大猩猩肌肉美

M8/Canon 85mmF1.8
本来なら新しいシリーズに移行する月曜ですが、諸般の事情で浅草シリーズをもう1日だけ。

昭和軒という店名から想像するに、レトロをウリにした居酒屋がありました。
レトロでしたら、こちらも負けてません。
Macro-Plasmat や Xpres は大正時代でしょうし、R-Biotar は昭和一桁です。

わたしがお借りした Canon 85mmF1.8 は昭和30年代とぐっと新しくなって、この店の雰囲気の年代のものでしょう。

そのレンズですが、シャープさが身上だからでしょうか、このような金属の精緻な描写は目を瞠るものがあります。
普段、どちらかというと繊細な描写が好みのわたしですが、こういうのもたまにはいいかと納得します。
繊細レンズを細マッチョとするなら、Canon 85mmF1.8 はゴリマッチョ系のレンズと言えそうです。

作例は、たまたま停車していたユンボを古き良きものの破壊者に見立てた象徴的写真のつもりです。

適度な散歩のあと、待望のビールをいただきました。
これぞ至福のひとときです。
そして、その時のレンズや歴史のことで盛り上がった会話こそが、それ以上の御馳走でした。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2009/08/24 Mon

桃子很多

M8/Canon 85mmF1.8
雨があがったので、この界隈を散策してみることにしました。
少し運動して、冷房の利いた店でビールをキューっと飲む、これこそこの時期の楽しみのひとつでしょう。
蒸し暑さの残る浅草周辺をぐるりと1周してみました。

今回はすばらしいメンバーが揃いましたので、その様子を紹介したいのですが、プライバシー保護の観点から人物特定できるような記述は避けさせていただきます。
ですが、この時のメンバーでライカで撮影していたのはわたしひとりで、他の方はそれぞれのカメラを使用しています。
いつもではありえないライカ使用率で、やはりこれはメンバーの個性を裏付けるものでしょう。

主な使用レンズは、Makro-Plasmat 5cmF2.7、Ross Xpres 3inchF1.9、R-Biotar 5.5cmF0.85 と、歴史的名玉が揃いました。
わたしひとりライカにキヤノンのレンズを付けた凡人状態です。

そんな状況下のスナップは、なぜか平凡な写りになっているように見えるのが不思議です。
非常にシャープに写りますが、中望遠的な圧縮があまりなく、50mmF2 クラスで撮った作例のように見えます。
3inchF1.9 よりも個性的な写りを見せることができないところが、この画角の難しさと関係しているのでしょう。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(6) | 2009/08/23 Sun

用一万紙幣付銭

M8/Canon 85mmF1.8
勤務先のある新宿で、中古カメラ市を開催中です。
土日は所用で行けないので、初日の水曜日に少しのぞきに行ってみました。
なんと、ライカ2台にイギリスカメラ1台を購入してしまいました。

というのはちょっと間違いで、それぞれが表紙になった"クラシックカメラ専科"のバックナンバーを3冊買ってきたのでした。
ほんとは何か珍しいレンズを求めてさまよったりしたのですが、欲しいレンズこそ数本あるものの、金額的に手が出ません。
高いが少し無理して買ってしまおうと心変わりする前に、書籍を買って、秋の夜長を読書で過ごしてレンズのことは忘れようというのが狙いです。

今は読んでしまうと記事に触発されて、またカメラ市に逆戻りの可能性があるので読まないつもりです。
しかし、ぱらぱらと目次を見ると、ちょうど Canon 85mmF1.8 の記事があることが目にとまり、例外的にここだけ読ませていただきました。

記事そのものはレンズ紹介というよりは、筆者のカメラ遍歴が主な内容です。
新しい情報が得られなかったのは残念ですが、いろいろなレンズを愛好してきた筆者が、この Canon 85mmF1.8 を選択して記事にしているのが、何か使ったものだけが知る魅力を秘めているような気にさせてくれました。
M3に付けてルックスが好い点も褒めています。
これはレンズのオーナーで、めきめきM3使いの風格を表しだしたY形さんにとっても、嬉しい話でしょう。

さて、ピントもすばらしい Canon 85mmF1.8 ですが、それだけに外すと逆にそれが目立ってしまいます。
少女の表情が好かっただけに、これは残念です。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2009/08/22 Sat

濡湿的金髪

M8/Canon 85mmF1.8
85mmF1.8 というスペックのレンズは、レンジファインダー機の交換レンズには他に見当たりません。
85mmF2 では、Zeiss Sonnar、Dallmeyer Dallac、Nikkor、Jupiter-9 などがあります。
85mmF1.5ですと Nikkor、Canon、それに Leitz Summarex があります。
ですが、あえてライバルをあげるとすると、Leitz Summiron 90mmF2 をあげるのが妥当かも知れません。

天下のズミクロンですが、解像力、シャープネスで互角、コントラストはズミクロン、ボケがキヤノンと大雑把に比較できるような気がします。
重量を比較すると、ズミクロンが604グラムあるのに対して、キヤノンは100グラム少ない504グラムしかありません。

よほどコントラスト重視でなければ、キヤノンの方をわたしは勧めたいと思うのですが、いかがでしょうか。
双方、少々使った程度の直観的感想ですが、使用頻度の多いとは言えない中望遠では、キヤノンの 85mmF1.8 が希少性だけでなく、性能面でも十分以上に実用になると思います。

しかし、もともとコントラストが低めなのに、光の具合をしっかりコントロールできないと、眠たい絵になってしまいます。
雨だったので、逆光を意識せずに撮ったら、せっかくのブロンド三姉妹がゆるゆるになってしまいました。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(8) | 2009/08/21 Fri

馬拉松是孤独的

M8/Canon 85mmF1.8
レンジファインダー・キヤノンの 85mm レンズ4本の製造年代を見てみましょう。

85mmF2 1948-1952
85mmF1.9 1952-1961
85mmF1.5 1953-1961
85mmF1.8 1961-1971

こう見ると、キヤノンの明るい中望遠レンズの販売戦略のようなものが見えるような気がします。
初代の F2 は、F1.9 の登場とともに製造中止されますが、その1年後にはハイスペックの F1.5 を登場させて8年間併売させます。
標準レンズでは F2 と F1.4 の併売は普通にありますが、85mm でここまでするのは需要があったということでしょう。

そして、この2本ともを製造中止して登場させたのが F1.8 です。
性能向上と言う自負があったのかもれませんし、単にコストダウンとか理由はさまざま想像できます。
10年間にわたって製造されていたのが不思議で、ボディの方の7sは 1968年に製造が終わっていて、その後も交換レンズが製造されていたとは考えにくいです。

また、製造数は分かりませんが、この F1.8 は他の 85mm レンズと比べて圧倒的に製造が少ないようなのです。
あるいは受注生産に近い形態がとられていたことが想像されます。
なかなか、謎めいたレンズですね。

今夜の作例ですが、突然のゲリラ雷雨で、大勢いた観光客は瞬く間に屋根の下に逃げ込んだ瞬間です。
何しろ大雨だったせいか、雨粒もけっこう写りこんでいるのが面白い。
そして、逃げ遅れたおじいさんが必死に屋根に向ってダッシュしている姿をスナップしました。
雨で濡れたでしょうし、走ったりすれば大汗かいたはずですので、全身ずぶ濡れになったのではなかとお気の毒です。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(2) | 2009/08/20 Thu

一二三、茄子

M8/Canon 85mmF1.8
残念ながら、わたしはレンジファインダー・キヤノンのレンズについての文献等、詳しい資料を持っていません。
実際にそのような資料が市販されたことがあるかなどの情報もなく、偉大な足跡を残したレンズ群の不遇を感じずにいられません。
ファンの方は多いはずですので、ぜひ今からでもレンジファインダー・・キヤノン・レンズ大全のような本を刊行していただきたいものです。

【世界のライカレンズ Part2】の中の"キヤノンレンジファインダーカメラとその交換レンズ群"という宮崎洋司氏の書かれた記事が、わたしの唯一の資料になります。
以下は、上記資料を参照していることを初めにお断りします。

まず、85mm レンズは、F2、F1.9、F1.8、F1.5 の4種類が存在します(同スペックで設計変更してるものはカウントしていません)。
F2 は記載がなく構成不明ですが、F1.9 は4群6枚、F1.8 は4群5枚、F1.5 4群7枚となっています。
あくまで推理ですが、F1.9 はダブルガウス、F1.8 はユニライト(クセノタール、ビオメター)、F1.5 は F1.9 に1枚追加したガウス変形ではないかと思われます。

この F1.8 の4群5枚は、まずエルノスター型だろうと思いましたが、レンズの反射面を見ると絞りを挟んだ後群が4面あることからエルノスターとは考えにくいと判断しました。
とすれば、ユニライト型が急浮上するわけで、これはダブルガウスから3群目の貼り合わせを1枚に変更したものです。

しかし、それ以外の構成という可能性は十分にあります。
こういう想像をすることが、新しいレンズを手にした時の楽しみの一つで、やはりその解答はどうしても気になるところです。

作例は、雷門前での記念撮影をスナップしたものです。
とても蒸し暑かったせいでしょう、少女に元気がありません。
逆に愁いを帯びた眼のあたりに、哲学的な雰囲気すら感じます。

ボケも前後ともすばらしく、これだとちょっとガウス系とは違うかなとの疑問が生じます。

あらためて気付いたのは、"グワシッ"です。
海外で、まことちゃんブームが起きているのでしょうか。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(4) | 2009/08/19 Wed

低迷的時候去這裡

M8/Canon 85mmF1.8
スランプになったら浅草へ行け。
どこで読んだのか、誰が言ったのか記憶にありませんが、写真家の金言としてそんな言葉があるようです。

なるほど、着物姿のきれいどころ、表情豊かな子どもたち、純なカップル、粋な兄さん、わくわく顔の外国人等々スナップの題材には事欠きません。
もっと深い理由がこの言葉にはあるのかも知れませんが、スランプ脱出の糸口になりそうだということをわたしにも実感できます。

そうであれば、使い慣れないレンズのテストを浅草で行うのは、理にかなっていると言えそうです。

しかし、人手が多い中では思ったようなカットが撮れないのも事実です。
浴衣の女性だけの後ろ向きが撮りたかったのですが、人の流れはついぞ切れません。
それでも、顔の向きがほとんど逸れたこの1枚はなんとかブログにアップできそうなものになりました。

おふたりとも美人でした。
が、よく見ると、ポールに寄りかかっているのが、いただけません。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(4) | 2009/08/18 Tue

日本刀和草帽

M8/Canon 85mmF1.8
先週の話になりますが、内外重鎮の会合があるというのを聞き付け、強硬参加させていただいて来ました。
ひとりで参加は恐ろしかったので、Y形氏にも道連れをお願いしました。

あわせてご好意で、キヤノンの比較的めずらしい中望遠レンズもお借りしました。
85mm、90mmは、わたしにとってまだまだ苦手な画角ですが、せっかくの機会ということもあり、このレンズで1日通してみました。

しかし、85/1.8 というスペックは一朝一夕に使いこなせるようになるという甘いものではありません。
シビアなピントはもちろんですが、独特の距離感がうまく掴めません。

外的要因もありました。
この日は浅草を歩いたのですが、ものすごい人出で望遠スナップには厳しい状況でした。

作例ですが、ちょうどY形さんも同じシーンを自信のブログにアップされていました。
Y形さんは、より難易度の高い距離計非連動の 55mmF0.8 という化け物レンズですが、イメージサークルが足りないのを逆手に取って、邪魔な部分をカットしたすっきりした絵にしています。

いっぽうのわたしは不要な人や者の写り込みに、終日悩まされます。
人が多過ぎて止むを得ないところがありますし、ピントあわせに手いっぱいで、周辺に目がいかなかったという未熟もあります。

75mm はMacro Switar 75mmF1.9 を使いこむことで、それなりに自分の画角とすることができたつもりでした。
85mm はその延長でどうにかなると過信していたのですが、そうは問屋が卸してくれません。
75mm と 85mm の間に大きな溝を感じる1日になったのでした。
【M8/Canon 85mmF1.8 F1.8】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Canon 85mmF1.8 | trackback(0) | comment(4) | 2009/08/17 Mon
| home |