豊田両千GT

Makro-Plasmat 5cmF2.7
いにしえの自動車も撮らなくてはと、久し振りにペッツバールではないレンズも持参することにしました。
50mm前後のレンズを持って行こうとなると、どれにするか延々と悩まなくてはいけないところですが、これがあっさりマクロ・プラズマートに決定してしまいました。
前週に馬車道を散策した帰りに、knpmさんに誘われて、渋谷区のレンズ店に足を延ばしたのですが、以前お願いしていたフーゴ・マイヤー・オリジナルのマクロ・プラズマート用のフィルターを用意してもらっていたからです。

マクロ・プラズマートはよく知られるようにキノコ形状の沈胴型で、ベンツから降りてきたスーパーマリオが踏んづけてしまったと大騒ぎするようなレンズなのですが、フィルター径も特殊なようで、ノギスで実測すると22mmとあまり聞かないサイズです。
それまでは一回り大きいフィルターをテープで貼ったりしていましたが、見た目も重要なこのレンズにはフィットするフィルターを付けさせてやらねばとずっと考えていました。

そんな折、今年オープンした渋谷区のそのお店で無駄話をしていた時に、フーゴ・マイヤー純正のフィルターがいくつもあると
教えてもらい、マクロ・プラズマートに合うものもあることが分かりました。
イエロー・フィルターで、もちろんそれでもよかったのですが、この店主はとても気の利く人で、時間をもらえればカラー用にUVフィルターに取り換えることもできますよと言ってくれて、それならと待つこと1ヶ月、馬車道から直行してみるとついに即戦力フィルターを入手することができたのでした。

本当はキノ・プラズマート用も欲しかったのですが、これはとっくに売り切れだそうで、他にも違うサイズのものが何枚もありましたが、わたしの持っているレンズに合うものは無いでしょう。
それらには、しっかり"Hugo Meyer Gorlitz"の文字が刻印されていましたが、なぜかマクロプラズマート用は"Made in Germany P.O.R"となっているだけです。
フィルターが小さすぎで文字が入りきらないからかも知れませんが、それならHugo Meyerだけにしてもらいたかった…。
それとP.O.R.の意味が分かりません。

そんなわがままはともかく意気揚々とマクロ・プラズマートを付けて赤レンガ前をうろうろしていると、現地待ち合わせのknpmさんが現れたのですが、なんと首から下がっていたライカに付いていたレンズがまたマクロ・プラズマートではないですか。
わたしがフィルターを入手したので、マクロ・プラズマートにで来ると読んで合わせたのかと思ったのですが、まったくの偶然とのこと。
ふたりが撮影しようと待ち合わせて、ふたりともマクロ・プラズマートを持って来る確立と言うのは全世界を基準にしても相当に低いのではないでしょうか。
というか、恐らくそのようなできごとは世界レンズ史上最初で最後の珍事かも知れません。

馬車道とか赤レンガ倉庫からはみなとみらい線直通で渋谷方面にはとても行きやすいということを先週知ってしまったわたしたちは、この日もまたそのお店に行ってしまったのですが、そこでもうひとつの偶然を告げられ唖然とすることになります。
偶然、マクロ・プラズマート2本揃っての撮影になったんですと話をしていると、店主が、実はわたしもここに来る前に銀座でマクロ・プラズマートを持っている人を見かけたんですというではないですか。
ということは、この店主は1日に3本のマクロ・プラズマートを見たということになります。
11月8日は世界マクロ・プラズマート・デイだったのでしょうか。
しかし、話を聞いていたknpmさんは、笑いながらこう言うのでした。
銀座で見たというマクロ・プラズマートを持った人物と言うのは、わたしのことではないですか?
【Alpha7/Makro Plasmat .5cmF2.7 F2.7】
スポンサーサイト
thema:ペッツバール genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2014/11/12 Wed

自動焦点的

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
Ektar 52mmF1.5 の作例が一気にアップされた kinoplasmat さんの www.oldlens.com で、今度はタンバールがアップされています。
タンバールでしたら前から一項を設けられていましたが、これまではライカM8での撮影で、今回はニコンで撮影しています。
しかもオートフォーカスの撮影だと言います。
タンバールをオートフォーカスとかどんな撮影か詳しい説明もありますので、ご関心の向きはぜひご覧ください。

わたしは実物を見せてもらいましたが、こんなものがあるのかと驚きました。
オートフォーカスは百発百中のようで、かなり軽快に撮影されていたのが印象に残っています。
90mmクラスのレンズのスナップをわたしも時々やりますが、F2やF2.8くらいの明るさではある程度慎重にピント合わせしないといけないので、あんなスピードでは撮って歩けません。
しかも、丁寧にピントを合わせたはずなのに、何枚かに1枚はボケボケになり、まあまあかなというものでもピントが甘いというケースが多いことを考えるとまったく勝負にならないと言えます。

オートフォーカスの種明かしをわたしがしてしまえのは恐縮ですが、AFテレコンバーターを使用されています。
5枚5群のテレコンですので、3群4枚のタンバールよりも多いレンズを介して撮影することになるわけです。
これでタンバールで撮影したと言っていいものか、誰もが疑問に思うところでしょう。
8群9枚のタンバールなんてない、したがってこれはタンバールでないというファンが多いことは容易に想像つきます。
ライカではフィルターも付けないという信念の方は多く、それは正統派の意見としてわたしも否定するつもりはありません。

わたしはと言えば、レンズにだわっているはずなのに、M8メインということもあって必ずフィルターは付けますし、ライカ・フレックスを使っていた時代はテレコンをけっこう使っていました。
テレコンは、もともとマスターレンズが活きるように設計されていますし、レンズ描写を多様性を見るための手段としてのアイディアを頭から否定することはしたくないと思います。
まずは、結果を見て判断すれば良いのではというスタンスです。

まず、今回の作品群を見て思うのは、タンバールが完全にスナップレンズとして活躍しているということです。
次に肝心のテレコンの影響についてですが、やはりそれほど感じられないように思いますが、いかがでしょうか。
厳密に見ると描写に変化があるかも知れず、そういう検証をせずに論じていいのかという問題はありますが、PCモニターで見る限り違いは分かりずらく、これだったらスナップの質を考えて十分にトライした意義があったと判定できます。

タンバールにしてはあまりソフトでないようなと思われる方は多そうで、実際、わたしのものと比べるとだいぶ描写が違っていて、少し絞ったのではと思われるくらいです。
前ボケはかなり滲んでいかにもタンバールですが、合焦部分はソフト感があまりないのです。
M8での写りも同様なのでこれは、テレコン云々とは関係なさそうです。

タンバールでは戦前ライツレンズの個体差ということがよく言われますが、これだけ違うというのは、わたしの個人的な意見としてオーバーホールの再組み立てでオリジナルの写りを失っているのではと思うのですがどんなものでしょう。
こんな仮説が万一正しいとして調子に乗って書くと、超ソフトなタンバールではkinoplasmatさんのシステムでオートフォーカスが働かないなんてことがあるのではと想像しました。
また、例の専用フィルターを使うとどうなるのかも、気になるところです。
今日の作例は、シャープなはずのマクロプラズマートがなぜだかタンバール並みにソフトに写っているのが、見事な符丁になっています。


※ 今日は木曜なので中途半端になりますが、明日から夏休みで、10日ほど拙ブログもお休みをいただきます。
ご容赦ください。

【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/09/20 Thu

他的厨房

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
smmmさんは、携帯でよく写真を撮っているところをみますし、デジタルでムービーも撮っている人です。
しかし、作品づくりにはモノクロ・フィルムだけで勝負をしています。
わたしは、撮るのも見るのもスナップだけですが、彼の撮るピクトリズムには魅力を感じていました。
作品は数枚我が家に贈ってもらい、ボロ家の壁を少しだけ芸術的な空間にしてくれています。

初めて訪問したsmmmさんの家で暗室を見せてくれとお願いしました。
お風呂場ではなく、キッチンをそれにあてていて、その窓という窓は使用時に雨戸のような板ですべて覆うことが可能になっています。
そこにどーんと置かれた引き伸ばし機はダースト製です。
以前はライツのバロイを愛用していたのですが、バロイは35mm専用のため中判でも対応できるようダーストに切り替えたそうです。
引き伸ばし機のことはよく分かりませんが、恵比寿のフォトシャトンで整備しているライツのフォコマートをぜひ導入いただきたいなと思います。

ただ、ダーストの効果は絶大のようで、二眼レフの使用頻度が増えて、ハッセルブラッド+ブラナーも購入したと言います。
ハッセルなんてとても手の出るものではないというイメージだったので触ったことすらなかったのですが、バシャ、バシャと響くシャッター音を聞くだけで女性を間近で撮りたくなる、そんなカメラですね。
逆に、スナップ向きではなさそう。

デジタルがこれだけ進むと天下のハッセルの価格もだいぶ下がっているのだそうです。
その分、フィルムや印画紙等の価格が高騰してしまっているわけです。
それでも、いろいろな器材が比較的入手容易になって来たいまが、彼のように自分にあった器材を求めていろいろと試しながら作品を制作していくタイプの写真家には幸福な時代なのかも知れません。

さて、作例ですが、昨日は微妙なスポットライトがあたる小路が、お鷹の道という魅力的な名前を持っていたのでタイミングをはかって撮ったものでした。
ところが、お鷹とは何者かを調べても、なぜか出ていません。
隣接して「おたカフェ」という喫茶がありますが、まさかこのおたカフェの方が先にあって、そこからお鷹という意味あり気な道の名前を付けたということではないでしょうね。

そのおたカフェで休憩したのですが、ここにammmさんが家を出てすぐに親しく会話していた中村さんの名前を冠したいちごドリンクがあってびっくりです。
地産地消で近くの農家でとれた野菜や果物を活用したメニューを提供しているおたカフェ、侮れません。
そのカフェの前では、口笛の日本チャンピオンが国分寺出身ということで、名演奏を披露していて、すばらしい偶然を楽しませてもらいました。

お鷹の道をほんの数分歩くと、真姿の池湧水群に行きつきますが、今日の作例がさの湧水のひとつです。
たいへんな名水らしく水汲みに来る人がちらほら見られます。
お母さんが水汲みしている間に子どもを水遊びさせていたのですが、女の子はすってんころりんしてしまい、大声で泣きだしてしまいました。
飛騨のどこかの町のような古民家と水流のある風景にぴったりのシーンですね。

昨日もまた中国の反日活動に業を煮やして、掟破りの政治的な内容になってしまいました。
あんなくだらないことを書いても、なんらプラスにならないばかりか、後で読んで自己嫌悪に陥るばかりです。
人間に余裕がない表れなのだろうなと思い猛烈に反省しています。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(2) | 2012/09/19 Wed

日中韓的問題

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
今日、9月18日は81年前に柳条湖事件があった中国人にとって忘れなれない日なので、反日活動はピークを迎えるだろうと伝えられました。
平日にそんなに人が集まるのかなあと、わたしは懐疑的だったのですが、果たして110の都市で反日デモが挙行されたことが報道されています。

110都市というのはすごいなと率直に思います。
日本の領事館やデパート、工場があればそこへ向けてデモを進めることができますが、日本に関するものがないような町ではどうしたのでしょう。
それとも、110個所すべてに日本に関する施設があったのでしょうか。
日本は、そこまで中国に進出しているのだとしたら、それはそれですごいことだと思ってしまいます。

柳条湖事件は、瀋陽郊外で起こった満州事変の発端となる鉄道爆破事件と聞いたので、それなら一昨年に瀋陽に行ったときにその現場を見てきました。
と、思っていたのですが、これはよくよく調べると、まったくの勘違いと分かりました。
わたしが見たのは奉天事件が起きた地で、この2つは日本軍が関係する瀋陽の事件という共通点があるものの、年代もその性格が真反対ということからも混同してはいけないことでした。

中国から日本へのツアーが軒並みキャンセルになっていると報道されていましたが、中国の状況では日本から中国へ行く旅行者も渡航を取り止めているケースが多いのではないかと思います。
そんな折、韓国を訪れる人が激減しているという記事を読みました。
国家のトップの一線を超えた言動はもちろん原因のひとつですが、それを支持するようなスポーツ・芸能業界、さらには市民の行動の方が、彼らを信頼していたことに歯止めをかけたようです。

韓国企業は、家電、半導体、液晶、自動車等々、あらゆる分野で日本の技術者を破格の条件で引き抜いて技術供与させて各事業に急成長をもたらせたようです。
それは国家ぐるみとも報道され、カムフラージュするかのようにポップミュージックや映画・ドラマを大量輸出して若年層や主婦層などを親韓国に取り込みました。
しかし、どうも、そういう姿勢が北朝鮮による拉致と喜び組やらの美女を前面に出すやり方とそっくりに見えてきたということもあるのではないでしょうか。

ちょうど今年から発行されている米韓FTAが、関税撤廃によって韓国財閥系企業を後押ししているのに対し、農民や中小企業の生活を脅かしていることも、労働党幹部が甘い汁を吸って、庶民は日々の生活もままならない状況にもオーバーラップします。
韓国への渡航者が激減しているということは、韓国をいちばん受け入れていた中高年の女性層が、韓国は北朝鮮と同根だと考え始めているということであれば、韓国大統領の一連の言動は取り返しのつかないことになるのかも知れません。

政治にはノータッチだと常日頃言っているのに、状況に流されるわたしは、そのことであいつはノンポリシーなのだと知らしめてしまったかも知れません。
ついでに言えば、いつまでも煮え切らない態度の日本政府には愛想を尽かしていますし、中東やアフガニスタンにあれだけ介入しながら、日中の問題はあなたがたでどうにかせよと放言するアメリカにもうんざりしています。
誰もが思っていることでしょうが、米基地は尖閣に設置してオスプレイも配備すればさまざまな事案が一気に解決するのではないでしょうか。
国の所有をやめて東京都に売れば、同時に普天間の県外移設も実現するので、すべての人の望みを同時にかなえることができます。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/09/18 Tue

蜜蜂的声音

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
この土曜日に友人のsmmmさんが、ランチをご馳走してくれるというのでのこのこと出掛けて来ました。
場所は、西国分寺と聞きましたが、藤沢の自宅からですと小田急で登戸まで出て、南武線乗り換えで府中本町、また武蔵野線に乗り換えで1時間半近くかかります。
初めて乗車する武蔵野線は行き先が南船橋となっていて、いったいこの路線はどういうルートで船橋に向かうのか不思議な路線でした。

smmmさんの家は、閑静な住宅地の中にある一軒家で、近所には農地が多く野菜の無人販売もあって、新鮮で美味な季節の味覚が手軽に手に入ることから、今回のランチの招待が企画されたようです。
ブルーベリーとバルサミコのソースのステーキと夏野菜とクリームチーズの冷製パスタに腕をふるってくれました。
スピーカーからはエディト・ピアフが情熱を歌い、smmmさんの撮影したフレームのなかの女性たちに囲まれる中でアンニュイな気分の蒸し暑い昼下がりです。

料理は美味しくいただけましたが、量がわたしには多過ぎです。
腹ごなしに近くを散策することにしました。
すっかりsmmmさんに関心させられたのが、こちらに来て数年だというのに地元に融け込んていることです。
近所の人としっかりコミュニケーションをとっているのはもちろん、大地主の農家のおばあちゃんと親しげに立ち話したり、芥川賞作家を子息に持つ古道具屋を紹介してくれようとしたり(残念ながら不在)、この町に根付いています。

駅から北西方面に向かいましたが、今度は線路を渡って南東に進路をとります。
市の名前の由来になった武蔵国分寺跡があり、周辺は自然をよく残した公園になっています。
わたしたちは、ここ八幡神社から入りましたが、こちら側はひとりの老人の姿があっただけで、まったく人気なく公園自体が不人気なのかと誤解することになりました。

このあと進んで行くにつれ多くの人で賑わっているのを知るのですが、しばらくカメラを構える機会もないくら訪れる人がいません。
暗譜が大部分で、その暗部もほとんどつぶれかけた我ながら意味不明な作例ですが、この黒のしまりがいいのですとうそぶいておきます。

代わってあちこちで見かけたのがスズメバチ注意の看板です。
まったく見かけないので看板倒れかと思ったのですが、仁王門のところにミツバチに注意の貼り紙があって、その紙の下の地面にミツバチの巣があります。
うわっと気付いたときには足もとに10匹ほどが乱舞していて、スズメバチの看板の記憶ともあいまって生きた心地がしません。
ここでは無事でしたが、この先でふたりして全身を刺される悲劇に襲われます。
ただ、この時襲って来たのはスズメバチではなく、ミツバチでもなく、ヤブ蚊だったのは不幸中の幸いでありました。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(2) | 2012/09/17 Mon

Makro-Plasmat的故事

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
深圳のシリーズ最後の1枚は、大鵬の裏手に見つけた小さな祠を写した風景写真風のものにしてみます。
特にアンダーを意識したわけではありませんが、やはりトーンがよく出ているように思えます。
古い手焼きのプリントにすら見えてしまいました。
こうなると俄然、モノクロ・フィルムを試したくなります。

マクロ・プラズマートは、2年半前に3.5cmのものを短時間お借りしたことがあり、その美しい作例も紹介しました。
このレンズは驚くほどの描写力を持つレンズで、立体感の凄まじさと独特のトーンが傑出していて、いつ見ても痺れさせられます。
3.5cmマクロ・プラズマートは、あまりに希少でまずは入手することの不可能なレンズと言われていましたので、せめて5cmの方を手に入れないかと当時画策したものです。

5cmなら見つかるかもと考えたのは大甘で、キノコのかたちをしたライカ・マウントのレンズはすでに大暴騰していて、これも諦めざるを得ませんでした。
そこで考えたのが、Cマウントの5cmマクロ・プラズマートを見つけてマウント改造する作戦でした。
誰もが同様のことを考えるからでしょうし、すでにCマウント・レンズのブームが始まっていて、これすら30万とか出さないと手に入れられない状況です。

さらに次善策は、長焦点のマクロ・プラズマートです。
75mmとか105mmとかになると、だいぶ安くなって来ます。
ところが、これらの長玉ですら20万円は必要なようで、これにマウント改造費用を考えるとおいそれと手を出せる世界ではないことが分かりました。

そんな苦しい日々を過ごしていると、ノンライツレンズ、わけてもフーゴ・マイヤー系に滅法詳しいGさんから、105mmのライカマウントであれば、意外と出てくるかも知れないので探してみてはどうかと声をかけてもらったのです。
これが本当にありがたいアドバイスで、もちろん簡単に出てくる訳ではありませんが、案外と安く出てくるのではとあちこち検索するのが習慣になっていました。

それからわずか3ヶ月経たずして、まさかのマクロ・プラズマート発見です。
しかも105mmではなく5cmが見つかってしまいました。
今年5月にあった金環日食は、東京では173年振りの出来事だったそうですが、東京から月と太陽が一直線に並ぶその現象は、マクロ・プラズマートを探すわたしと、それを売る店と、それを買う予算が一直線に並んだ、まさに何百年に一度起きるか起きないかの偶然がもたらされた幸運だと例えたくなります。

やって来たマクロ・プラズマート5cmは、ファースト・インプレッションで2年半前の3.5cm同様のトーンを表出させて、当時の感動を思い出させてくれました。
ところが、なぜか立体感では、3.5cmにかなり劣るという印象です。
5cmの方が立体感がより強調されるのではとの期待が裏切られたかたちです。

とはいえ、レンズはまだ来たばかりです。
モノクロ・フィルムの挑戦もそうですが、もっと使いながらマクロ・プラズマートというレンズを極めていきたいと考えています。
これこそ一生を捧げるに値するレンズではないかと思うからです。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(2) | 2012/07/09 Mon

世界之莱卡鏡頭

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
写真工業別冊で「世界のライカレンズ」という雑誌というかムックというのか、そんな本が立て続けに出版されたことがあります。
Part4が、2008年12月刊行ですから比較的最近の話しです。
いわゆるノンライツ・ライカスクリューマウント・レンズを見開きページに1本、10数名の執筆者が解説していて、さすがに4冊も出版されてかなりのレンズが網羅されてきました。

まだまだ継続してあらゆるノンライツ・レンズを取りあげて欲しかったのですが、母体の方の写真工業の方が長い歴史を閉じてしまったことで、世界のライカレンズのPart5の可能性もなくなってしまいました。
関係者の方にお会いしたときに、ぜひ発刊してほしいとお願いしてみましたが、残念ながらその見込みは無いのですとの返事で、やはり出版側の事情は覆せないものがあるようでした。

そのPart3にマクロ・プラズマート5cmF2.7がフォトライフプランナーの日比野さんによって紹介されています。
距離計連動で最短撮影距離1メートルのレンズになぜマクロという名前が付いているのか諸説あるようですが、それを解くヒントになるかも知れない内容の文章が書かれていてハッとさせられます。
それは、マイクロ・ニッコールでは沈胴して接写装置を間にセットすることで近接撮影できると説明していることで、ではマクロ・プラズマートはと読み進むと、どうした訳かこのレンズは固定で沈胴式ではないと書かれているのです。
もちろん、専用の接写装置についても、あったかどうかは不明と書かれています。

本には、レンズの外観写真も掲載されていて、他のマクロ・プラズマートと変わらないようなので、沈胴部分が経年で固まるなどして固定鏡胴のように思えたのではないかと推測されます。
そこが少し残念なのですが、沈胴と分かっていれば、もしかしたら次のように書かれていたかも知れません(ご本人に無断で勝手に書くことをご容赦ください)。

未確認であるが、マクロ・プラズマート専用の接写装置は存在していたとわたしはみる。
通常撮影でこれだけシャープであり、近接でもその威力を発揮できるレンズに思えるからだ。
むしろ、マイクロ・ニッコールは、このレンズに範をとってレンズと装置を開発したのではなかろうか。
レンズ構成も、ダブルガウスから3群目を分離させたマクロ・プラズマートに対し、思い切ってその1枚を抜いてしまったところに関連性が感じられると言えば穿ち過ぎだろうか…。

ちょっと空想が過ぎてしまいましたが、細かくシャープで立体感ある描写が得られたとも書かれていて、大いに共感できるので、このようなかたちで採り上げさせていただきました。
レンズデータや構成図が出ていて、このようなマイナーレンズも採用したうえで、それぞれ執筆者が思い入れを込めた解説をする同書を(必ずしもすべてがそうではないとの批判もあり)、他の出版社でも引き継いでいただけないものでしょうか。
限定2000本のライカマウントレンズがちゃんと売り切れるんですから、少し高くなっても確実にそのくらいは売れると思うのですが。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(1) | comment(0) | 2012/07/08 Sun

30年代的風景

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
昨日、シリアル番号のことを書いてから2本のサンプルが見つけたので書き留めておきます。
2本とも過去のヴェストリヒトのもので、1本は珍品(ただでさえ珍品のマクロ・プラズマートの中のさらに珍品!)かも知れません。
取り急ぎ、昨日の一覧に追加のうえ再掲します。

①580224 Nickel
②580659 Nickel
③580727 Nickel
④580736 Chrome
⑤580858 Nickel Leica I
⑥580862 Nickel
⑦582635
⑧582637 Chrome
⑨582738
⑩58277X
⑪583079 Chrome
⑫583083 Chrome

④と⑫が追加されましたが、⑫はこれまででいちばん新しい個体ということになります。
といっても⑪とは4つしか変わりませんが。

注目すべきは④の方で、昨日580XXXのロットグループはすべてニッケルだろうと推定したばかりなのに、この中で唯一のクロームの個体になります。
さらに、他は判明している限り最小絞りがF22なのにも関わらず、このレンズのみF16までなのです。
このふたつの事実から、このレンズはイレギュラーな製造であることが想像されます。

そういえば、同時期のライツのレンズが未だ大陸系列の絞りを使っていたのに、マクロ・プラズマートはすでに倍数系列が採用されていたのが意外な発見です。
もっと古いキノ・プラズマートでも、やはり倍数系列の絞りが使われていたことも報告しておきます。


さて、今日の作例ですが、客家の女性が清掃をおこなっているところを捉えました。
右側の方の女性がたじろいだようなポーズなのは、わたしとしてはこっそり狙っていたのに、わきにいたおばあちゃんが、この兄さんがあんたがたを撮ろうとしているよと大声で知らせてしまったのです。
余計なことを…と思ったものの、たじろぎポーズがユーモラスでかえって気に入りました。

それと、この作例がマクロ・プラズマートのトーンの豊かさをいちばん表しているように見えます。
光の具合がちょうど好くて、空が飛ばず建物がつぶれずだったということなのかも知れませんが、濃淡の描き訳が美しいです。
1930年代のレンズで1930年代と変わらぬ町並みを撮っていますが、これがデジタルだと古写真のようには見えないでしょうか。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/07/07 Sat

性病専科

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
ライカマウントのマクロ・プラズマート5cmF2.7はかなりの稀少レンズとされますが、それほど製造数は少なかったのでしょうか。
調べてみましたが何本製造されたかなどの具体的な数字は見つけられません。
ただ、レンズ本体の写真を掲載しているサイトや本がいくつか見つかり、それらを並べると少しだけ見えてくることがありました。

いつも参照させていただいている写楽彩に2本、カメラスタイル№23にやはり2本、ヴェストリヒトのオークションにも9回と21回の2本、ご存知kinoplasmatさんのoldlens.com、スモール著のノンライツ・ライカ・スクリューマウント・レンズ、写真工業別冊・世界のライカレンズPart3、今回のわたしのレンズ、各1本ずつの合計10本が見つかりました。
古い番号から並べると以下のとおりになります。

①580224 Nickel
②580659 Nickel
③580727 Nickel
④580858 Nickel Leica I
⑤580862 Nickel
⑥582635
⑦582637 Chrome
⑧582738
⑨58277X
⑩583079 Chrome

サイトなどではっきりニッケルかクロームと分かるものは、そう記しました。
写真がモノクロですと、ニッケルとクロームどちらかの判定ができないのが残念です。
また、④は、ライカⅠ型に固定装着されていたレンズという意味で、⑨は写真の角度のためどうしても最後の1桁が読み取れませんでした。

わずか10本のサンプルでは、断定的に語ることはできませんが、まずひとつ言えそうなのが、580XXXと582XXXの少なくともふたつのロットがあるということです。
それに、前者がニッケル、後者がクロームであると言ってもよさそうです。

前者は638本の間に、後者は444本の間に、それぞれ5本のレンズが収まっています。
間に飛び番があるかも知れませんし、ずっと前後に広く番号がふられているかも知れませんが、ニッケルよりクロームの方が製造数が少ないとの説を加味すると、ニッケルは約1000本、クロームは約500本製造されたのではとの推測ができなくもありません。

無理に1500本製造されたと仮定すると、ちょうど同年代の比較できるレンズがあります。
ズマール5cmF2の初期型、通称ひょっとこズマールです。
これも、ほとんどニッケルで一部クロームがあり、製造数は約2000本です。
マクロ・プラズマートとひょっとこズマーを比べると、ひょっとこズマールの方がだいぶ見かける度合いが高いように思いますがいかがでしょう。
あるいは1500本は過大評価で、実際は1000本以下なのかも知れません。

統計学的には、母数は500~1500程度と考えるとすれば、標本数はどれだけあればデータの信頼性が得られるのでしょうか。
1500本程度の製造とすればあと20本の製造番号を得られれば20%の標本数になって、製造本数が明確になるのではと思うのですが、フーゴ・マイヤー研究協会でも設立されてそんな調査を行ってもらえればよいのですが難しいでしょうか。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/07/06 Fri

草帽与鑰匙

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
突然の思い付きでモノクロ・モードに切り替えたりしたのですが、やはり同じように思い付きで大鵬所城に向かうことにしました。
大芬油画村を見限ったわけではないですが、案外アクセスの好い大鵬まで出れは、またマクロ・プラズマートらしい何かが撮れるような気がしたのです。
これまで撮影数が少な過ぎて、帰国後に2週間分のブログを続けるのは難しいと感じていたということもあったのですが。

大鵬までは50キロ近くも離れているので、ちょうど鎌倉あたりで撮影していて、そうだ浅草へ行こうというのと近い距離感覚です。
ただ、大鵬へは急行バスの存在を知って、中国の路線バスでは圧倒的に速くて快適な乗り物なので、これがあるからこそ酔狂にも移動しちゃおうという気になりました。
深夜のサッカー観戦で眠くなっていて、この45分ほどのバスの中で居眠りできるというのも魅力的でした。

この移動は自分でも気味が悪くなるほど順調で、大芬から10分少々で大鵬方面行のバス停に着き、ぼんやりと待つ間もなく、目の前にそのバスが停車していました。
時間が遅かったせいか、いつものように混んでいるということはなく、うるさい乗客もなくで、気付いたら寝ていて、次に気付いたら大鵬に到着しているという具合です。
中国で、これほどまでにイージーな移動は初めてのことです。

大鵬所城ではいつも観光客の多さに悩まされましたが、今回は平日の午後だったので、暮らす人々の日常が見られるのではとの期待がありました。
期待通り観光客はほとんどいませんでしたが、昼下がりのこの時間、地元の人にもほとんど出合いません。
よくよく考えてみれば、老人はともかく、平日の昼間はみな仕事をしているのだから、一般の人がいるほうが不自然です。
同様に子どもたちもまだ学校で勉強中のようで、いつもの所城から見ればゴーストタウン化したかのような静けさでした。

出合った人は、ほとんど全員撮影したくらい人が少なかったのです。
ほとんどはすれ違った後に背後から撮ることになるのですが、今日の作例はほとんど唯一の例外です。
麦わら帽子に手製のキセル、首から提げるは携帯ではなく家のカギのようで、その姿は少し離れたところからでも異彩を放っていました。
このおっさんの顔を撮らないテはない!

わたしの方が少し高い位置にいたので、万一追っかけて来られても逃げられると余裕があったので、最初からカメラをホールディングしておっさんのやって来るのを待ちます。
服装や顔つきがモノクロでは黒っぽいということに気付いて、今までとは逆に背景の壁が白っぽい位置でフレーミングして構えました。

通りかかる際にこちらを見ているので、何撮ってんだとか怒鳴られるかと少しドキドキしましたが、ペースを落と
しつつ無言で通り過ぎました。
その瞬間、わたしもファインダーから顔を離し、咄嗟に謝々と小さく礼を言います。
彼がそれに答えることはありませんでしたが、一瞬だけその顔をほころばせたのをわたしは見逃しませんでした。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/07/05 Thu

莱卡零件

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
今回は、NEX用にスピード1インチF1.5を付けっ放しにしていましたが、M8には浅草に続いてマクロ・プラズマート5cmF2.7を、やはり、付けっ放しにしました。
いつもは広角、標準、望遠とレンズを3本持って行くようにしていますが、今回は望遠をやめて、特にマクロ・プラズマート中心でいこうと考えたのです。
マクロ・プラズマートは、M8よりもパルナック・ライカに似合いますので、いつかはⅢ型とともに使いたいですが。

M8で使うためには、UV/IRフィルターの使用が必須になりますが、サイズが合うものはないですし、他と同様にテープで付けようと思ってもレンズ先端部の形状から少しやっかいな作業になりそうでした。
ところが、偶然手許にあったズミクロン用のレンズキャップがすっぽり付くことを発見して、ではフードもとIROOAというこれもズミクロン用のものを付けるとぴったりとはまります。

フードの先端にフィルターが付けば完璧なのにと試すと、これがE55サイズのものがどうにかはまりました。
完全にはネジ込めませんが、いちおうちゃんと固定されたようになっています。
レンズ外周部のローレットが傷ついてしまうのでテープでガードしてフードを付けると、安定度も増しました。
これで、一挙にフィルターとフードの問題が解決したことになります。

フードと言えば、マクロ・プラズマートの純正フードは、レンズ周りのフィルターネジにネジ込むラッパ型のもので、なかなかユニークなデザインに惹かれます。
当然ながら写真でしか見たことのない超レア・アクセサリーで、レンズを発見できても、このフードを単独で見つけ出すことはまず不可能でしょう。
遮光やレンズ保護の意味では、IROOAの方が効果的ですので、それはそれで好しとします。

また、でかいフードを付けたことでレンズが外からまったく見えなくなりました。
そうでなくてもマクロ・プラズマートなんて見た目は単に古びたレンズで、中国はもちろん、日本でだってよほどのことが無い限り面が割れるということはないでしょう。
それでも、目ざとい中国人が、あれはこの前のヴェストリヒトで36,400欧元で落札されたレンズだ盗ってやれとか、300万円で売ってくださいとか、迫られるのを防いでくれる安心感があります。

さて、今日の作例はアメリカ人夫婦。
旦那さんがたくさんの絵を持って(持たされて)汗をかきかき歩く横で、奥さんがいかにもチャイナチックなアクセサリー屋を見つけて、嬉々として飛び込んで行きました。
おいおい、まだ買うつもりかよ、腰に手を当てた旦那さんの後ろ姿はあきれたようにも、怒りに震えているようにも見えました。
アメリカン・コメディそのままのひとコマです。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(4) | 2012/07/03 Tue

西班牙隊冠軍

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
1ヶ月近く続いたサッカーの欧州選手権は、スペインの優勝という何とも当たり前のような結果に終わりました。
もう、毎朝3時半に起きて睡魔と闘いながら観戦する必要もなくなったかと思うとホッとする反面、何かを失ってしまったという喪失感をともなうのは隠せません。
甘い物が大好きな女の子が、1ダース入りのチョコレートをプレゼントされて、大事に大事に毎晩1個ずつ味わって、ついに昨夜最後のいちばん美味しい1個を食べてしまったというのに似ているでしょうか。

深圳滞在中は、ちょうどベスト8のスペイン対フランス戦がありました。
中国時間で深夜2時半キックオフですが、ホテルではなく、一石二鳥で足のマッサージ屋さんに行って観戦しました。
ふだんはぐっと足を踏ん張って痛みに耐えたりするマッサージも、この夜は、神経が試合に集中しているためかいつもより気持ちよく感じたくらいです。

このときのために事前に用意したのが、スペイン代表ユニフォームでした。
もちろんレプリカでずが、深圳のサッカーショップで安く手に入れたものです。
いつも流行っているとは言えないこの店もユーロ佳境の時期だけに多くの若者で賑わっていました。
わたしを含めて10人近くがレプリカを購入しましたが、わたしともうひとりがスペインで、ポルトガルとイングランドが各1名、4人が購入したドイツがいちばん人気です。

この店員と実はサッカー通だったカメラ修理の順平さんから、中国のユーロ事情を聞くことができました。
もともと自国が弱くて海外指向が高い中国では、ヨーロッパのサッカーは日本以上に人気があると言えます。
もともとクラブチームではマンチェスター・ユナイテッドの人気が高いこともあって、イングランドが好きな人が多いようですが、最近の傾向で魅力的なサッカーをするスペインやオランダなども人気があったようです。
さらに前回ユーロとワールドカップで評価を高めたドイツの人気が上昇していて、特に今回大会ではいちばん面白いサッカーを見せていちばん人気になったようなのです。

一方で不人気ナンバーワンはイタリアとのことです。
今大会はだいぶ変わったと言われますが、イタリアは伝統的に大人数で守って、相手のミスでボールを奪うとロングパス1本のカウンターで得点するスタイルが見ていてつまらないという常識的理由からだそうです。
わたしもまったく同じ理由でイタリア嫌いですが、なぜか日本ではイタリアは人気が高いのが不思議です。
観光地や料理ではたいへん魅力的ですが、その延長線で見られているのでしょうか。

ところで、レプリカ店で買われたのは上記ヨーロッパのものだけではありませんでした。
なんと驚いたことに、ふたりの若者が日本代表のユニフォームを目の前で買っていったのです。
ひとりは本田、もうひとりは香川と名前を入れてもらって。
店員に聞くと、ヨーロッパの主要チームほどではないが、日本のものもけっこう売れていると言います。

中国では反日感情が未だものすごく、日本のユニフォームを着て町を歩いていて袋だたきにあったりしないものか、たいへん心配です。
それとも、アニメやカメラ、電気炊飯器などと同様、日本代表が中国人に評価されているということでしょうか。
本田や香川は、自分たちが日中の懸け橋になっているなんて、夢にも思っていないでしょうけれど。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(0) | comment(0) | 2012/07/02 Mon

蘑鏡頭

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
ついに作例のネタが尽きたので、今日は作例写真にレンズの写真をあげることになります。
電話ボックスの鏡で写したので左右が逆像ですが、カメラが好きな人が見ても、ああ、いかにもライカの古いレンズですね、程度の感想しか持たないでしょう。
角度が悪いのでノンライツに詳しい人もパッと見てスルーしてしまうかも知れません。
ごくごく一部の人が、あっ、と声を上げる程度の知名度のレンズです。

もともとレンズ名は下に書いていましたし、沈胴だということにも触れましたので、まったく隠しておいたわけではないのですが、それでもオープンにするのにはためらいがありました。
先の某オークションで400万円近い値段で落札された、すでにレンズではなくなって骨董品ともいうべきレンズです。
もちろん、その落札者はわたしではありません。
価格もその20分の1以下で売られていたので、購入に踏み切りましたが、相場からすれば法外に安かったものの、古ぼけたレンズの値段としてはとんでもなく高かったと言えるでしょう。

レンズは、フーゴ・マイヤーのマクロ・ブラズマート5cmF2.7です。
わたしとしてはめずらしく、Cマウントの同名レンズのマウント改造ではなく、オリジナルのライカマウントレンズです。
同社のキノ・プラズマート5cmF1.5と双璧とも言えるレンズですが、やはりキノの方がハイスペックで描写も特徴が漲っているので人気や価格は大きく上回っていると思われます。
しかし、マクロ・プラズマートも、愛称キノコの美しいデザインが高く評価されています。

描写についての評価はよく写るということ程度しか聞いていませんでしたが、一昨年、今年と関西に赴いた際、ジオグラフィックさん、T-REXさんのご厚意で滞在中にお借りする幸運に恵まれます。
その時の印象とおふたりの評価から、よく写るだけのレンズではないということが理解できました。
解像力の高さとトーンの出方、そしてキノ・プラズマート同様の立体感です。
これらについては、ピンボケの今回、実感にまでいたりませんでしたので、来週また試すことで検証できたらと考えています。

さて、このレンズ事情があってksmtさんにまず届けられたので、浅草で渡していただき感動の対面となりました。
そのニュースを聞いたknpmさんも、それはお祝いしなくてはと、大切な用事の合間にわざわざ浅草まで出向いてくれました。
入手したわたしのお祝いではなく、レンズそのものの歓迎会を開催したかたちです。

へそ曲がりな書き方で申し訳ありませんが、ここにお書きした皆さんのおかげで手許にやってきたレンズであって、この場で深くお礼したいと思います。
いみじくもknpmさんから、一夜にしてクルマを手に入れたのといっしょですよ、と言われました。
マクロの名前から中間リングをかませて近接にしてとった今日の作例は、クルマではなく、やはり古ぼけたレンズに他なりません。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(1) | comment(0) | 2012/06/25 Mon

沈胴鏡頭

M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7
毎日毎日ひどい写す真を作例としてあげているので言うまでもないと思いますが、今回はさらに一段とひどいものばかりで、すばらしいレンズをこれだけ集めさせていただきながらたいへん申しわけありません。
ただでさえ、雨振りで撮影が厳しところに、恐るべき大失態を演じてしまったのです。
使ったレンズは沈胴レンズだったのですが、途中、一度引っ込めた鏡胴を再度引きだしたとき、完全に出さなかったためピントが狂ってしまいました。

たぶんコンマ何ミリか引っ込んだ状態なのでオーバーインフ、つまりすべて後ピンになってしまったのです。
昨日の作例は、アジサイにピントを合わせてksmtさんの顔がボケて分からないようにするつもりで液晶の確認をしたところ、なぜかだいたいレンズとksmtさんあたりにピントが来たていたので、次のカットで顔をフレームの外にしなくてはならなくなりました。
今日は、この大きな香炉(?)にピントを合わせたら中間の中途半端な位置にピントがきてしまいましたが、他に出すものも無いので、前ボケ、後ボケ、歪曲を見るためのテスト撮影だということにさせていただくことにしました。

わたしが、もう何年も前にライカを始めるぞと、いわゆるライカ本で機種選定したとき、まずボディはクラシックなデザインのパルナックが欲しくなり、どの型がいいのかてんで分からず、悩んだ末に著書がすすめるⅢfにしたのに対し、レンズはひと目見てこれしかないとエルマー5cmF3.5に即決しました。
理由は、それが沈胴でコンパクトになり、撮影時にいちいち引き出すのがいかにもライカっぽいではないかと思ったからでした。

それは初心者には甘い考えだったようです。
購入してすぐ沈胴を試そうと引っ張って固定しようと時計周りに回転させたところ、それはくるくると空回りするばかりでいつまでたってもセットできませんでした。
さらに、おかしいと力を入れてしまったものですから、クロームの美しくメッキされた部分に、擦った跡を付けてしまったのです。
沈胴レンズでよく見るリング状の跡です。

1枚も撮る前にキズ付けてしまい、やはりわたしにはライカなんて無理なんだと大きくへこんだことを思い出します。
その後立ち直ったものの、レンズの沈胴はトラウマで、基本的にはいじらないことにしています。
もともと、沈胴できるのが嬉しくて買ったエルマーですが、それができないなら出番はなく、ほどなくして買った、ジュピター50mmF1.5ばかりで撮影するようになって、やがてはレンズにばかり興味がいくという偏ったコレクターのようになってしまいました。

また、沈胴のズミクロン50mmF2というのもありますが、あれはちょこっと引っ込むだけで、なぜにそこまで沈胴にこだわるのか、という不可思議なデザインをしています。
その後の固定鏡胴のズミクロンのデザインがあまりにかっこいいので、沈胴ズミクロンは好きになれず、結局のところ、何にせよ沈胴を避けるようになってしまっていました。

そんなわたしが、つい先日、高価な沈胴レンズを購入してしまいました。
さらには先にかいたようなミスまでして、もうこのレンズがイヤになるんではないかと心配されるかも知れません。
ところが、今回は全然そうはなりませんでした。
理由については、また後日ということにさせていただきます。
【M8/Makro-Plasmat 5cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Meyer Makro-Plasmat 5cmF2.7 | trackback(1) | comment(0) | 2012/06/23 Sat
| home | next