スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

五星級服務員

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

今月の中国はまったくの骨休めで、気分一新、珠海の温泉に行ってきました。
珠海市は案外広く、温泉も何箇所か点在していますが、中でもいちばん高級と思われる、海泉湾大酒店というホテルに泊まりました。
隣の澳門か香港の資本なのでしょう、中国の他の五星級、つまり五つ星ホテルと比較すると、かなり西洋的な洗練度が高く、どこか違う国にいるような違和感がずっと付きまといます。
ハウスキーパーのてきぱき度も、中国のそれとは思えぬほどで、ややスローなシャッターにはみ出してしまう勢いでした。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(1) | comment(2) | 2007/04/09 Mon

菲律賓之旅~⑨山辺

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

椰子の木、国花サンパギータ、そして白い岩肌。
この島は海ばかりではなく、どこを見渡しても美しいのです。
例外は、わたしたち宿泊者くらいのものでしょうか。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/01/19 Fri

菲律賓之旅~⑧友情

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

ドイツからやってきたクララ。
やさしいママとパパといっしょに楽しそうに遊び廻っています。
でも、一人っ子で、同世代の子供もいないこのリゾートでは、少し寂しかったようです。
お昼をひとり早めに切り上げて、小鳥にえさをやりに来ていました。
小鳥が美味しそうに食べている様子を見つめる表情が真剣そのもので、クララの気持ちが表れているように感じました。

彼女が与えているえさは、なんとフィリピンの国花、真っ赤なサンパギータの花。
えさ籠にはひまわりの種が積まれていましたが、小鳥は花の方がよほど好物のようでした。
それとも彼女との友情に応えていたからだったのでしょうか。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/01/18 Thu

菲律賓之旅~⑤夢世界

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

ついにリゾート上陸。
青い空と白い雲、緑の海に白い浜、高い椰子の木と一対のビーチチェア…。思い描いたとおりの世界がありました。
これから4日間、まったりと過ごすことにいたしましょう。

(4隅の光量落ちが気になっていたのですが、帰国後見るとフィルターでケラレていることが判明。がっくりです。
このレンズは意外にも逆光に強いのですが、オーバー目に撮ると何か現実離れしたような不思議な空間になってしまうのが面白いところです。)
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/01/15 Mon

菲律賓之旅~③新年表演

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

こちらへどうぞ。…。
落ち着いた外観のレストランを選び、静かな食事をとろうと扉を開けるや案内されたのはステージの最前列、というよりもそのステージにくっ付いた、落ち着かないテーブル。
オーダーが終わるが早いか、待ちかねたようにショーが始まるのでした。
民俗に伝わる野卑な味わいのものから、スペインの影響濃きものなど…、これはもちろん料理ではなく、大きな音を発する音楽とともに繰り広げられた情熱的な舞台の話です。
いずれもがすばらしいパフォーマンスに、時の経つのも忘れて新年最初の夜を楽しみました。
ただ、同時に食べた高価な海鮮の美味も忘れてしまいましたが。

thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/01/13 Sat

北京的人⑧~站近一点

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

頤和園のスケールのでかさを知ってもらうにはまだまだ物足りない1枚です。
右上の昆明湖はパノラマのように広がってわたしの背後まであり、18mm広角をもってしても収まりきりません。

合流してもらった王老師を撮ろうとするとじりじりと後退していってしまいます。広角なのでもっと側に立ってくれないと小さくなっちゃうよ、といっても聞いてくれません。
彼女なりのポジショニングがあるようです。
ほら、足も短くなっちゃった。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/12/02 Sat

寂寞眺望

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

香港の安宿からの眺めです。
ツーリストエリアから少しばすれた下町のため、香港らしい飾りっ気は微塵もなく、SF近未来のスラムを連想させる寂しさです。
まるで、10日間にわたる旅が終わるその朝、軽くシャワーを浴びてから、トランクを無理やり閉じ、そろそろ空港へ向かわねばと考え始めている時の気分を圧縮したかのようにすら感じられてきます。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/10/06 Fri

未来電影

R-D1/Kinoptik18mm F1.8

もう1枚、ランガムプレイスから。
ここの特徴の1つとして、長大なエスカレーターの存在に言及しましたが、着いたフロアからは階段なしに、ラセン状に店舗が並んでいてウインドウショッピングしながら徐々に階下に下りていくことができます。
その名も、スパイラル。
個性的なショップが軒を連ねているので結構あきませんし、外の暑さと喧騒から開放されるだけでも御の字です。
疲れたらところどころにカフェがあって一服できます。

さて、そのスパイラルの上からロフト状に広がる空間があって、そこには未来都市的な広場としゃれたレストランが並んでいます。
ちょっと落ち着かないかな、という気もしますが、スペインのバル風の店があったので、グラスワインとトルティーリャで休憩しました。
ワインにちょっと酔ってしまうと、自分がどこにいるんだか分からなくなってきてしまうのです。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Kinoptik 18mmF1.8 | trackback(0) | comment(0) | 2006/10/05 Thu
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。