祝巴塞羅那隊冠軍

M8/Orion-15 28mmF6
2009年5月27日、ローマ。
ヨーロッパの真の王者を決める決戦の時がやってきました。
そのわずか2枚のチケットを勝ち得たのが、前年覇者のマンチェスター・ユナイテッドと前々々年チャンピオンでありわたしが20年にわたって愛し続けるバルセロナ
両雄はすでに自国リーグでの優勝を決めており、王者の中の王者を決めるにふさわしい試合です。

キックオフから10分は、滑稽なほど両チームから固さが抜けず、試合が落ち着きません。
そんな中、クリスティアーノ・ロナウドは立て続けに3本のシュートを打って、主導権を握りかけようとします。
なおもボールが落ち着かない前半10分ころでしょうか、中央でボールを受けたイニエスタがするするとドリブルでかわしていきました。
そこで、一瞬左に開いてスペースをつくったエトーの前に絶妙のパス。
深い切り返しでヴィディッチをはずしたエトーは、タイミングをずらすようなトゥーキックぎみのシュートを放ちます。
ボールはファン・デル・サールのわきをかすめてそのままゴール。
あまりにあっけない、先制点になりました。

この失点でマンUは浮足立ち、一方バルサはこの機にペースをつかんでいきます。
予想されたバルサがポゼッションで支配し、マンUがカウンターからサイドを崩すという時間帯が続きました。
どうしたことかマンUのプレッシャーは弱く、中盤からボールを奪ってカウンターに行くことができません。
逆にバルサは悠々とボールを回しはじめ、ときどきエリアに侵入する場面が出始めました。
マンUは、ついに好機をつくれないまま、前半を終了します。

後半開始直後からマンUは高い位置からでもプレッシャーをかけにいくアグレッシブなスタイルに変更してきます。
しかし、その程度のことにはリーガで慣れきっているバルサはまったく動じません。
依然、ボールを支配し続け何度かゴール前に迫るチャンスをつくります。

そんな中、ようやくマンUにボールが収まるようになって来ました。
が、一瞬のミスからシャビにボールカットされ、右の深い位置まで持ち込まれます。
前線にはメッシひとりで、ディフェンスの陣形も整っているように思われましたが、シャビの狙いすましたクロスは完全にファーディナンドを外したメッシにピンポイントでぴたりと合って、これまたあっけないかたちで待望の追加点が入ります。
1点目もそうですが、鉄壁と言われたマンUのセンターバックが簡単に振り切られています。
いまひとつキレの悪さを感じます。

マンUにもチャンスが無いわけではありません。
両サイドバックを出場停止で欠くバルサのディフェンスを何度か突破しかけます。
パク・チソンもゴール前に入ったボールにわずかに頭が届かず得点機を逸する場面がありました。
しかし、それでもマンUの攻撃には、最高潮時の輝きが見られません。
ロナウド、テヴェス、ルーニー、ベルバトフの4トップのように前線に並べた時も、迫力を出し切ることはできませんでした。

逆に中盤を完全に支配したバルサは自在さをいや増します。
右サイドバックに入ったプジョルは、縦に突破というシーンこそなかったものの、2度も決定的なシュートを放っています。
センターバックに入っていたトゥーレ・ヤヤも、得意のドリブルでゴール前まで迫りあわやというシーンを作り出します。
エル・クラシコで初めて試して効果的だった、エトーを右サイドにはらせメッシが引き気味の中央にという戦術がここでもフィットします。
メッシの動きに中央の選手が引っ張られるため、シャビ、イニエスタ、ブスケツのトライアングルが比較的自由にボールを支配できるのです。

ここに来て盤石の態勢ができあがりました。
バレンシアやビジャレアルと引き分けたときに彼らが見せていた、2列目の早い飛び出しやすぐに前線にボールを入れるパワープレイ的な戦術が唯一の心配でしたが、マンUにはそんな力も残ってなかったのでしょうか。
あせりでプレイが空転し、ひとつひとつが雑になっていくばかりです。

そして栄光のホイッスル。
3年ぶりの歓喜です。
国王杯、リーガ、そしてこのチャンピオンズリーグとここ2週間で3度もの喜びをもたらしてくれました。
試合後、シウビーニョが号泣しているシーンが映し出されます。
気付くと、わたしも、いっしょになって泣いていました。
【M8/Orion-15 28mmF6 F6】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Orion-15 28mmF6 | trackback(0) | comment(6) | 2009/05/27 Wed

假的F6

M8/Orion-15 28mmF6
ながなが続けてきた黄姚の旅も完結し、女の子の写真のネタも尽きました(1枚だけ?)。
今日からは、この土曜日に行われた「ノンライツRF友の会」の例会からお送りしたいと思います。

レンズは、ロシア製トポゴン・コピーのオリオン15 28/6 です。
ジュピターの各レンズと比べて製造数が少ないのでしょうか、なかなか見る機会のなかったレンズです。
たまたまコダックの怪しげなレンズを入手したところ、同じ店にこのレンズがあるというので一緒に送ってもらったというのが入手のいきさつです(コダックレンズの方は近日中に登場させます)。

トポゴンタイプですので、4群4枚の対称型です。
しかし、ジュピター12 35/2.8 やルサール MP-2 20/5.6 のように後玉が尻尾のように飛び出ておらず、わずか50グラムちょっとという超軽量ともあいまって、扱いの楽なレンズです。

さて、そこで作例ですが、このシャープさにはかなり驚かされました。
露出はわざとらしくアンダーにしてありますが、まさか文字がこれほど鮮明に出るとは思いませんでした。
やや糸巻き型の歪曲があるようですがそれほどひどくはなく、周辺はしっかりしていて画面全体に均質な描写といえます。
これで開放です。

いえ、開放というのは、半分ウソというべきでしょうか。
このレンズF6という不思議な開放F値ですが、実は開放の状態でも絞りがかなり露出していて、これを取り去ると実絞りF2.8くらいになりそうです。

思い出すのが、ベルティオのアンギュロール 28/3.3 で、このレンズもトポゴン型で、絞りが完全に開き切らない形状になっています。
「世界のライカレンズ」にアンギュロールの絞りを"全開"にした作例が出ていて、ぽわーんとした締まりのない画像にがっくりさせられたのをよく記憶しています。
全開ではどうにもならないので、絞りを途中で止まるようにして商品化したのだと結論付けられていたと思います。

この作例もF6開放ではなく、F6に絞った描写と訂正しておきましょう。
余計なことをせず、前回から使えるようにして欲しかった…。
【M8/Orion-15 28mmF6 F6】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Orion-15 28mmF6 | trackback(0) | comment(20) | 2009/05/26 Tue
| home |