スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

東莞古鎮⑩~分贈

R-D1/Finney Pinhole 27mmF128

何故に人気がなかったのか。
答えは、村で結婚式があり、公民館のようなところに村民が集合していたからなのでした。
この村は周囲をぐるりと壁に覆われていて、東西南北それぞれにある門を通らないと立ち入ることができません。
その門のひとつから、新郎新婦、家族や友人がぞろぞろと入村して来ました。
そんなシーンをピンホール・レンズで撮るのはふざけていますが、まあ、これはこれでいいじゃないか、という感じでしょう。
もうそろそろシンセンへ戻る時間になって、お祝いの爆竹が鳴らされたところで切り上げました。
嫌な天気の1日でしたが、最後に少し幸せな気分を分けてもらったかのようでした。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Finney Pinhole 27mmF128 | trackback(0) | comment(0) | 2007/06/21 Thu

東莞古鎮⑦~針孔

R-D1/Finney Pinhole 27mmF128

F値がf=128と言うと恐ろしい小口径です。
ライカ系列ではF4のレンズも暗いと言われてしまいますが、それよりも更に10段も暗い、真っ暗なレンズと評されそうです。
実は、ガラスを1枚も使わないレンズ、所謂針穴レンズでした。
"FINNEY FIELD CAMERAS"と言いますから大判カメラ屋さんだと思うのですが、ここがライカのボディキャップに精巧な穴を開けて売り出したようです。3000円ほどで入手しました。
厚紙に@30mmと手書きされていましたが、試写して28mmと25mmの中間の画角でしたので、勝手に27mmとさせていただいた次第です。

線がぶっとい描写です。
雨が写りこんでいるのも妙な感じ。
少し研究して使い込みたいですが、何しろ元がボディキャップなので、携行性は沈胴以上です。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Finney Pinhole 27mmF128 | trackback(0) | comment(1) | 2007/06/18 Mon
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。