スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

ベトナムの美味をしみじみ思う

R-Serenar 5cmF1.5
今回の旅のベストフードはと問われたら、少し考えてブンヘンと答えるでしょう。
しかし、わたしがブンヘンを啜っていた時に友人が目の前で食べていた、コムへンの方が旨そうだったのに、以降、食べる機会がなかったのが残念でした。
ブンヘン、コムへンともフエの名物料理とのことです。

フエの町を歩いていていたときに、暑くて休憩したくなって来て、通りすがりの屋台に腰掛けました。
言葉が通じないので何の屋台か分かりませんが、ご飯と麺があったのでわたしが麺を友人が米を頼みます。
わたしはそれほどお腹が空いていなかったので麺がちょうどいいと思いましたが、友人は空腹だったようですね。
麺もご飯も載っている具は同じで、汁気のあまりない野菜やシジミ(アサリ?)などが入っているようです。
おもむろに食べようとしたら、店のおばちゃんが待てとばかり飛んできて、何するかと見守っているわたしの前で麺と具を豪快に混ぜ合わせだしました。
中国でよく食べる拌麺にそっくりです。
友人もご飯と具を懸命にかき混ぜてから、期待以上の味に満足しつつ、ふたりで旨いねを連発しながら完食しました。

ホテルでスタッフのアンちゃんに確認したところ、ご飯のがコムへン、麺のがブンヘンと教えてもらいました。
へンとは何か確認し忘れましたが、シジミの具のことじゃないかと思われ、コムは米を、ブンは麺を意味するそうです。
コムという言葉とコメという言葉は関係あるのではないかと思っていたので聞きましたが、あっさり否定されました。
ブンはフォーと同じコメの麺ですが、ブンはうどん型、フォーはきし麵型と形状の違いがあるとのこと。
ベトナム人にはこだわりがありそうですが、少なくともわたしにはスープの出汁や具の方がずっと重要で、ブンかフォーかはどっちでもいいような気がします。

フエの日帰りツアーに行って以降、屋台や食堂に入る機会はあって、やれ麺だ、ご飯だ、焼き肉だと食べながら、コムへンはないかとひそかに探しました。
ところが、帰国日までついに見つけることができず愕然とします。
コムへンはフエ固有の料理とは聞きましたが、宿泊したリゾートがあるフエのはずれの村にも、フエの隣町のホイアンにも、それを見つけることはできませんでした。
ベトナムでは地域の食文化がしっかりと守られているのでしょう。
ブンヘンを食べたのでよしとしたいとは思いますが、コムへンはついに幻の味となってしまいました。

さて、作例です。
明日は帰国というベトナム最後の晩餐は、この小さな食堂で食べました。
といっても、夕食はホテルのはからいでスタッフと食べる土地の料理をいただいていました。
満腹になって腹ごなしに屋台街に散策に出たとき、ランタンの街並みを歩きながら、これがラストチャンスとコムへンを探してもみましたが、やはりとうとうみつからず、コムヘンのことを思うあまり微妙に空腹感を感じて、屋台街にあったこの店に入ったのです。
希望の食事はできませんでしたが、見ているだけで楽しくなるようなハノイから来たファミリーが隣で盛り上がるのにわたしたちも巻き込まれたりして、些細なことを忘れて楽しませてくれたのでした。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/07/05 Tue

きちんとした男の労作を入手

R-Serenar 5cmF1.5
オーストラリアの著名コレクター、ピーター・キッチンマン氏に”CANON M39 RANGEFINDER LENSES”という、レンジファインダー・キヤノンのレンズ・データブックのような本があると分かり購入してみました。
本体は5500円ほどと高かったのですが、送料も4000円と冗談のように高く、かなり無理をした買い物です。
ベトナム旅行前にオーダーして、帰国してみると本は届いていました。
1ページ目を見ると、本が高価な理由が分かりました。
著者の署名と1000冊発行された中の何冊目だということが手書きされていたのです。


内容は期待通りでした
レンジファインダー・キヤノンのレンズが焦点距離順に網羅されていて、各レンズは刻印や鏡筒の違いをタイプ別に振り分けて、それぞれの特徴、製造本数、製造年月、希少性を一覧にしています。
例えばわたしの50mmF1.8レンズNo.58192であれば、そのページを開いて表の製造番号が適応するところを見ると、8タイプある中で最初のタイプ1で1951年11~12月製造、R3というR1からR6の希少度スケールの中でなかなか希少な個体であることが分かります。

わたしは、こういう本が大好きで、ぺらぺらと見ているだけでこれに基づいてキヤノンのレンズを集めたくなってしまいます。
全レンズ制覇は行きすぎですし、60年代以降の洗練され過ぎたレンズにはあまり興味がないので、40年代製造レンズ、セレナー銘のレンズ、クローム鏡胴のレンズのいずれかでレンジファインダー・キヤノンのレンズを蒐集してみようかと考えています。

この本は”M39”とあるように、ハンザキヤノンなどのバヨネット・マウントのレンズは扱われていませんし、試作レンズなども記載していないのですが、なぜかRーセレナー5cmF1.5は掲載されています。
このレンズの説明の中でR-セレナーは後年にキヤノンのJSカメラ用にコンバートされたとあり、そのことから同書に一項が与えられたようです。
R-セレナーの製造番号は3001から6983まで、製造期間は1942年から1945年で、希少度はR2+と各プロトタイプのレンズに次ぐ珍しさです。
たいへん希少なのに製造数3982本もあるのかと意外でした。

しかし、解説文の中には、製造番号の3xxx、4xxx、6xxxはそれぞれ1943、1944、1946年の製造を示しているのではないかと推測し、5xxxはレントゲンカメラや兵器の光学部品の製造に忙しく、もしくは引き伸ばしレンズの番号に当てたことで、R-セレナーのこの番号帯は見つかっていないそうです。
No.4451のわたしのレンズは1944年製造ということになります。
R-セレナー全体の製造数はかなり少なく見積もられるでしょう。
陸海軍に納入されたレントゲンカメラと同数程度が製造されたはずですが(当初は5cmF2だった)、残念ながらその数は推定すらされていません。
なお、調べた限りでは7xxxのR-セレナーも存在するようですし、6xxx以降のR-セレナーはSeiki KogakuではなくCanon Camera Co.に変更しています。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(2) | 2016/06/28 Tue

大きな仕事をする船大工

R-Serenar 5cmF1.5
すでに帰国してしまいましたが、今週は撮影の機会もなかったので、しばらくベトナムのスナップと旅行記を続けます。

今年の4月、フエから400キロほど北のハティン近辺の海岸で、大量の魚が死亡するという事件が発生しました。
現地紙などがハティンで操業する台湾系企業の排水が原因と報じたため、ベトナム各地でこの企業の責任を問うデモが展開されたようです。
台湾企業関係者からベトナムはわれわれを取るか漁民の生活を取るかだと不遜な発言があったことや、ベトナム人の中国嫌いもあってデモが大規模化し、政権批判も飛び出すに至って政府によって沈静化された模様です。

無数の魚が打ち上げられた海岸の写真を見たり、そんな魚をすべて買い付けるとした企業が現れて物議を醸したというニュースを見たりして、もう2ヶ月も経っているとはいえ、わたしは旅行中に魚を食べることがためらわれました。
大量死はトゥアティエン・フエ省まで及んだとの記事もあったので、宿泊したリゾートホテルへも影響があったのでしょうか。
その後の報道で赤潮の影響かとも言われましたが、結局、台湾企業が劇薬を廃棄したことが原因だったと結論付けられ、5億ドルの賠償金を払うことで決着させようとしているようです。

リゾート周辺では、主に日本向けにエビを養殖する施設を多く見ましたが、このあたりの影響が気になりましたし、大量死被害があったエリアには同様の施設があったのか、あったとして日本に輸出されてないのかなどたいへん気になります。
にも関わらず、これらニュースはほとんど日本では報道されなかったようです。
わたしは、フェイスブックのベトナム人の友人たちの書き込みにあった写真で知り、検索したところ、インターネットのニュースで概要把握できただけでした。
メジャーのニュースで取り上げたところはあったのか、舛添騒動のときにはまるで鬼の首を取ったかのように連日事細かにどんなことをしていたなど時間を割いていましたが、どうも報道の偏重ということを考えざるを得ません。

さて、作例ですが、リゾートからおよそ7キロ、自転車を海沿いに走らせていたら、船を建造しているところがありました。
小さな野天の造船所です。
写真を撮っていると、そうぞ中を見て行ってと甲板まで乗せてもらったのですが、地面からの高さに目がくらみそうになりました。
リゾートに戻りコテージのベランダでくつろいでいると、あの造船所が見えると友人が声をあげました。
7キロ先の建造中の木造船が、目の悪いわたしにも見えるなんて驚きです。
はるか先には幹線道路の大きな橋が目立ってましたが、それ以外には民家が点在するだけなので、建造中の船は周囲で橋の次に大きな建造物だったことに気付きました。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/06/27 Mon

ここは睡眠の聖地

R-Serenar 5cmF1.5
昨日に続いて、無料ツアーで白い砂浜の広がるビーチにでもと考えていたのですが、昨日のフエで帰りの集合に遅れたら迷惑をかけると時間ばかり気にすることに疲れたのでそれは止めます。
かわってわたしの趣味優先で漁村を訪ねてみることにしました。
昨日はフエだったので今日はリゾート内でのんびりしたいと反対されるかと思いましたが、フエの屋台の食事が美味しかったので、今度は村での食事がたのしみと友人も乗り気です。

足は自転車です。
リゾートは広大で、レストランまで歩くのにもレセプションまで歩くのにも10分かかるので電話で移動用カートを呼ぶこともできますが、コテージ前には自転車が置かれていて宿泊客は自由に移動できるようになっていました。
自転車で施設外へ出るのも問題ないそうでシンプルな地図までくれます。
漁村まで5キロ、幹線道路方面には市場もあるようです。

ホテルを出て右折すると幹線道路方面ですが、まっすぐ進んで海辺の直進路こぎだしました。
未舗装ですが地面は踏み固められていて、自転車で走るのにも快適です。
それに海辺独特のそよそよした風があって、天気は昨日と変わらないのに、フエよりだいぶ凌ぎやすいです。
道に沿って民家が点在していて歩いている人や自転車とときどきすれ違いますが、ハローとか現地語のシンチャオとかあいさつすると、必ず笑顔のあいさつが返ってきました。
これだけでも少し地元に溶け込めた気分で、自転車の快適度が増したように感じられます。

民家の軒先が食堂のようになっているところがあり、水分補給の休憩をすることにしました。
暑いなか自転車で汗をかいたので、何を飲むかといえばビールになってしまいます。
現地の人とは言葉は通じませんが、ビアといえばたちどころに冷えたビールと氷の入ったグラスが出てきます。
潮風に吹かれながら異郷の地で友と飲むビール、最高じゃないですか。
雑貨屋でちょっとした買い物をしていると店のおじさんがなにやらお願いをしてきて、何だろうと思っているとわたしの自転車のうしろに乗ってきました。
どこかまで乗せてってということのようで、もちろん断りませんが、人を載せて漕ぐのってこんなにたいへんなのかとすぐにバテバテになりました。
15分ほど進んだところで歩いた方が早いくらいのスピードまで落ちてきたせいか、おじさんは降りてありがとうと去っていきました。

ちっちゃな市場は昼過ぎでほとんどたたまれてしまっていましたが、わずかに空いている店は言葉が通じないのを承知で、ほとんど人の来ない時間帯の来訪者から売り上げようと必死になっています。
少し申し訳ない気持ちで、部屋で食べようとパイナップルを1個購入。
小ぶりとはいえたったの50円で、昨日フエで1塊り100円のジャックフルーツより安くて売り子たちからも開放してもらいました。
作例は、道端でお昼寝のホーチミン似のおじいちゃん。
自転車路あたりののんびりした情景が伝わりますでしょうか。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/06/22 Wed

キヤノン最初のレンズだった?

R-Serenar 5cmF1.5
早起きして、ハノイの町を歩きました。
ホテルを出たすぐ先にホアンキエム湖という小さな湖があって、周囲は散策路のようになっています。
地図を見ると2キロくらいありましたが、のんびり1周してみました。
朝からバイクががんがん走っているのを眺めていると、大きなケージを荷台に取り付けて10羽以上のニワトリを運んでいるのに驚かされますが、恐らく市場に売りに行くのでしょう。
公園では、何組もの男女が一対になっているのが見えますが、近づいてみると早朝だというのにタンゴのようなダンスを踊っていました。
公園の植木で職人さんがなにやらこさえているのですが、作成しているのはシカなのか、昨日、奈良から着いたばかりなのでなんだか歓迎してもらっているような気分です、とこんな具合でした。

昨日と今日の作例のレンズは、R-セレナー5cmF1.5です。
このレンズは1940年代早々に設計されましたが、新種ガラスを用いずに4群6枚の構成でF1.5にしてしまったオーバースペックという点でおとといのヘクトール7.3cmF1.9に似ています。
この2つのレンズは言うまでもなくクセ玉で、ボケの暴れ方や予期できないような発色をすることがある点など、共通点がいくつかあります。

R‐セレナーについてさらに知りたくて、朝日ソノラマ「精機光学キヤノンのすべて」上山早登著を取り寄せてみました。
よくあるカメラについてのみの解説本で、レンズのことなんかちらっとしか書かれてないんだろうなあと期待もせずの購入でしたが、予想を裏切ってR‐セレナーにも言及の多い、わたしにとってたいへん価値ある1冊でした。
それどころか、設立当初からの精機光学の内情がしっかり記載され、試作レンズなどについても設計者などの取材に裏付けを取った、望みうるかたちでの最良の書とも呼べる内容です。
資料的価値の高さ、ファンが読んで楽しめる満足度といずれも一級品と推薦いたします。

R‐セレナーが、いかに時代の波に翻弄されたレンズであるかが、同著を読むとよく理解できます。
まず、精機光学研究所が1933年に発足してしばらくは、零細な組織でレンズはおろかファインダーや距離計も自社で設計できず、日本光学から供給を受けて、ハンザキヤノンなどの35mmカメラをほそぼそと組み上げていました。
すべてを自社で製造するために光学の技師を採用することになるのですが、他ならぬ日本光学へ要請して、幸運にも大家・砂川市の弟子だった古川氏の獲得に成功します。
しかし、精機光学がまだ独自にレンズ設計する技術を持たなかった中で、ハンザキヤノンのレンズを日本光学がテッサ―やゾナーからコピーして供給したように、精機光学でもテッサ―やゾナーのコピーから開発が始まります。
時すでにヨーロッパで戦争が始まり、イエナのショット社からのガラス供給がストップするという限られた硝材のみの厳しい条件のもとでした。

試行錯誤の末、最初に完成したビオター4cmF2のコピーを改良して、5cmF2としたレンズをR‐セレナーとしてX線撮影装置とともに海軍に納入します。
その後、海軍からレンズをF1.5にするよう要請があり、もはやあらたに設計し直す時間もない精機光学は古川氏にF2と同じ構成でF1.5まで明るさを引き上げるよう命じます。
そんな経緯から完成したR‐セレナー5cmF1.5は、収差の多い性能不十分なレンズながら量産されてしまいました。
不本意だった古川氏は精機光学を去ってしまいます。
R‐セレナーF2とF1.5がキヤノンという大会社の歴代最初の自社レンズということになるようですね。
なんと不思議な運命のもとに生まれたのでしょうか。
日本光学のニッコール5cmF2に対してツァイスからゾナーのコピーだとクレームがついたそうですが、さすがに精機光学へはR‐セレナーはビオターのコピーだと文句を言うことはなかったようです。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/06/20 Mon

そしてハノイから来たバイクの群れ

R-Serenar 5cmF1.5
ハノイにやってきました。
ベトナム社会主義共和国の首都ハノイは、旧市街部だけをいえば、ヨーロッパ・コロニアルの残滓とアジアの喧騒がほどよくブレンドされた美しくも楽しい町です。
わたしは旅するのは都会より田舎か地方の町が好きなのですが、ハノイはなぜか大好きで、何度来ても飽きることがありません。
ひょっとしたら、世界の首都のなかでいちばん好きなのがハノイかも知れないと思うくらいです。

今回は、海の見えるホテルに滞在して、のんびりするのが目的の1週間の旅なので、残念ながら明日の午前中にはハノイを後にします。
ハノイ着も乗り継ぎの都合で暗くなってからなので、夜の散歩と食事、明日も早起きして散歩するくらいしかできません。
そんな短時間でも楽しるのがハノイです。

空港からのタクシーは思ったとおり英語がまったく通じず、ベトナムに初めてやって来た友人がそれを知ってか知らずか必死に英語でホテルの名前を言って、互いに噛み合わないでいるところから、わたしたちのベトナム旅は始まったような気がします。
到着したホテルは数千円の部屋なのに、築100年近いコロニアル式の洋館のレセプションはアオザイの少女が慇懃に対応してくれて、これもまたベトナム旅らしいところです。
きれいにリノベーションされているにも関わらず、インフラが追い付かずに水圧が弱くてバスタブの水がなかなか貯まらないところも。

夕食は、友人を気遣って以前訪れたフランス料理にするつもりでしたが、あちらこちらで見られた日本の銭湯にあるような低い椅子で食べる現地式の飯屋に入ってみたいと言うまで友人はすでにベトナムに染まっていました。
乗り継ぎの香港で飲茶レストランとヌードルバーをはしごしてまだお腹ぽんぽんだったので、量の少ないベトナムの屋台のような安い飯屋は胃にしっくりきました。

ベトナム名物のバイクは依然として健在で、ハノイの道路をイワシの大群のようにスイスイと泳ぎ回っています。
信号の少ないハノイの道路横断こそベトナムに馴染めるか否かの試金石だと思っていますが、最初恐れていた友人は夜のうちにどうにか動画撮影しながら単独横断をこなすまでに成長していました。
ハノイのバイクは数こそ多いですがスピードが出ていないし、ほとんどのバイクは同じスピードで走っていて、遠方の障害物を避けるのがうまいので、それらに気付けば横断は簡単なことなんですね。
作例は、そんな中の1台がおもむろに路上駐車してなにやら貼紙している様子です。
写真付きでしたが、なにが書かれているかさっぱり分かりませんでした。
目立たない場所に貼紙することは目立つことだと気付かせてくれたハノイの夜でした。
【Alpha7II/RSerenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2016/06/19 Sun

あおらないとこの塔は撮れない

R-Serenar 5cmF1.5
スペイン、タウール(帰国後の回想)
【Alpha7/R-Serenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ペッツバール genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/11/14 Sat

段々と顔は隠すようです

R-Serenar 5cmF1.5
モロッコ、マラケシュ(帰国後の回想)
【Alpha7/R-Serenar 5cmF1.5 F1.5】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Seiki-Kougaku R-Serenar 5cmF1.5 | trackback(0) | comment(0) | 2015/11/11 Wed
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。