナーチェンジしておいて、定価も上げますなどという姑息な手は使ってくるかも知れませんね。

いずれにしても、わたしは税込みで80万円以上もするような実用カメラを買う覚悟はありません。
Mを買うと決めたときもさらに円高になったりとか、ヨーロッパ、アメリカ、香港の安い店をリサーチするとかで、50万円切って買うつもりでいたので大大大誤算です。
円安はいったいどこまで進むかですが、そんなことが分かれば為替取引で大金持ちになれるでしょうからライカMも国内正規品を買えるので、実際には1ドルいくらで、あるいは絶対額としてMが日本円でいくらなら買うかを考えておかないといけないかも知れません。

こんな風に考えていると、もうどうでもよくなってきて、発売と同時に買えなくてもいいやとなってきてしまいました。
M8を買った時のように中古の格安物件になるのかも知れません。
昨日はレンズが、今日はライカMが、自分からどんどん遠ざかっていくようなネガティヴな気持ちになっています。
やはり、PayPalの突然のルール変更や、安倍総理の勝ち誇ったような発言に、いとも簡単に左右されてしまう力無き存在なのだと再認識した次第です。

さて、作例の星祭祈祷会はクライマックスに向けた法要がおこなわれているようです。
力強い読経にカメラを持った部外者はその場にいることを拒否されるような気持ちになり、しばし遠くから見学したのち龍口寺を後にしました。
わずかな時間でしたが、年末のあわただしさの中で、地元に伝わる伝統行事を見学できたことは、今年の締めくくりとしては最高の時を過ごせたと思います。
龍口寺の森を歩いていて、偶然、木々の間から法要を見れたことも、今年が幸運のうちに過ぎたことを象徴しているのだと感謝の気持ちも感じられました。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(0) | 2012/12/26 Wed

浴冷水

M8/Sonnetar 50mmF1.1
先月中国に行ったときに持参して以来ですから、かれこれ丸々5週間続けてゾンネタールを使っていることになります。
最初は悪戦苦闘を強いられたゾンネタールですが、色収差の問題を除けば期待通り、ないしは期待以上のレンズだったので、使っていて楽しかったからです。

もうひとつり理由が、新しいレンズがまったく入手できなくなったからということもあります。
前々から何度も何度も繰り返し書いたように、しぎらく前からレンズの価格相場は高騰してしまいましたし、これだけ散々レンズを蒐集してしまうと、欲しいレンズはもうあまりなくあっても高価なものばかりとなって、レンズを買うという行為の意味合いが以前と変わってしまいました。

加えて、いま円安が進んでいて、今後さらにレンズから遠ざかるのではと予想しています。
すでに10%ほど円安になっていますので、外国から買うレンズは10%増となると泣きっ面にハチです。
安倍政権が発足したことによる動きのようですので、新総理は企業の方ばかり向いて、わたしたちレンズ愛好家のことを一切顧みないことに憤りを覚えます。

そんなことよりも真面目に怒り心頭に発するできごとは、eBayの支払いシステムPayPalが10万円までしか使えなくなったことです。
突然の限度額設定に支払いできずにせっかく落札しながら、流すことになってしまったレンズが2本あります。
メールで問い合わせても梨のつぶてで、これまで散々利用してきたのに、いきなりの恩をあだで返すeBay&PayPalには距離を置くことを決断しました。

間もなく年始を迎えるにあたって、少し気が早いですが、レンズの購入はぎりぎりまで控えたいと2013年の目標をたてることにしました。
安倍総理とPayPalのせいで、というわけではなく、わたしの防湿庫とレンズケースは満杯で、何を所有しているかの記憶もあいまいになってきています。
改造を待つレンズヘッドもまだ10本近くあったはずなので、それらを2ヶ月に1本ペースくらいで改造依頼できれば十分過ぎるでしょう。

年始にする今年の目標は、これを入手したい、こういうことをしたいとするのが一般的ですが、レンズを(なるべく)買わないというネガティヴなものであっても悪くはないでしょう。
もちろん、S21とか高千穂光学の5cmF1.5とかが安くでてきた時など、そこには例外が存在することは言うまでもありません。
今年もあと1週間を切って、気合を入れて来年のことを考えてみました。

気合と言えば、作例は、龍口寺星祭祈祷会での荒業(?)です。
江の島では真冬の寒中神輿も見ましたが、体を動かして気合注入の神輿よりも、精神集中のみで冷水をかぶる方がより厳しいように思えました。
思わず、みんなが息を飲んだ瞬間です。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(2) | 2012/12/25 Tue

最后一周

M8/Sonnetar 50mmF1.1
先々週の横浜、先週の鎌倉に続いて今週は藤沢へ散策に向かいました。
今週は木曜にブログ収めを考えている最終週なので、何か面白い企画でもできれば良かったのですが、時間もないので、地元で済ませてしまうことをご容赦ください。

ただ、江の島に近い龍口寺で龍口寺星祭祈祷会・茶筅供養会があるとのことでしたので、時間がないときにはありがたかったですし、おごそかな祭事で1年を締めくくれて良かったと思います。
わたしの自宅は藤沢市の北のはずれで、龍口寺は南端なので、縦長の藤沢で移動距離はそこそこということになりますが、市内の移動というのは気楽でよいですね。

横浜、鎌倉に続いてこの日も晴天に恵まれました。
わたしは自他ともに認める雨男ですが、ひとりで行動する時は好天というケースが多いような気がします。
いや、ひとりなので天気が悪ければ中止していたので、行動すれば好天というのは当然のことでした。

小田急で終点の片瀬江の島まで行って龍口寺まで歩くのですが、この絵の電の絵の島駅をとおる通りがかなりの混雑で驚かされました。
3連休の中日ですが、気温の下がった真冬にこんなに人が出てくるのですね。
幸い風が無かったので気温は低めでしたが、太陽が出ている時間も長く、それほど寒さを感じませんでした。

早足で10分ほどで龍口寺に到着です。
天気は悪くなく、人出がかなりあって、祭事があるというのに龍口寺には、檀家さんやら関係者を除くと外部の人はほとんどいないようでした。
わたしのような、観光気分の撮影目的の人は皆無のようです。
行動しやすいのはいいですが、ちょっと寂しい気がします。

お寺巡りであればみな鎌倉に行くのでしょうし、江の島に来た人はみな島に向かってしまうからなのでしょう、龍口寺はいつ訪れても人気が少ないのが残念です。
鎌倉に近く、江の島付近に立地するというのにこれはもったいないことです。
鎌倉の有名な寺と見劣りすることのない、よいところだと思うのですが。

作例の建物なんて、わたしは藤沢市内でもっとも美しい建築のひとつではないかと思っています。
切り妻が三重に重なるところはすごい迫力ですし、サイドもガラス張りで美しい廊下が見渡せるのも大好きです。
迫力があり過ぎる外観だからこそ、着物の女性がやわらかな雰囲気で調和をつくっており、この美観にすっかり引き込まれてしまいました。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(0) | 2012/12/24 Mon

左腕上的宝宝

M8/Sonnetar 50mmF1.1
鎌倉の散策は、妙本寺で紅葉を見て終わりとなりました。
ここで、鎌倉まで来たメインの目的のために、下馬の交差点をわたって由比ヶ浜方面へ向かい、江の電の踏切を通り過ぎます。
最初の信号が、今日の本来の目的地の六地蔵です。
と言ってもお地蔵ら参ったわけではなく、腕時計のベルトを新調するために来たのです。

少し前に財布を作ってもらった革製品をオーダーできる店で、時計のベルトを頼んでいたのですが、待つこと1ヶ月、完成したとの連絡をもらいました。
店をたずねてその場で革ベルトに1つだけ穴をあけてもらい、腕に通してみます。
思っていたとおり完璧です。
これで、腕時計をするようになってからの長年の悩みが解決できたと確信することができました。

ステンレスのストラップを付けていれば問題ないのだと思いますが、革ストラップはすぐにクセが付いて耐久性も低いのに手を焼いていました。
いつも同じ穴で止めるため、その位置にクセができてはずした時など、そこで革にかくんと角度がつくなどしてしまい見てくれがよろしくありません。
そして、やがてはその位置が切れたりほつれたりで、交換を余儀なくされるのです。

わたしの場合は1年もたずに交換を繰り返していました。
最初は量販店で2000円程度のものを買っていたのですが、もったいないので中国に行った折に購入する数百円相当のもので間に合わせることになります。
エコの時代になんと無駄をしてきたことか。
それに、ずっと手に付けているアイテムだけにもっと愛着の持てる物にすべきといつも考えていました。

革の店で腕時計のストラップのオーダーができると聞き関心を持ちます。
革が厚めで耐久性は向上すること、ペンケースや財布をオーダーしてみて人間の肌にとてもよく馴染む、つまりはずっと付けっ放しになるストラップに向いていることを知りました。
しかし同様のバックルを使っていたのでは、耐久度は多少はよくなるでしょうが、結局は大差無いのではとの危惧はぬぐえません。

そこで教えていただいたのは、Dバックルと呼ばれる腕時計用バックルで、これは別名バタフライバックルの名のように金属が左右に広がることで腕から着脱できます。
ストラップの穴に通す金属はずっとそのままで、通したりはずしたりする必要が無いのでその部分に対するダメージは最少限で済むはずです。

まだ使って10日ほどですが、使用感はすこぶる好く、これなら夏場の汗のケアなどに注意すれば3年とか5年とか持つのではないかと思えるほどです。
それよりも腕に付けた感触が最高で、革の厚さとやわらかさが、これ以上が考えられないほどに肌にフィットしてくれています。
昨日書いたキンドルよりも、やはりこちらを自分のためのクリスマスプレゼントにしたいと思っています。

さて、作例ですが、この付近にはいくつかのお店が連携して地域を盛り上げようと、6の付く日にイベントを行っています。
たまたまその日にストラップを取りに行ったわけですが、店頭にコーヒーの店とホットワインの店が出ていました。
暖かい日でしたが、そすがに日が落ちてくるとちょうど熱い飲み物が欲しくなります。
どちらにするか悩みましたが、きれいなお姉さんが作ってくれるホットワインにしてみました。
確か南ドイツではクリスマスにホットワインを飲む習慣があると聞いたことがあったからでもあります。
俗っぽい言い方ですが、ワインとストラップで心も体も暖かくなって、家路をめざすことができました。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(2) | 2012/12/23 Sun

很大的七吋

M8/Sonnetar 50mmF1.1
子どもの頃ならいざ知らず、給料をもらえる大人になると、自分へのクリスマスプレゼントを買っている人ってけっこういるのてはないでしょうか。
そういった統計があるわけではありませんし、誰かに聞いたこともありませんが、ちょっと思い切った買い物をするときの口実にはボーナスが出たからというよりも、自分への説得力と他人への照れ隠しに効果があるように思えるからです。

わたしの場合、20年近く前にライカM6を購入したのが、まさに自分へのクリスマスプレゼントでした。
味をしめたということではありませんが、それ以降もクリスマスプレゼントは時々というか、毎年使っているような気がします。
ここ何年かはすべてレンズのために。

ここのところレンズ購入は封印状態でしたので、ついに何か大物を買ったかという序になっていますが、残念ながらそうではありません。
価格で言うとずっとしょぼくなりますが、プレゼントとはタブレット端末です。
しかも最安と言えるKindle Fire HDです。

カメラを含めて、新しい器機メディアにまったく疎いわたしですが、タブレットはレンズ仲間の某氏が使いこなしているのを傍目で見ていて、いいな、いいなと感心していました。
しかし、本体が5万円だとか、通信費が毎月数千円と聞いてはとても気軽に手を出すアイテムではなくなってしまいます。

一度あきらめて、すっかり忘れかけていた頃、カタルーニャからやって来たダヴィドがタブレットを駆使しつつ旅に役立てているのを見せつけられてしまいました。
母国の情報を得たり、地図で現在地や行き先を確認したり、写真をストレージしたり、わたしとのメールのやり取りに使ったり、もちろん旅先の情報収集にも活用でき、たんなにもすばらしいものかと感動を覚えるほどです。
その時は、ここまで便利になると旅の楽しみを失わせるのではと、高くて買えない言いわけを言ってみたりしたのですが、そんな折にキンドルの発売告知です。
2万円を切って買えるとのことで、機能は5万円のものより劣るのでしょうが、本体価格としてはかなり魅力的です。

自宅には無線LANのモデムが入っているので、少なくとも自宅ではオンラインで使えるし、無料のWI-FIも今ではけっこうあるとの話も聞いて、発売数日前にええいと予約をしてしまいました。
キーボードが無くてもメモ帳のように使えるし、クラウドを所有できるとのことだったので写真のストレージにも大きな魅力を感じました。

直前の予約にも関わらず本体は発売日の翌日にやってきました。
マニュアルは付属せず、とんだ知識不足でこれまで悪戦苦闘が続いています。
ただ、思わぬ収獲はいくつかあって、例えば本は古典モノや名作の類ばかりですが、無料でダウンロードできるものが何千冊もあって、少なくともこれらを読むことでタブレット端末代の元はとれそうです。
わたしがタブレットを使うのを冷やかす人がいたら、違う違う、これは本を読むために買ったんだ、何かしようなんて気はさらさらないね、と誤魔化すことにしましょう。

さて、妙本寺には、いちばんの紅葉がありました。
ただ、いかんせん到着が遅く、すっかり暗くなった中での紅葉観賞ですが、また、それもよしとしましょう。
この時はまだキンドルは手許に来ていませんでしたが、これだけ薄暗くなっても紅葉に囲まれたなかで読書できるのですから、そういうこともやってみたいなあと思います。
とにかく、本体の価格分は本を読んで取り返さないとと、自分へのプレゼントだけに実利的になっているのです。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(0) | 2012/12/22 Sat

幼稚園選挙

M8/Sonnetar 50mmF1.1
瑞泉寺を出た時はまだ余裕があったのですが、いちおう紅葉を捉えられたことでホッとしたことが悪い方向に左右してしまいました。
次は若干離れているものの瑞泉寺からはいちばん近い、杉本寺に向かってみることにしたのですが、階段を登りかけて人の気配がないなと、途中引き返してしまったのです。
次は、当然、報国寺あたりになるのですが、こちらも閑散としているかも知れないと悩んだ末、踵を返すように妙本寺方面へ歩き出したのです。

杉本寺から妙本寺方面へは、ちょうど山越えの1本道があるのですが、地図には釈迦堂口切通し通行禁止と書かれています。
これはどういう意味なのか。
がけ崩れか何かで完全に通行できないのか、あるいは危険があるので通れなくしているが自己責任で通るのは構わないのか…。
確認の意味も含めて通ってみようかと悩みましたが、やはり通れない場合の時間の問題を考えてこの道は回避することにしました。

通らなかったにも関わらず、朝比奈峠からの幹線道路を使わず、その山越え道に近い小道を歩いたり悩んだりしたことで、妙本寺到着もやや遅れることになります。
ふだんならそういう寄り道的な散歩はむしろ望むところですが、時間の限られた中ではやはりマイナスでした。
というよりは、冬場には時間の余裕をもって散策すべしというところなのでしょうね。

妙本寺の山門付近で人の流れに出くわすことになります。
次々にお堂のようなところへ人が吸い込まれていくので、法要か偉い人の法話でも聞くのかと思いました。
ところが、その建物には選挙の投票所であるむねの貼り紙がしてあります。
この日、12月16日が投票日だということを思い出させてくれます。
わたしも帰宅時に自宅近くで投票に向かうことにしていました。
ただ、ノンポリのわたしはこの時点でまだ誰にどの党に票を入れるか決めかねていたのですが。

建物に近づいてきて気付いたのですが、お堂のような建築物には「比企谷幼稚園」の額が出ています。
もともとお寺の建物だったと思うのですが、それを幼稚園として使用し、さらに選挙の時には投票所としてしまうというのが不思議です。
転用の転用ということですね。
さしづめレンズに例えれば、シネレンズをライカマウントに改造してもらって、アダプターを使ってミラーレスで撮影しているというところでしょうか。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(0) | 2012/12/21 Fri

年軽人跑去

M8/Sonnetar 50mmF1.1
鎌倉宮から瑞泉寺までなかなか魅力的な道が続いています。
まず歩き出すと、鎌倉宮の方から絶妙のタイミングで筝の演奏が聞こえてきました。
恐らく琴教室のようなレッスンだったのではないかと思いますが、お宮の塀に沿って木の植わった小道に、なんと情緒のある響きでしょう。
それから途中に、近くの農家が野菜などを売っていたのですが、ヤキイモも焼いていて、おいしそうな甘い香りが冬らしく鼻をくすぐります。
耳と鼻を続けさまに刺激されると、あとは眩しい紅葉を拝めるかどうかです。

瑞泉寺は先日書いたように実に久し振りだったのですが、近づくにつれて思い出すことがありました。
入口近くに小屋があって、手作りの土鈴のようなものをおじいさんが売っていたのです。
以前は通り際にちらっと眺めるだけでしたが、今回は1個求めてみようかと考えたのですが、記憶違いだったかその小屋が見つかりませんでした。

もしかしたらぼんやり歩いていて見過ごしたのかもと思いました。
と言うのは、瑞泉寺に入ってからも簡単な1本道だったはずなのに、どこかで道を間違えてしまったからです。
途中、こんな道を通るのはおかしいと気付きましたが、それはお墓参り專用の道で、観光での立ち入りが禁止されているところのようでした。

ところが、これがとても幸運だったと気付いたのは、瑞泉寺を見終わって後にしたときです。
なるほど、観光案内所で聞いたように瑞泉寺の紅葉はなかなかに見事でしたが、午後3時過ぎの境内には太陽は射し込んで来ることはありません。
一方、お墓参りへの道ではごく一部でしたが、陽光が見事に紅葉を輝かせています。
撮影するか同課は別として、この日わたしが見たかったのは、こんなきらきらとした紅葉でした。
ついに耳と鼻と目が満たされた気持ちです。

もちろん撮影はしますが、こんな外れた場所では人通りもないだろうし、一部の例外を除いて必ず人物または生き物を取り込んだ作例を掲載するこのブログでは、使えないなと思っていました。
それが、どうしたことか、叫び声をあげた少年が駆け足で坂を下って来るではないですか。
撮影後だったのですが、遠くからでも聞こえた叫び声でM8をスイッチオンすることができ、どうにか彼の走り抜ける後姿を収めることができました。
完璧とはほど遠い紅葉かも知れませんが、はるばる歩いたあげくみちを間違えたのと、なぜか現れた少年という2つの偶然のおかげで作例をアップでき、鎌倉まで出向いた甲斐があったと感激しています。
【M8/Sonnetar 50mmF1.1 F1.1】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
MS Optical Sonnetar 50mmF1.1 | trackback(0) | comment(0) | 2012/12/20 Thu
| home | next