3K 5cmF1.5
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/29 Mon

3K 5cmF1.5
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/25 Thu

ひとり旅の愉しみ

3K 5cmF1.5
チェントンについて記載があるちょっと古い本を読んだことがあります。
何冊かミャンマー、ビルマ関連を読んだので正確に記憶していないのですが、たぶん、アメリカ人ジャーナリストによる軍事政権真っ只中のルポルタージュのようなものだったと思います。
確かこういう記述でした。
チェントンの町並みは茶色い屋根の家が連なっていて、たいそう美しい…。
わたしは、町並みの美しいところを求めて旅しているところがなくはないので、こういう記述を読むといつか訪れたいと思い、記憶はすっかり風化してしまっても、チェントン、町並み、美しいの3つの単語は頭のどこかに残るようなのです。

現在のチェントンはその本の当時とはだいぶ変化してしまったようでした。
ここ10年くらいのあいだに建てられたのだろうと分かる、まったく魅力ない建物ばかりになってしまっています。
しかし、ところどころあの本で記載されていた茶色い屋根で白い壁のこの町の伝統を感じさせる建物が残っていて、当時の様子を想像するのは不可能ではありません。
それにしても、こんな家が並んでいたとすれば、当時のルポが言及しなければならなかったのも大いに納得します。
現地の人にだってそれだけの町並みだったら自慢だったはずで、それを壊してしまうほど住みにくい家だったのか、政治的な力が働いたのか、いずれにしても残念なことでした。

作例写真は、あまりに立派過ぎて町並みを形成するような建物ではありませんが、屋根と壁の色は他の家と同じなので、チェントンを代表する家だろうととりあげてみることにしました。
ガイドしてくれた小龍クンに聞くと、ここは法律家の家とのことでした。
この地域の裁判所のいちばん偉い人が住んでいるのか、もしかしたらここ自体が英国領時代から続く裁判所なのではとも思えます。
わたしも小龍クンも英語が得意ではないので、このような話になっても正確なところが分からないのが歯がゆいですが、この程度の解釈でもチェントンを少し理解するには十分なような気もします。

チェントンだったり、チェイントン、チャイントンとこの町の日本語表記が多すぎると嘆いたところ、ラオスで出会った竜クンからチェントンはタイ語読みからの表記から取っていると教えてくれました。
わたしはその竜クンがチェントンと表記していたのを真似したのですが、結果的にそれで正解だったと安心しました。
というのはチェントンのマジョリティはシャン族で、シャンはシャムと同語源のつまりはタイ人と同じ民族だと聞いたことがあるからです。
ガイドの小龍クン(竜クンは日本人、小龍クンはシャン人ですが、ややこしくてすみません)によれば、シャン人が日常に話すシャン語はほぼタイ語と同じだそうで、テレビもタイの放送が普通に流れていました。

竜クンからまた便りがあって、今度は昆明から南に雲南地域を周ってラオス、タイと旅して来たようです。その雲南地域は西双版と言われるエリアで少数民族の坩堝ですが、多数を占めるのが泰族です。
泰族は仮名表記するとタイ族なのでやはりタイ人、シャン族と同系民族のはずです。
彼らもタイ語に近い言葉を話すのならタイ語が得意な竜クンはコミュニケーションてきたことでしょう。
そんなことを含めて彼の旅がどんなだったか報告会でもやりたいですねと返信しました。
機会があればいいのですが、彼は中部地方在住なので簡単に会うと言うわけにいかず、まだ実現していません。

かつてわたしが旅のバイブルとして読んだ高坂知英氏のひとり旅のシリーズには、旅に3つの愉しみあり、計画する愉しみ、旅しているときの愉しみ、帰ってから振り返る愉しみ、だとのことでした。
むかしは計画するのが旅行中と同じくらいの愉しみだったのですが、情報が簡単に手に入るようになると計画はそれほど愉しみでなくなり、今では旅を振り返ることがそれに置き換わる愉しみになっています。
気分を味わうだけでも旅は十分に愉しいですが、研究すると言うことはさらに愉しみを広げてくれることに気付きました。
竜クンはまさにそういうタイプの旅人でした。
旅先で唯一出会った日本人がそういう人で、本当に幸運でした。
すぐには会えないのが残念ですが、細く長く関係を築けたらと思っています。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/21 Sun

シャン州のおいしいお酒

3K 5cmF1.5
昨日書いたようにコルカタ空港で長い搭乗待ちした後、2回航空機を乗り継いで関西空港に到着しました。
諸事情あって東京ではなく関西行きを選択しましたので、今回も奈良に宿泊することにしました。
今回、タイやミャンマーで小さな仏像を手に入れたこともあって、仏像通の青年が始めた奈良町のゲストハウスに行ってみました。
予約するのを忘れて直接訪れたところ、開口一番わたしの名前を呼びながらお帰りなさいと言ってくれました。
2月の世界一周スタート時に泊って以来2回目でしたが、わたしの名前を憶えていてくれたことに感動しました。
仏像とか中国人宿泊客のこととかそんな話で盛り上がりました。

翌日、用事を済ませてから高速バスで自宅を目指します。
奈良から近鉄線の急行に乗って40分くらい、竹田という駅で降りて高架道路沿いに10分も歩くと、高速バスの京都深草のバス停に着きます。
自宅から比較的近い東名厚木バス停まで6時間の長旅ですが、ここ4ヶ月ほどで長距離バスには何度も乗っているのでなんのことはありません。
すでに2~3度乗ったことがあるバスは、3列シートでリクライニングが深くて快適です。
ただ、バスのシートの快適度でいうと、タイやミャンマーで乗ったものも同程度に感じられますので、この分野では日本に優位性は存在しないと言えます。
ただし、中国では外観のみ豪華なサスペンションのヘタレたバスが走ってますので、北朝鮮などを除けばアジア最悪と思われます。

もう少しバスのことを書けば、わたしはJRバスを利用しているのですが、この予約システムは中国並みです。
いやもはや中国でもこんなシステムは動いていないですか。
何しろ驚くのはオンライン予約にも関わらず、夜中はお休みしてしまいます。
また、的確な路線や時間を調べるのにたいへん難儀します。
チケットもすごいことになっていて、もちろんeチケットと言う概念はなく予約完了メールが届くのですが、このリンクから発車30分前以降にアクセスしてチケットページに辿り着かなければなりません。
わたしはここまで行けたことがなくメールを見せて乗車していますが、たぶん同様のトラブルが多すぎて利用者の抗議が殺到し、車掌さんが対応に疲れてメールで良しとしてしまっているのでしょう。
このサイトに英語版があるのかは知りませんが、安いJRバスに外国人利用者を見ないのはオンラインでチケット購入ができないからではないでしょうか。

そういえば、チェントン郊外で蔵元から買ってきた酒は意外にいけました。
クセのない米焼酎の澄んだ味がします。
ひとりで飲んではもったいないので、酒好きの旧友に賞味いただこうと思います。
作例写真は、その蔵元で撮ったものです。
子どもたちが一点の曇りもない澄み切った顔をしているように見えます。
彼らのお尻の下にあるのが原料の米ですが、澄んだ味の秘密を見たような気がしました。

わたしが旅してきた地域では多くの農家で自家製の酒を造っていました。
中国の雲南、貴州、湖南、四川などは有数の穀倉地帯なので、コメ、トウモロコシ、その他の日常の穀物がそのままお酒に生まれ変わります。
ベトナム北部の少数民族の村でも同様です。
酒もどぶろくのような酸っぱいのから、日本酒のようなの、焼酎タイプとさまざまで村によって好まれるものが違っていたり、オールマイティに造ってTPOで飲み分けていたり、東アジアの人は総じて酒好きだと理解してよいのでしょう。
ところが、タイではあまり自家製のお酒のことを聞きませんでした。
沖縄の泡盛はわざわざコメをタイから輸入しているそうですが、それならタイの農家で酒造りをしていないはずがありません。
わたしの調査不足でしょう。

ただ、ミャンマーの北東部のチェントンを含むシャン族のエリアは、やはりあまり農家で自家消費用の酒は造らないようです。
作例の購入したところでは量り売りはしているし、酒好きそうな旦那さんが毎晩楽しんでいそうですが、本来は大手の酒商に卸しているそうです。
中国語のパッケージがおかれていたので見ると、雲南米酒と書かれていました。
誇り高いシャン族の酒がまさか中国の酒として売られているとは、漢字を読めない彼らには知る由もないことのようです。
今や中国とミャンマーの物価はとんでもないくらいに広がってしまったので、この酒商はかなりボロい商売になっているに違いありません。
むしろ中国製でないだけに、この雲南米酒は安心して飲めるお酒ということになるのかも知れません。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/20 Sat

握手は拒んだが

Voigtlander 20.5cmF4
ダッカのレストランのポスターにあった古い建物のことをホテルのマネージャー、モハンメド君に話すと、それはプティヤのことだと思うと説明してくれました。
ラッシャヒからバスで1時間かからないとのことで、さっそく今朝出掛けてみました。
モハンメド君はとても親切で、通りまでいっしょに降りてきてくれてバスの出発地点まで行くようオートリキシャに交渉してくれました。
こういうケースではリキシャからコミッションを取るホテルマンが多いのですが、リキシャ料金はわずか30円ですので、この真面目な青年がそこから10円ピンハネしているとかちょっと考えられません。
プティヤを通るというバスがちょうど発車するところに到着して、リキシャマンがバスの車掌に何やら告げると入り口の人がさっと道をあけて通してくれました。
恐らくモハンメド君は料金交渉のみならず、わたしが乗るバスを見つけるようにも言いさそらにバスで不便がないよう車掌に伝えろということまで指示したようです。
座席は埋まっていたはずなのに子どもが移動したりして1席空き、そこへ座ってと促されました。

そんな乗車をしたのでそのあとが少したいへんでした。
周囲の人から、ユア・カントリー? に始まり、名前を聞かれ、年齢を聞かれ、仕事を聞かれし、それは他の座席の人にも伝言ゲームのように伝わり、わたしのプライバシーは乗客全員に筒抜けなばかりか、後から乗車した人にまでわたしに気付いていないのに、その情報がもたらされてしまっているようでした。
好奇心の眼がすべてわたしに注がれているような状況ですが、どうしてこんなことになるかと考えると、それはひとえに外国人がまったくいないからということでしょう。
空港を除いて、わたしはダッカで2人西洋人を見かけたほかは一切の外国人をも目撃すらしていません。
見かけた西洋人のうちひとりはカナダから来た英語の先生でしたが、もう30年もいろいろな国で英語教師をしていると言う人で、もうひとりも別に見ましたが旅行者風でなかったので同僚だったかも知れません。
わたしはただのひとりも外国人旅行者を見ていないということになります。
これまでの東南アジア諸国ではヨーロッパを中心に実に多くの外国人旅行者を見たり、会話したり、宿が一緒だったりと接してきましたが、なぜかバングラデシュには旅行者がまったくいないのですが、その理由が分かりません。

プティヤに着くと、さあどうぞという感じで周囲の乗客にうながされ、古い建物があるのは向こうの方ですと教えてもらいながら下車します。
乗り込む人はバスが発車しかけている中なので、なんであいつにだけ親切なんだと不思議に思ったかも知れません。
テンプルはあっちと表示があったので、町の道を10分も歩くと忽然と作例の建物が現れました。
何もないようなところで突然見たヒンズー寺院は衝撃です。
いずれも遺跡なのでわたしの本来の好みではありませんが、18~20世紀に王朝もあったため建築様式の違うヒンズー寺院が10基ほども残されたというのは、歴史的に見ればたいへんなことです。
建築ファンの人、遺跡マニアの人は、知名度が低いバングラデシュのプティヤは観光客がほとんどない中でじっくり見物できることからもお勧めしたいと思います。
ラッシャヒのエリアにはこのほかにも実に多くの遺跡があると聞きましたので、併せて行かれてみてはいかがでしょう。

バスを降りたところに戻って食事をしようと考えていたのですが、暑さとバングラデシュのワンパターンの食事を考えると気が進みません。
そんな時、電車の中などでラッシャヒに行ったらマンゴーが名物なので食べるよう言われていたことを思い出しました。
道端に自分の家で採って来たと思われるマンゴーをいっぱい並べた朴訥とした農家のおじさんがいたので、マンゴーはここで切ってもらえるか聞きましたが、言葉が通じません。
しかし、この程度のことなら言葉はなくとも仕草で通じるものです。
マンゴー3個を切ってもらいその場でぱくぱくと一気にいただきました。
よく言う熟しきったものとは違うみずみずしいタイプで、癖のない自然の甘さが舌でとろけてこんなに旨い果物は何年も食べていないと思えるほどでした。
いくらか聞くと、食べっぷりのよさを気に入ったのか、金はいらないというではないですか。
いや、そんなわけにはいかないと押し問答になりましたが、ついに1円たりとも受け取ってもらえませんでした。
わたしがあったバングラデシュ人の中でいちばんフレンドリーだったと言えるのがこの人です。
このやり取りのせいで、人がわっと集まったので、この中からおじさんのマンゴーを買ってくれた人がいればよいのですが。

モハンメド君は、時間があればさらにナトールという町にも同様の遺跡があるのでいかがかと勧めてくれていました。
ナトールは地図で見るとラッシャヒの少し離れた隣町という存在で、そのちょぅど真ん中にプティヤの町があります。
つまりさっき乗ったのと同じ方向のバスに乗れば、バングラデシュの文字が読めなくても、仮に言葉が通じなくても簡単に行けるはずと気付いた通り、わたしにしてはごく簡単にナトールまで到着しました。
しかし、遺跡まで行くとゲートがあって入場料500タカ(約800円)ほどだと言います。
バングラデシュ人の料金は10タカだというので、そんな極端な二重価格を付けるからこの国には外国人が来ないんじゃないかとチケット売り場で悪態をついて、切符購入をあきらめました。
せっかく来たのですから見ない手はないのかも知れませんが、あっさりあきらめるところがわたしが遺跡に関心が薄いことを示しているのです。
仕方なく遺跡の入り口近くのお茶屋さんで紅茶を飲みましたが、支払い時に値段を聞くと4本指を立てたので40タカ(65円くらい)渡すと、違う4タカだと怒られました。
ティーバッグとは言え熱い紅茶が7円弱とは、これで商売になるんでしょうか。

ナトールでは親しげに話かけてきた人たちと話をしているうちに、ロンギーを買うことになりました。
わたしはミャンマーで愛用していたロンジーが、バングラデシュではロンギーとして愛好されていることを知ってここでも着続けていたのですが、違いがあるのか聞いたところ、それなら買ってしまってはどうかと言われたのです。
ロンギーは、ロンジーよりも2まわりくらい大きいことが分かりました。
ロンジーはウエストのところで巻いていましたが、ロンギーではお腹のところくらいで巻かないと下を擦ってしまいます。
そんなことが分かっただけでも購入の価値ありと思って彼らに礼を言って別れようとすると、我々は仕事がない金をくれと言われました。
それまで友達だなんだと言って接していただけにショックを受けて、わたしの友達には貧乏な奴もいるが金の無心をされたことは誰一人としてない、すまんが今まで話したことはすべて忘れてくれと彼らの握手を拒否して立ち去りました。
お互いにかなり後味が悪かったと思います。
お金をくれの部分はともかく、バングラデシュの地方に来れば仕事がないは現実でしょう。
貧乏旅行というレトリックに富んだ言葉が、しばらくわたしの頭から離れませんでした。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/17 Wed

シェイクスピアの青年

3K 5cmF1.5
朝、目覚ましの音で目を覚ましましたが、それ以上によく聞こえたのが雨の音でした。
気になって窓のカーテンの隙間から覗くと、前の道路が完全に冠水して川のようになっています。
このオールドホテルは川に面していてリバーサイドにあることを自慢にしていましたが、大雨で両サイドが川になってしまうとは…。
しかし、コロンボでも同じことを聞きましたが、なぜか雨が降るのは夜が多いらしく、シャワーを浴びて朝食をとっているうちに雨はあがって、いつの間にか洪水かと思っていた道路もほとんど水は引いていました。

昨日会った青年が、サッカーのワールドカップアジア予選の試合かあると言っていたので、それを観戦してから、夕食を食べた食堂のウェイターから古い建物が多いと聞いたラッシャヒという町に夜行列車で行くことにします。
スタジアムと駅は比較的近いのですが、昨日の続きでホテルから駅までが難儀しました。
タイならトゥクトゥクと呼ばれる3輪タクシーで向かったのですが、やはり渋滞の連続でわずか7キロに1時間半かかってしまいました。
この3輪タクシーがタイのトゥクトゥクと違うのは、客用の座席が細かい格子で囲われていることで、客を引ったくりから守るためか、客が支払い前に逃げないためか、いずれにしても独房に入れられたような激しい息苦しさを感じます。
何かひどいなあと気分悪く乗車していましたが、自動車やバスに邪魔扱いされながら排ガスの中をふらふら走る3輪タクシーの動きを見ていたら、もっといい仕事をしたいと考えながらも3輪タクシー以外に仕事を見出せない運転手の方が、むしろ独房に入れられて身動きできないも同然なのだと思えてまた辛くなってきました。

残念ながら当日のラシャヒ行きは売り切れていて、明日の6時の便があると言うので購入しました。
すると、そのやり取りを見ていた隣の窓口で切符を購入していた青年が、手助けが必要かと近づいてきました。
切符は買えたので大丈夫と言ったのですが、彼はこれから行こうと思っていたオールドダッカに住んでいる大学生で今日は講義がないからこれから案内すると言います。
駅でこういう手合いはあまりに怪しいので一旦は断ったのですが、意外にも向こうから学費の足しにしたいのでガイド料をくれればと言ってきたので、値段を聞くと200だというのでたった300円なのでOKしました。

彼の名はハサン、イスラムの名前はみな同じだなあと思っていると、彼は無宗教だと言います。
5年ほど前に宗教を理由に対立ばかりしているのに憤ってイスラムを捨てたそうです。
だからポークは好きだし、ビールやワインも飲んだことがある、苦手だけどと微笑んでいます。
大学の専攻は英国文学でシェイクスピアを勉強していると言いますが、もし、わたしがシェイクスピアを読んだことがあれば内容を追及するなりして彼のウソを見抜けるのではと考えましたが、読んだことはないのでこれは断念します。
とにかく、おかしなことはないか様子をみようと案内に従えば、実に的確にわたしをいろいろな場所に連れて行ってくれます。
オールドダッカにはもともと名所と言うものが存在しないのかも知れませんが、観光客が見たがるものではなく庶民の生活をというリクエストを出していなかったにも関わらず、そんな場所ばかり行くのでわたしは楽しくて仕方ありません。

まずは市場からで、野菜や果物の山は首都の市場らしいのですが、その直後に品物がどういうルートで運ばれてくるかを教えてくれます。
市場の南端は河口に面していてそこにおびただしい数の小舟がつけられ、バナナやパイナップルが荷役の頭に乗せられ次々と運ばれていました。
そのあと楽器屋街で平置きして使うアコーディオンのような楽器を弾いてもらいました。
木の本体にメーカー名が刻印してあったので大きい会社なのかと聞くと、それはウチのことだと言い、その楽器を製造しているのがまさにその店だと、裏で職人が製造しているところを見せてくれます。
さらにはヒンズー寺院に飾る神々の像を作っている人の紹介があり、これはカリー神でこちらはシバ神などと説明しながら2週間ほどでできるからあなたも何かオーダーしないかと勧められます。

こんな調子で書いていたらキリがないですね。
サッカーも彼と一緒に見ましたが、チケットはブラックマーケットで買うと言うので高いかと思えば逆に1枚150円が2枚200と安くなっていました。
先制したバングラデシュでしたが、残念ながら後半40分過ぎにフリーキックで追いつかれ無念のドローも、かなりの盛り上がりを体験しました。
サッカーが終わるとすっかり暗くなってここで彼とはお別れかと思ったのですが、ホテルの近くに仏教寺院があるからとなおも案内してくれました。
こうなると何か法外な請求があるのではと不安は高まるばかりです。
ホテルに着くやまたダッカに戻ったら電話してと連絡先をくれたので、わたしは言われた金額ですと手渡すと彼はにこっと笑いながら明日から気を付けてと暗い街並みに消えていきました。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/15 Mon

わたしの町へおいで

3K 5cmF1.5
やはりというべきかホテルのウェイクアップコールはすっかり忘れられて、迎いのバスが来たと4時25分に起こされます。
慌てて身繕いしてワゴンに乗り込み真っ暗なニガンボの町に別れを告げました。
わたしは前日にバンコクでコロンボ経由ダッカまでチェックイン済でしたので2時間も前に着く必要はありませんが、ただで手配してもらっていて文句を言えるはずもなく、空港でぼんやりしているしかありません。
フライトはさいわい時間通りで、到着後さっそくバングラデシュのアライバルビザの列に並びます。
前夜は気付いたら寝ていた状況なのでダッカのホテルは予約しておらず、ビザの前提が宿泊の確保とのことで係員と揉めますが、適当なホテルの名前を書かされ、前の中国人が支払っていたビザ代もなぜか不要で放免されました。

ホテルの予約を忘れていましたが、さいわい空港でWIFIが使えたので、ホテル予約しようとしていると、ウチは空港一ホテルが安いのでと係員が来たので、あまり期待せずに付いていきました。
やはりホテルは80ドルだと言うので高くて泊れないと言うと、60ドルに下げるがどうだと聞きますがやはり高いと断りました。
50ドルではダメかと聞き、ホテルまで送迎しての最後の価格は40ドルだと言うので悩んだ末OKしました。
しかし、着いてみるとそのホテルは最初の80ドルのホテルとは別で、そのホテルのボトムは60ドル、こちらは50ドルのところが40ドルまで値引きできる別ホテルということのようです。
老朽化激しいところでやられたと思いますが、確認せずにOKした自分の責任です。

ホテルまでの道のりがまたたいへんでした。
空港から8キロと聞いていましたが、とんでもない渋滞にはまり何と2時間かかりました。
そのワゴンには恐らく80ドルのホテルに向かっていたと思われるインド人親子が同乗していましたが、自分たちのホテルがここではなくまだ7キロ先と聞いて白目が飛び出さんばかりに驚き嘆いていたのが印象的でした。
道路では渋滞でどうにもならないのに無暗にクラクションを鳴らすのが多く、排ガス公害と合わせてイライラさせられます。
中国やその他の東南アジアでもあることですが、ダッカでのクラクション公害はより深刻です。
あまりにみんなが鳴らすので誰も音に関心を持たず、それにイライラしてもっと長くクラクションを流し続けることが輪をかけていました。
こういうシーンだけ見ていると、そこをどけ俺が通るんだとわがままを言っているガキんちょが大量にいるようなものです。
バングラデシュは小さな国家を除くと世界一の人口密度だそうで、あいつがいなくなっても次のが来ての繰り返しでメビウスの輪の真理を見たような気分でした。

こんな状況にひとり置かれてその国を好きになれるでしょうか。
もともとインドへの強い偏見があったわたしには、すぐに耐え難いまでの状況になり。
この国で何をどうするかも決めていなかったこともあって、途方にくれながら町を歩きました。
15分も騒音に耐えながら進んでいくと鉄道駅があり、さっそく特急と思しき列車が通過していきました。
線路上に多くの列車待ちの人が待機していましたが、気付いたらみんな線路脇に避けて特急をやり過ごしていました。
感心していると青年が話しかけてきて、しばらく仕事のこととか雑談をして、彼の同僚とボスだと言う人も加わって何と言うこともない話が続きました。
そこへローカル列車がやって来ました。
予想通り列車は満員で、テレビなどで見るようにドアからは人があふれて屋根にも何人かが当たり前のように乗っかっていました。
3人は隣町まで1時間半の道のりを通勤していると言っていましたが、毎日だったらわれわれの通勤の大変さの比ではありません。

手を降って見送っているとボスのおじさんが、いっしょに行こう、ヘイ・カモン!とわたしに乗るよう誘いました。
えっ、と思ってから、一瞬行ってみるかと考えました。
常識的に考えればこの状態がすでに危険ですし、更にこの後の駅もあって深刻度は増すでしょうし、明日の朝はもっとひどいかも知れません。
ところが、どうにも距離を感じていたバングラデシュに対して、カモン!と言われたときに、その間の距離が蛇腹を一気に収縮するように縮まったような気がしたのです。
彼ら3人が強く来いと言うポーズをとったところで現実に引き戻され、やはりまずいよなと思って明日また会おうと答えました。
事前にフェイスブックのアドレスを教えてコンタクトもらうことになっていたので、そのやり取りで明日ならそっちへ行ってみるかとも考えます。
彼らは、ぎりぎり辛うじてドアの手すりにつかまっている状態で、じゃあまた明日と握手したときはわたしの指先の力で地面に落とされれるのではと心配になるほどでした

帰り道は雨模様で、傘を差さざるを得ませんでしたが、意外なことにヘジャブを被っている女性で傘を差す人はほとんどなく、この民族衣装の便利さに感心したりしました。
そんな矢先見かけたのが今日の作例の風船売りの女の子です。
信号待ちのバスの乗客に売込みしていますが、商談が成立した気配です。
ここで問題です。
このあとどうなったか次の3つから当ててみてください。
①風船が2つ3つ破裂して通りが一瞬静まる
②乗客がすべての風船を買ってバスの中に無理やり入れる
③撮影していたわたしに少女から金をよこせと言われる
はい、みなさん全員正解です。
見ている間に①から③まですべてが起きて、少女に追いかけられながらこれぞバングラデシュとわたしは絶句するしかありませんでした。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/14 Sun

タイ猫の生活

3K 5cmF1.5
2月末に旅を始めてからすでに3ヶ月半が経ってしまいました。
歳のせいで時間が早くて困りますが、それ以上に旅をしていること自体が時間を加速させているようです。
これまで日本を含めると、韓国、中国、モンゴル、ベトナム、ラオス、タイ、マレーシア、シンガポール、ミャンマーと十ヶ国を旅したことになりますが、モンゴルを除けばいずれも訪れた経験のあるなじみのある国ばかりです。
これからバングラデシュを振り出しに、わたしには未知と言える南アジアと中東に入っていくことになるので心と体の準備が必要です。

南アジアにはかつて一度だけ滞在したことがあります。
アメリカの航空会社が世界一周の格安航空券と言うのを売り出して飛びついた時ですから、いまから20年近く前のことではないかと思います。
単純にヨーロッパ往復にすればいいだけのところ、東京-香港-デリー-ロンドン-サンフランシスコ-東京というチケットを買いました。
eチケットのない紙航空券の時代ですので、5枚綴りになったチケットは目的地を含めて単純な欧州往復よりも魅力的に見えました。
そのとき、デリーでは降機せずにそのまま通過ということもできたのですが、せっかくだからと次の日の同じ便に乗ることにして1泊しました。
初インドはわたしにとって耐え難いもので、あちこちで金を要求され、友達だからと案内してくれた奴にまで最後にガイド料よこせと言われ、暑さに倒れそうになり3食すべて激辛カレーと何一ついい思い出がありません。
インドは旅人に人気の高い国ですが、わたしに限っては2度と行こうという気にならない地図上から消したくなる国になっていました。

中東ではUAEに行ったことがあります。
今でこそ世界一高層のホテルとか中東きってのリゾートとして人気があるようですが、やはりわたしが訪れた20年前は未知のベールに包まれた国でした。
大きなインド人街が町中にあって労働はインド人が、公務員的なことはUAE人がと仕事が住み分けられているように見えました。
当時の日本も同様だったでしょうから偉そうなことは言えませんが、自分たちは楽なことをやって辛い仕事を外国人に押し付けている嫌な奴らのように感じた記憶があります。
英語はよく通じたにも関わらず、どうも相手が見下して話しているような感覚がつきまとって、結局、誰一人として親しい間柄になるというようなことはありませんでした。
イスラム社会に対する偏見ができた一因もこのときのUAE旅行だったように思います。

いずれにしても南アジアや中東地域によい印象を持っていないことは確かです。
経験上、相手国の人や文化をリスペクトする気持ちが無ければ、好い旅はできません。
日本を出発してからすべての国でそれなりに好い出会いを持ちそういう旅を楽しみ続けてきただけに、この勢いでバングラデシュに入ってしまうと、一気に気持ちが沈んでしまってこの国の民度はどうだとか、だから貧しさから脱出できないとか、そういう方向に旅が思い通りにならないことを言い訳することが目に見えています。
そこで気分をリセットするためのバンコクでの休息ということにもなったわけです。

さて、今日もなじみの宿を出て、なじみのソムタムを食べ、なじみのマンゴースムージーでクールダウンします。
ただ、今回はホテルに戻らず、タクシーにも乗らずで、乗合トラックのソンテオで目的もなく少し開けたところまで出てみました。
ソンテオは高架鉄道駅の少し先まで行っているようで、みんなが駅で降りる中、終点まで乗ってみました。
ソンテオの溜まり場のようなところへ出てしまい、しまったと思いましたが、そのまま道高架鉄道の下の道路を進むと、ちょっと変わった店などが並んでいて興味を惹かれました。
面白かったのは、バイクタクシー運転手が着る番号の入ったチョッキのような服の店が集まった一角で、みんなこういうところから仕入れているのかと感心しながら撮影していると、店主と思しきにこやかな男性からあなたも1着作ってみてはと勧められました。

さて、作例はそのさきにあった何屋さんか不明の店ですが、ショーケースの上の猫の居眠りに微笑ましい気持ちでいると、おばさんにケースの中を指さされました。
猫が斜めあおむけになってバンザイしながら難しい体勢のまま熟睡していました。
どうやらこのあたり一帯の名物猫らしく、通りかかる人みんなが様子をちょっと観察したりしながら通り過ぎて行きます。
わたしが撮影しようと道に出ると車が来たのですが、避けようとするわたしにいいよいいよ先に撮影しなと運転手が手で合図してくれます。
こんな寝姿アイドル猫に会えたのは、一見不便と思える旅行者が敬遠するような下町ホテルを選択したからとも考えられます。
この猫によってバングラデシュモードに入れたような気がしてきました。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/12 Fri

アイスか梅干しが原因

3K 5cmF1.5
前回も泊った宿ですが半年の間にずいぶんボロくなった印象があります。
冷蔵庫がなくなっていたり、ロビーでタバコを吸っているのがいて何度も注意しなくてはならなかったり、大声で夜中に会話する連中がいたり、どうも中国人が泊まる宿はいいと思っても次に同様のクオリティは期待できないような気がします。
ここに2泊以上するのが耐え難くなったところに食中毒でしょうか、突然お腹をやられました。1時間ほどの間、ほぼ5分に1度トイレに駆け込むような状態になりました。
無茶のできなさそうな状況で、バンコクに戻る決断をしました。

旅はもともと西に向かってなるべく陸路でと考えていたのですが、ミャンマーには大きな壁があって、先日はチェントンからタウンジーまでのバスが利用できずに高い航空便を利用せざるを得なかったのですが、今度はミャンマー西側の国境はすべて外国人には閉鎖されているとの情報を得ました。
ミャンマーの西はバングラデシュとインドに国境を接していますが、インド側は政情不安定のため通れないことを承知していました。
しかし、問題ないはずのバングラデシュとの国境も通れないとは考えていませんでした。
ロヒンギャ問題がここのところクローズアップされていますが、それと関係あるのでしょうか。

旅行社でその話を聞いて、ネット検索等で調べましたが正確な情報はなく、少なくとも日本人の旅行者は国境を抜けられないのであきらめるようにとのようなことが書かれた文章を散見しただけでした。
その時点では、とりあえず国境まで行ってみて、運が良ければ越境しダメならあきられるという程度に考えていたのですが、道のり的には楽なものではなさそうでした。
ダメな可能性が高いので、空路の場合どうなるか格安航空券についても調べてはいたのですが、体調が悪くなったことでチャレンジ精神は一気に遠のいて、楽する道に傾いてしまったのです。

鉄道にしろ航空機にしろ少し離れた目的地までの手段が複数ある場合、その最適手段を探すのがけっこう楽しくて熱くなることがあります。
ヤンゴン~ダッカの格安航空券がまさにそうで、単純に直行便ですと3万円くらいして面白くもないですが、経由便にするとバリエーションが出て楽しくなります。
バンコク経由の方が少し安いことが分かりましたが、ここでバンコクからダッカの航空券を別途買った方がもっと安いんじゃなかろうかと気付きました。
すると、バンコク発コロンボ経由ダッカ行と言うのが見つかりました。
料金的には2万円ほどであまり安くないのですが、コロンボ乗り継ぎが20時間となっていて、当地に11時に着いて翌日7時の便でダッカへ向かうようです。
わずか1日弱ですが予定になかったスリランカに寄れると言うのは魅力的です。

ヤンゴンからバンコクまでどうするかという問題があり、陸路で丸1日かけて行くつもりでいましたが、LCCで最安7千円と言うのがあるのが気になっていました。
この路線は朝と深夜に2便あり、時間の悪い深夜の方が安くなっているのですが、それでも1万円くらいして最安はだいぶ早目に予約した場合に適用されるようでした。
ところが、お腹の調子が悪くなったことでその航空会社のサイトを何気なく見ると、今日の午前便は出発済み、午後便は最安価格と表示されていました。
おそらく当日の午前便が出発した時点で午後便の価格が下がると言うシステムなのだと思われ、これはチャンスだとその場で予約し、スリランカ経由の方も数日先でしたが続けて予約してしまいました。
一般に格安航空券は当日予約は不可ですが、オンラインで管理されているLCCはこんなことができるんだと感心しました。

さて、作例はお腹に影響があったかも知れないアイスクリーム屋さんです。
前々回来た時に気付いて利用していましたが、この日に再発見して80円ほどのマンゴーのアイスを舐めながら撮影しました。
背景の建物はかなり古そうなイギリス統治時代のコロニアル建築で、それを見ながらのアイスの休憩がまた格別です。
お腹への影響の可能性ではもうひとつあって、近くのスーパーにUMEBOSHI NON SUGARという不思議なドリンクがあったので買って飲んでみたのです。
これが恐るべきことに、梅干しをごく少量の水で溶いただけのもののようで、強烈な酸っぱさに一口飲んでは水を200ccくらい飲むを繰り返して完飲したものです。
瓶の底に梅干しの種が大量に残っていたので数えてみたら45個もありました。
たぶん一気に梅干し45個食べたのと一緒の行為をしたということです。
これでお腹が何ともないはずはないでしょう。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/10 Wed

神奈中バスでヤンゴンへ

3K 5cmF1.5
昨夜乗ったバスはヤンゴン行きのVIPバスでノーマルバスとはだいぶ違いがあるようです。
料金はノーマルが2-2の4人掛けで15000チャット、に対してVIPが1-2の3人掛けで22000チャットと800円ほども差がありましたが、広さを理由にVIPを選択しました。
車内は国際線航空機のようにモニターと映画や音楽などのプログラムが設置されていて、リクライニングはたっぷりあってたいへん快適でした。
7時半出発と聞いていたのに6時半にバスはやってきて、これから夕食は何にしようと考えていたのに食事は途中のドライブインになってしまいました。
8時半にその食事を終えるとすぐに眠ってしまい、途中のトイレ休憩などで起きたりはあったものの到着の6時までかなり眠れました。
到着後すぐにタクシーの客引きが押し寄せますが、到着した場所が分からず彼らが言う10000チャットが正当なのか測りかねて、ヤンゴン中心まで行くバスに乗り込みました。
こちらは3000チャットで悩む余地はありません。
わたしの地元、神奈中の塗装そのままのバスだったのも気に入りました。

バスは6時着だと聞いたので弱気ですが、ヤンゴンのホテルを予約してしまいました。
前回訪れたときと同じチャイナタウンの安宿で、いろいろ問題のあるホテルですが、土地勘があることと、WIFIが前回好調だったことを決め手にしました。
さすがに7時に行ってもまだ部屋が空いていないとのことでしたが、荷物を預かってもらい9時頃にチェックインさせてもらうことになりました。
半年前に来たばかりのヤンゴンですが、その時利用した屋台のソバ屋やジュース屋は同じ場所になく寂しい思いをしました。
同じ場所に同じような屋台が出ているのですが、何度か利用したわたしが記憶している人にはひとりも再会できません。

さすがにバスの長旅で疲れていたので、午後はのんびりと仏舎利である聖地シュエダゴンパゴダのすぐそばにあった骨董品屋を訪れてみることにしました。
ミャンマーの仏像探しです。
タクシーで行けば簡単ですが、さすがに今回がヤンゴン3度目なので公共交通機関を使えないではダメだとバスで行くことにしました。
今度は日本のどこかの地方バスのおさがりでどこのバスかなとぼんやり見ているうちに、明らかにシュエダゴンパゴダは通過していました。
車掌にシュエダゴンと告げていたので、どうして教えないんだと言うと素直に詫びてここから歩いてくれと降ろしてくれました。
シュエダゴンパゴダの塔がはるかかなたに見えていて、やれやれ30分は歩きそうです。

本来なら大失敗のはずですが、カバンの中の旅仏が仲間を呼び込んだのでしょうか、少し歩くといかにも何かありそうな骨董屋が見つかりました。
大きな時計とか家具とかが目立ちますが、これらは戦前にビルマを統治していたイギリス人が地元から持ち込んだものとのこと。
魅力的ですが、大きなものを買ったとしてもどうやって持ち帰るか、持ち帰ったものを狭い家のどこに置くかなど最初から買いたいなどと思わない方がよさそうです。
人の好さそうな店主に小さなブッダを探していると言うと、店の奥に導いて、秘蔵ケースのような中を見せてくれます。
ほとんどが大きすぎてやはり持ち帰り困難で、小さいもの2点について説明してもらうと、1つがシャン州の100年ほど前のものだと聞き、関心を持ちました。
もちろん欲しそうな顔をすると足元を見られるので、感情を表に出さないよう注意しています。
こんなものもあると言って取り出してきたものに、仏像を飾る木彫の台座とミニチュアのパゴダのようなものがあり、その3点をもらうことにします。

3点で150000チャットとのことですが、欲しいが高くて買えないというような交渉をして粘り、それでもやっと135000チャットにするのが精いっぱいです。
説明が正しければ十分すぎるくらいに安いと思われたので手を打ちましたが、現金が100000チャットしかなく35000チャット足りません。
わたしがタイバーツも所有しているのを確認して、もう100バーツくれればよいと言ってくれましたが、70バーツしかなくそれでOKしてもらいました。
あとで計算してみると35000チャットはおよそ4000円で、100バーツは400円ですので、店主が1桁間違えて計算してしまったのか、もともと価値のないものなのでいくらでもいいからもらえれば好いということだったのか、前者であればと願わずいられません。
続いて少し先に骨董屋が2軒並んでいてやはり仏像をと言うと、ミャンマーの法律で仏像を外国人に売ってはいけないことになっていると断られました。
もう1軒でも同じことを言われたので事実なのでしょう。
だとすると、最初の店で手に入れたものはやはりフェイクか…。
ちなみに、この店にはビュッフェの油彩が店主の側からだけ見えるように置かれていて、それを自慢にしていると見せてもらいました。
ビュッフェには関心なかったですし、絵も気に入るようなものではなかったので話半分に聞いていましたが、骨董仲間が50年前にヨーロッパ旅行して手に入れたもので、つい先日フランス人が来て4万ユーロで売ってくれと言うのを断ったそうです。

さて、今日の作例は、神奈中バスがスーレーパゴダで折り返したところで、目の合ったミャンマー美少女です。
美少女なんてバスの中のどこにいるんだと憤る向きにはミャンマー旅行は厳しいかも知れませんね。
わたしは彼女のような女性が見つかれば、美少女発見と興奮していたものです。
前にも書いたような気もしますが、ヤンゴンを走るバスは路線ごとに日本の各社のバスが採用されていて、神奈中を使っている路線は複数ありそうです。
バスの前面にはそのまま日本語で運賃後払いと書いてありましたが、車掌によって先払いさせられます。
また右ハンドルはそのままですが、ミャンマーでは道路は右側通行なので、もともとあった左側のドアは開閉できなくしてあって、右側につくられた開けっ放しのドアから乗車します。
車内広告がそのまま残っているバスも多い中で、残念ながら神奈中は中に何もなく、乗車してしまうと日本のバスに乗っている感覚は起きません。
推定40年前の古い車体ですが、このあとヤンゴンで何年くらい活躍するのでしょう。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(4) | 2015/06/09 Tue

機械も休む町

3K 5cmF1.5
昨日の楽しい気分は朝まで続きましたが、その後は最悪になってしまいました。
チェントンの電力は水力で賄われていて、毎年この時期は雨期に入っているので電気はくまなく供給されるのですが、今年は日本の5月がとても暑かったようにこちらも天候不順で雨期に入りきらず、水不足から夜11時~朝5時に電力会社の方針で電気がピタッと止まるとの注意をチェックイン時にホテルスタッフから受けました。
通常の生活ならその程度のことで影響はあまりないはずで、旅行者はエアコンが突然止まったり、夜間のうちに携帯やカメラなどが十分に充電できなかったりその程度のことですむところです。
夜中に喉が渇いてビールが飲みたくなったらと言う問題がありましたが、意外と電気が停止して数時間経っても飲み物は冷たさを保持していました。

しかし、昨夜に限ってわたしや地元のファンには大きな問題がありました。
チャンピオンズリーグの決勝がミャンマー時間の午前1時15分にキックオフになるのですが、このままでは大切なバルセロナ対ユベントスの試合を見られずに泣くことになります。
たまたま別のホテルで休憩にビールを飲んだ時に、この宿の夜間勤務のおじさんとサッカーの話をしていて、チャンピオンズリークがこのままでは見れないを嘆いたら、ホテルに自家発電機があるのでそれで見るつもりでいたが、よければ1時過ぎにおいで、いっしょに見ようと誘ってくれたのです。
彼もバルセロナファンだったために偶然にも幸運を得ることができました。
結果は皆さんご存知の通り、バルセロナが勝利したのでクラブワールドカップに来日して彼らの勇士がまた見られることになります。
ただ、とても残念なことに、夜中に激しい雷雨があってテレビの電波が25分も来なくなる
トラブルがありました。
おかげで前半の1-0が2-1になったところが見られなかったのですが、雨が降らないために電気の供給が止まっていたのに、雨でテレビが中断とはあまりに皮肉です。

この日はチェントンからタウンジーと言う町へ移動するつもりでしたが、この区間は政治的紛争地域のため外国人立ち入り禁止になっていて、バスの移動ができないという情報を竜クンからもらっていました。
わたしも確認してみたのですが、手配師のような人の協力で現地人に紛れてバスで突破する手がなくはないというような情報もあって、わたしは以前に購入していたミャンマーの国民衣装ともいうべきロンジーといかにもミャンマー人が好んで着そうなチェック柄のシャツを持参して陸路移動に挑戦するつもりでした。
ところが、その手配師を見つけることができず、ホテルスタッフや旅行社で聞いてみたところそんなことは不可能と一蹴されてしまいました。
バスでの移動にも身分証が求められるからと言うので、恐らく手配師と言う謎の人物氏はその身分証を偽造してかなりの手数料を取るということなのでしょう。
タチレクからチェントンに向かう時もバス会社の人がわたしのパスポートを何枚もコピーして、2枚余分にコピーしちゃったからとわたしに余りをくれるくらいでしたので、外国人に対してシビアなのは承知していましたが…。

そこで航空便での移動になるのですが、タウンジーに近いヘーホーまで120ドル、ヤンゴンまでなら165ドル、支払いは米ドルキャッシュのみで、ミャンマー・チャットの支払いの場合不当なレートが適用されていました。
ミャンマー政府は外貨を得るために外国人のホテル代や航空券の支払いを外貨建てにしていて、旅行社の人はわたしからミャンマー・チャットで受け取って、町のブラックマーケットで米ドルに両替して政府に上納します。
いまの時期は旅行シーズンではないので、米ドルの流通量が極端に減っているらしく、公定レートよりもだいぶ高くブラックマーケットで米ドルを買わなくてはならないために、米ドルを持たない外国人はとんだ割を食うことになります。
クレジットカードで米ドル建てで支払できないか航空会社にも問い合わせましたが、ダメだとあっさり言われてしまいました。
そんなことなら、またタチレクからタイに戻ってしまおうかとも思いましたが、ミャンマーは不思議な魅力があって、120ドル相当のブラックマーケットレートのミャンマー紙幣を支払ってヘーホーに行きました。

ここで問題が立て続けに発生します。
予期せぬ出費で現金がほとんどなかったので、ATMでキャッシングしようとしたのですが、チェントンの2つの銀行は日曜は当然休みで、さらにATMまでも日曜は電源がOFFになっているということをその時知りました。
手持ちはわずかに700円ほどで、空港に行けばATMがあるのではと期待しましたが、こんな田舎の空港にそれを期待するのは間違いでした。
ヘーホーの空港はどうかとわずかな望みをかけますが、ATMはあるもののやはり日曜で動いていません。
およそ30人ほどの乗客がヘーホーで降りましたが、それを待ち構えていたタクシーが次々と客をさばいていきます。
バス等はないか聞きましたがタクシーのみだとのことで、ヘーホーへは徒歩1時間ほどと聞いて歩いて行こうとすると、他の客を乗せた運転手が30キロ離れたシュイニォンというところまで500円で乗せてくれると言うし、シュイニォンからバスでインレー湖という景勝地までいけば、銀行はやっているはずだと教えてもらい素直に従いました。

シュイニォンではインレー湖畔の町ニォンシュイまで100円の乗合バスが見つかりましたか、続いての問題は、ニォンシュイの入り口で検問があって外国人は町への入場料10ドルを支払わなければいけないと言われたことでした。
米ドルキャッシュは実のところ50ドルほど持っていたのですが、それはインドビザ取得の際米ドルが必要だと聞いていたからで、こんなところで10ドル使うとビザ取得できなくなります。
キャッシュが無い事情を話すと、荷物をここに置いて町中の銀行のATMでミャンマー紙幣を引き出してきて支払せよと言われます。
さすがに外国人旅行者が多い町だけにATMは電源が入っていて、いくばくかをキャッシングできましたが、その中からミャンマー政府のために支払するのがばかばかしくなり、博物館や寺院が入場料を徴収するのなら分かるが、なんでミャンマー政府のために金が払えるか、そもそも金を取りながら道路はでこぼこでインフラ整備もしていないのに10ドルは何のために使われているんだなどと係員に文句を言ってけんかになり、結局、また乗合バスで引き返してしまいました。
インレー湖はミャンマーでも1・2を争う観光名所ですが、このとき頭に来たためすぐ直前まで来ながら見ることを諦めました。
悔しいので、インレー湖には行くな、政府が私腹を肥やそうとしているのに加担するな運動でも展開してやろうかと思っています。
ちなみにシュイニォンとニォンシュイは5キロほど離れた隣町同士で、名前は前後をひっくり返しただけでややこしかったのですが、東京と京都もTokyo, Kyotoとなるので外国人にはやはりややこしいのだろうなと、揺れる乗り合いバスの荷台の座席でふと考えたりしました。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/07 Sun

耳飾りの人々

3K 5cmF1.5
チェントンがあるシャン州はこの国では少数民族に当たるシャン族がミャンマー政府に抵抗して、何年か前までは戦争状態で外国人の立ち入りも制限されていました。
しかし、平和協定が結ばれて外国人観光客に開放されると、一気に経済が開花したため古い建物を立て直してしまうところが相次ぎ、魅力だった古い街並みがあっという間に消失してしまったようです。
今でもところどころに白い壁に茶色い屋根の家が散見でき、当時の雰囲気を想像することは可能です。
建築様式等詳しいことはよく分かりませんが、イギリス式コロニアル様式が元ではないかと思われ、とても美しく感じられます。
誰が見ても素晴らしいものに世界遺産のお墨付きを与えて得意になっているだけではなく、こうような地方の町が景観を維持するための何かとか、ユニセフはもう少しまともな活動ができないものでしょうか。

ホテルにはふたりの若者が当直していて、ひとりは日中ツアーガイドの仕事をしているとのことでしたので、少数民族の村のトレッキング等できないか相談すると、たまたま明日からガイドに対する講習会があるため連れて行くことができないとのことでした。
しかし、もうひとりの青年も父親がガイドをしているとのことで、バイクになるがよければ
案内してくれると言います。
通常は4駆を使って60ドルのところバイクなので20ドルでよいと、むしろ条件がよかったですし、彼は勉強中でしたが中国語を話せるというのでその面でも好都合でした。

彼の当直は8時に終わりますが、ほとんど当直中は寝ているから大丈夫とそのまま出発しました。
ガイドをかってくれた青年の名は、ロン・ペ。
苗字は分かりませんでしたが、ロンはシャン族の言葉で大きなとか偉大なという意味で、彼が長男なのでこの単語が使われ、ペはルビーと言う意味で、たぶん輝きある人生を送ってもらいたいとの両親の願いが込められているのでしょう。
2月に結婚したばかりで、新婚の奥さんのお腹には子どもがいるそうです。
写真で見るととても可愛らしい顔立ちで、シャン族ではなくラフ族なのだとのこと。
結婚がきっかけで彼はモンラーという中国のミャンマーと国境を接する町で働いていて、いまは奥さんの結婚を前にチェントンに戻って来て、昼間はバイクタクシーの運転手、夜はホテルの当直と懸命です。
モンラーでは中国人が経営するケーキ屋で働いていて、数ヶ月にしてかなり中国語とケーキ作りをマスターしています。
ロン・ペのロンは中国語の龍と同じ発音なので、中国では小龍と呼ばれているそうで、李小龍を知っているかもブルース・リーのことだよと教えてあげると驚いていました。

チェントン町は小さくすぐ田んぼが広がって、遠くに山並みを見はるかす絶好の眺望が待っていました。
朝一で市場に出掛けたときは激しい雨が降ったのですが、いまはすっかりあがってさわやかに晴れ上がり、バイクを通して伝わる風がとても心地よく感じられます。
田んぼで重労働している人が多くみられましたが、小龍によれば彼らの日当は650円ほどとのこと。
暑い中での田んぼ仕事のたいへんさを考えると、割に合わない賃金だと彼は嘆きます。
ほぼ1時間かかって少数民族の村に到着しました。
少数民族と言っても、チェントンの人口の7割くらいをしめるシャン族がこの国ではそもそも少数民族で、これから訪れる少数民族は山間のところに村単位で暮らしており、マウンテンピープルと呼ばれたので、わたしも以降は山岳民族と呼称するようにします。
脇道に入るとラフ族の村がありましたがこの村の建物の屋根はチェントンの町の古い建物と同じで、家の連なりはかつてのチェントンもこうだつたのではと想像させます。
どうやらこの村の人たちは特に民族衣装を着たりなどの特徴がないようでそのまま通過し、到着したのが隣接するアカ族の村でした。
バイクを停めて山登りを開始します。

村の入り口に4~5歳くらいの少女が立っていて、小龍と顔見知りのようで、握手したり何やら会話したりしてトレッキングがスタートしました。
そのすぐさきの家を撮影していると小龍が慌てて逃げろと言うので、何事かとたじろぎますが男性が木の棒を手に小走りに来るだけです。
小龍がビーだビーだと叫んでもわたしには何のことかピンとこず後ずさりしただけでしたが、ビーって蜂かと気付き、男性が棒の先に付けていたのが蜂の巣だと理解しました。
男性が皿の上に蜂の巣を置くと、子どもたちも怯みましたがるみましたが、大丈夫と男性が何匹かのミツバチを手でつぶしていって子どもたちと我々にも食べるように言います。
1センチ大ほどの巣を手づかみすると蜜がじわっとあふれて指先を流れましたが構わず指ごとくわえて味わえば、自然の甘みが甘露と言う言葉を思い出させます。
初めて味わう蜂蜜に興奮していると、アカ族のアクセサリーはいかがかと来ました。
ベトナムのモン族のように手製のアクセサリーを買わせるのかとうんざり気分になりますが、気にいれば買って気に入らなければ買わなくてもいいからと言い、そういう姿勢ならいやな気持もしないし蜂蜜をいただいたのでと布のブレスレットを1個手に巻いてもらいます。
およそ100円でしたが、自分たちの作ったものを買ってくれたということを喜んでいるようでした。

山頂近くまで息を切らしながら登ったところにはアン族の村がありました。
アカ族は女性がヘルメットのような帽子を被ることで有名ですが、アン族は男女ともに耳飾りをすること、女性が歯を黒く塗ることで知られているそうですが、わたしはアン族と言う民族を初めて聞きました。
さつそく訪れた家のおじいさんの耳に大きな穴が開いていたので、すぐに耳飾りのことを思い出しましたが、ハンモックですやすや寝ている幼児まですでに耳飾りを付けていて、彼らは生涯耳に飾りを付けたままなのだと知ります。
歓迎にお茶をご馳走してくれましたがなかなか美味で、水は山頂付近に泉が湧いているのでそれが美味しい理由だと教えてくれました。
お昼は市場で買ってきた4種のもち米を田んぼの傍らにあった農作業者用の小屋で食べましたが、風通しがよくてわざわざそういう場所を選んで小屋を建てたのかと納得します。
わたしがあちこちでいろいろと質問したりするので時間が押して、もうひとつの村は訪れられず、最後にコメのお酒を造っている村を訪れて終了します。
アルコールが48度と90度の2種があって、90度はブレンド用でそのまま飲むと危険らしいのですが、とても好い香りがしました。
持参していたペットボトルに危険でない方(わたしには危険)をフルに注いでもらい100円ほどでした。
とても楽しく過ごした1日でした。
最大の理由は、小龍がわたしの好みを理解して、何かあるとその都度止まって説明してくれ、けっしてビジネスライクなガイドではなかったことが大きかったと思っています。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/06 Sat

心地よい自分の場所

3K 5cmF1.5
昨日の夜はたいへんなことになってしまいました。
ドイツ・タイハーフの奥さんの勧めでナイトマーケットとショッピングモールを冷やかしたのですが、途中でアンティークショップを見つけ、ついついそこでまた100年前にミャンマーで作られたと言う小さな仏陀像を気に入り買いました。
たいへんだったのはそのあとで、ショッピングモールにはタクシーで行ったのですが、閉店の9時までいたらタクシーがまったく通らず、仕方なく歩いたところでバーがあり汗かいたし、ビールでもと飲んだら店の女の子と客が集まって来て、言葉の通じない宴会になってしまい、かなりのビールを飲んでしまいました。
誰かがタクシーを呼んでくれたらしく、気付いたらホテルの部屋にいたような状況でしたが、ここまで飲んだのは何年ぶりのことでしょう。
朝起きたら頭がガンガンしていました。

シャワーを浴びてから昨日同様にレセプション脇のカフェに陣取って、やはり同じくカプチーノを頼みました。
昨日わざわざあいさつに来た向かいに住んでいるオーナーの男性がこれから出かけるとわたしに向かって手を降ってくれます。
ドイツハーフのリナにはもう赤ちゃんがいてわたしによくなつくベラという名なのですが、このカフェの名前がベラ・カフェとなっていたのに気付いて何だか嬉しくなってしまいました。
昨日はわたしの帰りを11時まで待っていたとのことで、顛末を話して詫びます。
アパートの住人は、タイ人、ドイツ人、イギリス人、フランス人、インド人、中国人と国籍さまざまでカフェにいるといろいろな人が出入りして面白いです。

たまたまドイツからお父さんも来ていていろいろと話をすることができましたが、当然のことリナによく似ていて、お父さんとお母さんの好いところが合わさって彼女の容姿があると納得します。
前回の旅はフランスレンズを持っていたらフランス人のオードリーと出合ったのですが、今回はドイツのレンズを持っていてドイツ人ハーフのリナと知り合いました。
何か妙な縁を感じます。
フォクトレンダーの綴りを見せて発音を確認しますが、わたしにはヴォクトレンダーと聞こえたので、日本ではフォクトレンダーというが正しいがと聞いたところ、それで好いとの返事でした。
ただし、ウィーンとあるのでたぶんオーストリアではフォクトランダーになるのではと言っていました。
またフーゴ・マイヤーを聞くとフゴ・マイヤーと発音していました。
フーゴと伸ばさないようですし、ドイツ語ではヒューゴでもメイヤーでもないそうです。

そんなのも含めて居心地よい場所で彼女たちとおしゃべりしているとあっという間に時間が経過してしまいます。
今日はミャンマーに向けて出発するはずでしたが、お昼過ぎになってしまい、旦那さんに車でバスステーションまで送ってもらいます。
国境の町メーサイ行きは20分後だと言うので、近くに見つけていた写真屋さんに行ってインドビザに必要な顔写真を撮ってもらいました。
15分でできるかと確認したのにゆっくり作業しているので再確認すると50分じゃないのかと慌てて作成してくれます。
時間は完全にギリギリで、写真を受け取ってから走ると、バスがすぐ目の前を走ってきたので強引に停めて乗り込みました。
間一髪のタイミングです。

チェンライからメーサイまではそのバスでのんびり1時間半でしたが、密教まではまたソンテオに乗り換えが必要で、昨日の失敗が頭をよぎった通り、イミグレーションまでと言ったら町中のイミグレーションオフィスで降ろされ、またバイタクに乗って国境のイミグレーションまで行かなくてはなりませんでした。
ミャンマーのチャイントンという町まで行きたかったのですが、イミグレそばのカフェで確認すると国境から7時間ほどかかるとのことで、今日はもう着けないだろうと判断し、それならいま国境を越えてミャンマーに入るよりもメーサイに宿をとることにします。
メーサイと向かい合うミャンマー側の町タチレクは特別区のようなところで10年ほど前に来たことがあります。
その時はビザ不要ですが、パスポートをイミグレーションに預けてタチレクの町のみ観光することができるというものでした。
タイとの違いも分からず、ただミャンマーに入ったと言う体験をしたという程度にしか感じられませんでした。
そこに今度は泊ると言う気持ちにはなかなかなれず、メーサイのなかなかよい宿を見つけて荷を降ろしました。

さて、今日の作例はその国境付近で目撃した珍事です。
歩いていたら爆笑が起こって人が集まっていたので、近くに行くと荷物過積載の三輪小型トラックがしりもちをついて、運転台がもち上がってしまっていました。
国境を超える車が列を作る中で、過積載車のために誰も前に進めなくなっていたので、わっと力自慢が集まって御覧のように体制を立て直そうとみんなで引っ張っていますが、車があんなになるほどの重量ですから立ち直るまでたいへんでした。
女子高生が携帯で動画撮影していたので、ユーチューブにアップすべきと勧めたら、そうしますといっていたので、検索すればこの顛末が見られるかも知れません。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(2) | 2015/06/04 Thu

火曜日のサンデーマーケット

3K 5cmF1.5
昨日はすっかり書く余裕がなくなってしまったので今日記しますが、タイの大切なホリデイだというので聞くと、お釈迦様が悟りを開いた日で、ホリデイではなくホーリー・デイなのだということです。
そんな日に買ったわたしの仏像はますますありがたみを増して輝きを放っています。
タイの祝日なのでそのおかげで道路がずっと空いていたのは助かりました。
しかし、それ以上にたいへん困ったことがありました。
この日1日アルコール類が店でもレストランでも一切出せないということだったのです。

バンコクだから抜け道はあるだろうとタカをくくりましたが、レストランでは断られましたし、バーなどのお店は閉まっており、セブンイレブンに行くとビールの棚だけ鍵がかかって触ることすらできなくなっていました。
夜中の12時を過ぎればOKか聞きましたが、理由不明ながら昼の11時までダメとのこと。
普段家では飲まないくせに、そう聞いてしまうと無性にビールが飲みたくなるものです。
ホテルから何かないだろうかと15分ほど歩いたところに鎧戸を降ろして一見閉まったと見える雑貨屋が見つかり、頼むとビールをちゃんと定価で売ってくれました。
それにしても、年に一度しかないと言うアルコール禁止日に滞在してしまうとは、何たる不運でしょう。

今日はまた大使館に行ってビザのスタンプを押されたパスポートをヒックアップして、鉄道でチェンマイを目指します。
タイでも今は例年をはるかに超える暑さだということで日中何をするか悩みましたが、ホテルのそばのマッサージが1時間600円と安かったので朝からのんびり揉んでもらうつもりでした。
10時オープンというのでジャストにホテルをチェックアウトして行ってみましたがなぜか開いていないし、その気配もありません。
仕方ないので、気が向いたら行こうと思っていた、JJモールと言う骨董品屋や雑貨屋、その他もろもろの小さな店が集まると言うショッピングモールに向かいました。
昨日の仏像を購入した店の方からの情報で、ここには高級品しかないと嘆いたところそちらに行けば安いものもあると教えてもらったのです。

場所はモチットのサンデーマーケットのすぐそばです。
サンデーマーケットには初めてタイを旅行したときに出掛けて、タイ臭い雑貨類を買って喜んでいたのですが、自分でもそんな時代があったのだと懐かしくさせてくれる場所です。
ただ、サンデーの名前の通りオープンしているのは週末だけなので、平日は閑散としていました。
いくつかな業種の店は開いていて、ペット屋さんと作例のように花屋さんは生きているものほ扱うためかオープンしていて、客もけっこういて盛況です。

JJモールの方は残念ながら収穫なしでした。
骨董店は20件以上あったと思われますが、家具やインテリア関係が大半で仏像を置いているところはほとんどなく、あったとしてもアンティークに見せかけたフェイクだけです。
そう分かってて安ければ買ってみるのも悪くはありませんが、わたしに簡単に見破られようなフェイクでは話になりません。
もっともわたしが気付いたのは、前日に高級店で本物だと言われる仏像を何体も見せてもらった賜物と言えるでしょう。
今の状態で中国に行ったら全部が偽物に見えてげんなりするに違いありません。
中国はただでさえ文革で仏教関連の美術品がことごとく破壊されたのですから。
他の雑貨なども初バンコクの時のように心ときめくものはなく、唯一気に入った籐をとても細かく編んだ籠は旅を続ける邪魔になるだろうと断念しました。

3時になってミャンマー大使館に向かいました。
パスポートの受け取りが15時半から16時半までと決められていたので、これに遅れると今日の寝台列車の切符が無駄になってしまいます。
チェンマイ行きの夜行は人気があって下段ベッドが取れなかったのですが、駅に着くと1等寝台が連結されているのに気付いたので、変更できないか聞いてみました。
変更は可能だが、2つベッドの個室のため2つ分の料金が必要になり9000円だと言うのであきらめました。
2等寝台1枚3600円ですので。
やれやれと自分の指定の車両に向かうととても困ったことが待っていました。
ベッドは上下段2組で半個室のようになっているのですが、同室がフィンランドから来たという美女3人組だったのです。
ヘンなことを想像して眠れないかも知れません。
【Alpha7/ZK 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Zorki ZK 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/06/02 Tue
| home | next