スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

夢第2章

R-D1/Jupiter-12 3.5mmF2.8

用田地区最大の有名人は、女子ソフトボール日本代表の山田恵里さん、だそうです。
アテネ五輪では不動の先頭打者で4割を超える打率をマークし、守備範囲の広さとセンターからのレーザービームにより、女イチローと称されています。
そんな彼女が、いざアテネへと向かう前に、頂点をめざして「夢」の字の上に書いたサインです。
来年は、お隣中国の北京で4年越しの夢がかなう瞬間を目の当たりにできるかなと楽しみにしています。
アテネ当時の彼女たちもそうでしたし、なでしこジャパンに、フィギュアスケート、マーメイド…。
女性のスポーツの関心の高まりは結構ですが、どこか流行的にとらわれてしまって、当人たちが周囲の雑音に惑わされているようで気の毒に感じます。
まずは、地元のわたしたちが雑音を発さずに静かに見守ることからスタートかなと思ったりします。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Jupiter-12 3,5cmF2,8 | trackback(1) | comment(0) | 2007/03/23 Fri

蘇聯制木星

R-D1/Jupiter-12 3.5mmF2.8

川の駅「中将姫」に早咲きの桜がありました。
山桜でしょうか、濃いピンクが夕日に映えます。
背景処理に完全失敗してしまいましたが、趣きあふれるボケのために、辛うじて収まるべきところに収まったか、という印象です。

ジュピターのシリーズは、50mm、85mm、135mmと使いましたが、何といってもコストパフォーマンスの高さに舌を巻きます。
ソ連、恐るべし。
わたしは、未だコシナ・フォクトレンダーまで手がまわりませんが、このジュピターの面々が歯止めになっているのが、大きな理由のようです。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Jupiter-12 3,5cmF2,8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/22 Thu

空気很舒服

R-D1/Jupiter-12 3.5mmF2.8

ここのところずっと、少しだけ寒い日々が続いています。
天気も好い日が多く、すると空気までがクリアに感じられます。
ジュピター35mmのようにヌケの好いレンズなら、それを如実に感じます。

それに、こういう日は、散歩する人の足音やら犬の荒い息遣いなどもよく聞こえるように思えます。
というわけで、R-D1のジャキーンというシャッター音が届かない距離を保ったところで、ようやくレリーズボタンを押すという臆病振りです。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Jupiter-12 3,5cmF2,8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/21 Wed
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。