一条街

M8/Elmarit 90mmF2.8
偏岩古鎮にはメインストリートがあって、その左右に古建築が並んでいます。
建物はほとんどが商店か食堂を営んでいて、中には観光客目当てのみやげ物売りなどもありますが、おおくは創業何十年にもなる老舗が軒を連ねます。
中国の古鎮ではこのような通りを中心にしたところが多く、このような通りも一条街という名称で呼ばれています。
真っ直ぐな一条街では望遠が威力を発揮するので、使っていなかったエルマリートに付け替えてずっと撮影していました。

そういえば、わたしのM8は望遠レンズでは距離計連動が合わず、みな後ピンになってしまいます。
最短撮影距離付近では、だいたい合焦するのに少なくとも数メートルより長い距離ではみんなピントが後にいってしまいます。
どうしたかと言えば、実は適当です。
二重像合致位置から手前にずらして2~3枚撮ると、だいたいピントが合っているように見えるというものが1枚くらいは出てきてくれます。
いちおうはスナップを撮ってきているつもりですので、こんなやり方では偶発性が強すぎて、撮っていてもあまり楽しいものではありません。

ひと月ほど前にライカMの詳細が発表されました。
ライカM9の次なのでM10になると思いきや、以降は数字は使われなくなるようです。
ライブビューが搭載されることで、Mはミラーレスのことではと揶揄されるほど、意外にも評判が良いとはいえないようです。
ライカはレンジファインダーカメラだからこそいいのであって、ライブビューが付くのならなら一眼レフを使った方がよいという意見なのでしょう。

わたしは、M9にライブビューが増設されたようなスペックであれば大歓迎で、来年早々にも発売されるようなので、ぜひ購入を検討したいと考えています。
このエルマリートのように距離計が狂ってもライブビューとの比較で、ほんとうに距離計に問題があるのかレンズ側に原因があるのか判別できます。
もちろん撮影中でもピントの問題が解消します。
さらには、レンズヘッドを入手すれば距離計連動に改造しなくても、ビゾ用などのヘリコイドにテープでくっつけてしまえば、とりあえず使えてしまうので、わたしにとってはレンズを楽しむ幅がどんどん広がって行くからです。


さて、古鎮で退屈そうにしている友人たちをなだめるべく、偏岩から面包車(軽ワゴン)をチャーターして15分ほど山を登ったところにある金刀峡に向かいました。
渓流あり、洞窟あり、吊り橋あり、竹林あり、何より全体が美景というトレッキングできる公園のような観光地です。
入場料を払って入口から入りますが、渓流に沿ってずっと1本道をくだり、2~3時間歩くと出口になります。
その間景色がいいところなどにベンチが据えられていて、休憩所なども適宜設置されているので誰でも、自然のトレッキングを楽しめる公園です。

少し遅い時間に行ったこともあって、あまり他の人に出合うこともなく、3人で景観を楽しみながらおしゃべりしながら、のんびり進んで行きます。
ふたりとも楽しんでいるようでやれやれです。
わたしは、小三峡のように船の上から景色を眺めるよりも、景色自体は劣ってもこうして自分の足で歩いて見て回る方がずっと面白いと調子に乗ります。

ところが、行程も半分くらい進んでから悲劇がやって来ました。
好天だったのに、突然、雨が降って来たのです。
それまでの楽しいムードは一転し、みなずぶ濡れになりながらただただひたすら出口を目指して、黙々と歩いていく苦行になってしまいました。
ふたりには、退屈な古鎮と苦行の自然公園という二重の苦痛を味わわせてしまい、申し訳ない限りです。
そういえば、2個所とも1本道を歩かせたというのが奇妙な符合ですね。
【Elmarit 90mmF2.8 F2.8】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmarit 90mmF2.8 | trackback(0) | comment(2) | 2012/10/17 Wed

坑背和蓮塘⑫~屋頂波

R-D1/Elmarit 90mmF2.8

来るときがあまりにスムーズだったために、食事抜きで着いてしまい古鎮に滞在するうちに、空腹に耐えられなくなってきました。
では帰りますか、となったわけですが、最後鎮を出る手前の3階建ての家を認めるや、図々しくも屋上まで上がらせてもらいました。
明らかに外国人と分かる下手な中国語でお願いしたのが効いたのでしょう。
感謝です。

わたしは古い屋根が大好きなのですが、地上からではなかなかうまく捉えることができません。
やはり高いところから鳥瞰できればそれに越したことはないですね。
90mmの圧縮効果もあって、美しい屋根の連なりを記録することができました。
迫力がありますね。大好きな光景です。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Leitz Elmarit 90mmF2.8 | trackback(0) | comment(0) | 2007/03/16 Fri
| home |