スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

日中問題考

R-D1/Tele Elmar 135mmF4

「退屈で死にそう!」
電話口から王老師の悲痛の声が響きます。
中国南部で50年ぶりの大寒波が訪れ、数百人の死者が出たり、春節に帰郷する多くの人が足止めを食ったというニュースを聞いたので心配のあまり電話しましたが、杞憂とは言えませんでした。
友達の結婚式もあってひと足早く帰省していたので、交通のトラブルには巻き込まれなかったものの、到着してみると寒波の影響で停電して、未だ復旧してないとのこと。
テレビは見れないし、新聞も1日以上送れて読むので情報が全然来ないが、電気が来るのは来週になりそうと嘆きます。
春節が電気無しとは…。
友達の結婚式もローソク灯した暗い中で、食事を済ますとさっさと完了で気の毒と、同情するくらいの余裕はあったようですが。
日本中がギョーザの問題で騒ぎ立てているときに、中国では大寒波でこれまた大騒ぎになっているのでした。

日本では、もうひとつ、ガソリン税の問題で国会紛糾しています。
安いことで知られる地元のガソリンスタンドも、やはり客足が減っているようで元気がありません。
給油待ちの車内から自動販売機を見ていて思ったのですが、ペットボトルのお茶はガソリン代と変わらない150円ですが、量は半分の500mlしかありません。
つまり中東のどこかから船で運ばれて、どーん税金をかけられるガソリンの方が、まだお茶の半額でしかないのです。
運送業などガソリン代の1円の違いも経営に左右するというのなら切実な問題ですが、わたしたち庶民は、今のガソリン代が高く感じるのなら極力運転を控えるべきなのではないでしょうか。
車に乗らなければ二酸化炭素の削減になりますし、歩けばメタボの解消・健康保険料の縮小に繋がります。
よーし、明日からできる限り車の使用は避けることにしましょう。
あとペットボトルのお茶も。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Tele-Elmar 135mmF4 | trackback(0) | comment(2) | 2008/02/02 Sat

旅伴

R-D1/Tele Elmar 135mmF4

長浜公園の野鳥観察園で見かけたサギたち。
ここは、野口記念公園のまさに真向かいで、前日野口博士が研究に打ち込むのに絶好の環境と書いたのが理解いただけるのではないかと思います。

ここをのんびり眺めた後、富岡方面へ戻るのですが、来るときにさんざん道に迷っていますので、ウォーキング中の初老の紳士に道を尋ねました。
そして、これが大正解だったのです。
では、わたしもそちら方面へ歩いていますので一緒に歩きましょうとなりました。
聞けば近くに40年も住まわれているということで、多くのことを教えていただきました。

この野鳥観察園には朝方カワセミが来ること。
池は実は海と繋がった汽水池で、そのため小魚も見られカワセミもやってくるのだということ。
と話しつつ、小鳥が横切ると、瞬時にメジロですね、などと教えていただいたこと。
写真にも写っている建物は、実はかなり古く、道路が広がったり多少の変化はあったが、基本的にここ40年環境的な変化はないこと。
すぐそばに横浜高校の野球部の練習場があること。
愛甲の話を懐かしそうにされていましたし、まさかここから大リーガーが誕生するとはと言われたので、本当ですかとたずねると、松坂がそうだということ(恥ずかしながら知りませんでした)。
毎日毎日歩いているので大病はしませんが、屈強といわけではなく、健康度合いは5段階で3くらいでしょう、と控えめな自信をうかがわせてくれたこと。などなど。

県庁を何年も前に引退したとおっしゃるその語り口は穏やかでしたが、耳を傾けさせる魅力に溢れていて、なんとも楽しい道連れとなっていただきました。
ありがとうございます。お元気で。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Tele-Elmar 135mmF4 | trackback(0) | comment(0) | 2008/01/30 Wed
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。