順徳走馬行⑫~帰途

R-D1/Shanghai 50mm F3.5

長きにわたった1日でしたが、そろそろ帰路に向かう時間になりました。
均安のバスターミナルまでバイクタクシーに跨り、小欖行きのバスの人になります。
小一時間ほどでしたが、ステンレスパイプを組んだ椅子は座り心地悪く、けっこうしんどい行程でした。

グリーンの帽子に紺の綿入れと、人民スタイルのおじいさんがよい味を出してくれています。
ペットボトルの回収で、収入を得ているのでしょうか。
この年代の中国人は社会の大きな変化に翻弄されながら、それを乗り越えつつ人生を送ってきたのではないかと想像します。
その顔に刻まれた深い皺に、複雑な思いを喚起させられました。
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Shanghai 50mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/02/16 Fri

順徳走馬行③~発困

R-D1/Shanghai 50mm F3.5

上海は上海で、単純発想でこう考えて購入後ずっと未使用状態だった、上海50mmですが、なかなかその機会が訪れないので、今回順徳に持参しました。
しかし、結果は無残、かすかにくもりが中玉に見られたのですが、この影響でしょう、なんとも眠たい写りになってしまいました。
エルマー・コピーですが、本家のキレはついぞ見られません。
ボケの汚さも相当で、これでも、いちばんマシなものをセレクトしています。

この庭園の美しさを捕らえようと何枚も撮りましたが、そのことごとくが失敗で残念な限りです。
特にいまは技術が伝承されず途絶えてしまっている「彩絵蝕花」という清代のガラス絵が失敗だったのはがっくりでした。
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
Shanghai 50mmF3.5 | trackback(0) | comment(0) | 2007/02/07 Wed
| home |