スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

牧童の親たち

Nikkor 5cmF1.5
今日は終日、修道院を巡るツアーに参加するはずでしたが、予約していたアメリカ人が次の日にずらしてくれと言ってきたとのことで、ツアーは明日に順延になってしまいました。
単独でもツアーを催行することは可能ですが、その場合80ユーロ、明日まで待てばひとり30ユーロだというので、1日延ばすことにしたのです。
ツアーは9時から5時までなので、戻ってから移動することは難しくなるため、ペンションにトータル3泊することになってしまいました。
昨日のうちに近隣を廻りつくした感のあるわたしをオーナーは気の毒に思ったのか、知り合いに交渉して郊外を廻る車のチャーターを40ユーロで受けてもらいました。
わたしが農村を見たいと言ったからですが、本当はバスで往復する安上りなものをお願いしたかったものの、交渉してもらった話では往復200キロ走ってこの値段なのでかなりの破格値ですから断る理由はありません。

やって来たのは、まだ30代半ばに見える青年で、名前を何度か聞き返したので省略してデンと呼んでくれと言われました。
英語は片言程度だったのではっきり分からなかったのですが、どうやらメインの仕事は大型トラックの運転手をしていて何度もトリノまで往復しているようでした。
数日非番なところ、第2子が生まれたばかりで、ありがたい臨時のアルバイトと考えてくれているようです。
乗って来たのはSEATというスペインのメーカーのワゴンでもう15年も乗っていると言いますから、就職と同時に買って、今までずっと乗り続けているのではと思われました。
彼は日本車のファンですが、当時は安かったSEATにせざるを得ず、エンジンはVW聖なのでトラブったことはないとのことです。
さすが普段はトラックを運転するだけにスピードを出さない燃費重視の安全運転で、おしゃべりしながらでも安心して乗っていることができました。

スチャヴァからはまっすぐ西に向かう道で、これは彼が仕事でも使う通称ヨーロッパへの道だとの説明です。
目的地に着く前にオープンなカフェで休憩があり、彼はタバコを吸いだしました。
車の中など密室ではタバコを吸わない、彼なりの気遣いだったようです。
その後、最初に訪れたのがエッグ・ミュージアムです。
タマゴの殻やタマゴ型の石などにペイントしたイースターエッグのミュージアムで、あまり期待していなかったのですが、すばらしい展示でした。
個人のコレクションにも関わらずコレクションは70ヶ国にも及んでいて、日本をはじめとしたアジア各地やアフリカ各国にもイースターエッグがあるのが意外でした。
ヘッドホンによる英語の解説が牧歌的なしゃべりでわたしにもどうにか聞き取れます。
オーナーはブカレスト在住のアヤコさんという日本人女性と親交があるそうで、日本のこともよく知っているというか、かなりの日本贔屓と感じさせる方なのが、ルーマニアのこんな田舎でという意外性を高めるのがまたよかったと思います。

次に入ったのは民芸品を中心に展示するミュージアムでした。
旧ソ連の南部一帯には木の工芸文化があり、その最東端がモルドヴァなのだとの話を少し聞いていたのですが、このミュージアムがそのことと関係あるのではないかと考えられます。
主に19世紀末から20世紀半ばくらいまでの間に当地で作られた木の製品が展示されていましたが、テーブル、いす、ベッドなどの家具はもちろん、バケツや馬車の荷車のシャーシ部分などまで金属をほとんど使わずに木で作られていて、この地が森や木とともにあったことを教えてくれます。
彫刻も見事ですし、この地でよく知られたヴァイオリン製作者もいたようで、製作過程が展示されていました。
ここでデンとはいろいろな話をすることができました。
わたしが94年のワールドカップでのルーマニアの活躍は凄かったと選手の名前をずらっと10人くらいあげるとさすがに驚いていましたが、サッカーの話題はだいたいの男性なら話が弾むのでコミュニケーションを深める助けになります。
彼の話しでいちばん意外だったのが、ルーマニア人のチャウシェスクの好き嫌いはフィフティー・フィフティーだという言葉でした。
理由はよく分かりませんでしたが、あまりにあっさり処刑されたチャウシェスクは暴君とのイメージが強かったものの、好い面もあったのかも知れません。

再び出発して田舎道に入ると湧き水があり、地元の人がタンクに水を汲んでいました。
わたしも少し飲ませてもらうと、水は冷蔵庫に入っていたかのように冷えていて、しかも甘みを感じるような味でとても美味しく飲めます。
2リットルのペットボトルに残っていた水を捨てて、この地の天然水を満タンにしました。
すぐ近くにマス料理のレストランがあったのでふたりで入りました。
さすがプロの運転手、ビールなどはオーダーしないのでわたしも見習って、先ほどの天然水で乾杯します。
クリームソースのマスは美味しいのですが、ナイフ・フォークさばきは難題で、終了後の皿を見比べればふたりの力量の差が歴然としていました。
この辺りの景観は左右が急傾斜の山で、杉のような常緑樹の森になっており、木のないところは芝地で牛が放牧されていて、アルプスの山々を連想させます。
美しさに陶酔しながらも、あんな急勾配を牛が上がれるものなのか、降りるとき足を滑らせればすごい勢いで落ちてきて民家などなぎ倒すのではなどとくだらぬことを考えてしまいます。
頂上のみ二股の大岩が露出した山の入り口まで行って、登ってみるかと聞かれましたが、時間を気にして戻ることにしました。

夕方の帰り道は、こんなにいたのかと驚くほど、干し草を満載した荷馬車とすれ違います。
作例はそれでいこうかと思っていたのですが、最後の最後に車から見えて停めてもらったヒツジの群れの中にいた羊飼いの子どもたちにしました。一家4人で飼っているヒツジは800頭もいるそうです。
牧羊犬が2頭いて、繋がれた方はわたしたちに向かって盛んに吠えますが、もう1頭は尻尾を振って懐いてきます。
これではヒツジを統率できそうもありませんが、新米の犬だと判断します。
小高い牧草だけの土地に小屋がいくつかあってうちひとつは10メートルの井戸だそうです。
さきほどの湧き水もそうですが、この一帯は水がよくて、それが野菜の味を好くし、ひいては肉や魚も美味しくさせるのだろうなあと牧歌的風景を前にぼんやり考えます。
それにしても子どもにばかり作業をさせて両親はどうしたのだろうと思ったら、小屋の陰でふたりで酒を飲んでいました。
いっしょにどうだとわたしに向かってビンを振りかざしたので一瞬、誘惑にかられましたが諦めました。
真面目なデンはきっと拒否するに違いなかったので。
【Alpha7/Nikkor S・C 5cmF1.5 F1.5】
スポンサーサイト
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
未分類 | trackback(0) | comment(0) | 2015/09/02 Wed

いとしのオードリー

Jamin et Darlot 15.5cmF4
父が女優の名前をとって付けたみたい、そう彼女が言うので、それはオードリー・ヘップバーンだね、同じくらい美人だからお父さんの希望通りになったじゃないかと冷やかすと、オードリーは照れて大笑いしました。
若いモハンメドはオードリー・ヘップバーンを知らないらしく、何のことか説明してなどと言います。
残念ながら作例写真では伝わらないでしょうが、オードリーはわたしが旅の間見かけた西洋人の中では1、2を争う美人で、性格はフランクで日本女性とはだいぶ印象が違うもののしっかり優しいところもあって、男女問わずからも好かれるタイプだと思います。

眼の美しい女性で薄金色というか黄色のような瞳についつい見入ってしまい、照れ隠しにわたしは日本には黒い瞳の人しかいないので…と言い訳しなくてはいけませんでした。
シャンパーニュ地方の出身だそうでReimsという町だと教えてくれましたが、これを何と発音するのか何度言いなおしてもらっても聞き取れませんでした。
大学はストラスブールにあるというのでドイツ国境に近いところでしょうと言うと、なんで知っているのか聞かれました。
第二次大戦でドイツに併合されるときに、学校の授業でわれわれは併合されてもフランス人のままだと先生が教えるVive la Franceという話を中学校の時習ったからと説明すると、日本でそんなことをと驚いていました。

たまたま持参していたレンズがジャマン・エ・ダルローとアンジェニューだったので、フランスレンズのすばらしさを力説しましたが、彼女はまったく関心無いようでした。
ニエプスやダゲールも聞いたことがないと言います。
しかし、ジャマンのレンズを見ていてPaysageと書かれているのに気付き風景用かと聞くので、当時のレンズは人物撮影用と風景用の2種類しかなく、このレンズは人物用だが前のレンズを外すことで風景も撮影できる工夫されたレンズなのだと説明すると少しは関心を持ったようです。
発音の確認もしてもらいましたが、やはりジャマン・エ・ダルローとアンジェニューで問題なさそうです。
アンジェニューはオンジェニゥとした方が聞いたままに近いですが。

わたしは旅をしながらローカルの人々を撮影したいのでこのレンズを持ってきたのだが、君はレンズと同じフランス出身だから特別に撮影してあげようと言って本人が嫌がっているのを無理やり撮ったのが今日の作例です。
はさみを持っているのは草刈りの最中だからで、わたしからの護身用というわけではありません。
写真を撮られ慣れていないようで、女優風の表情をとお願いしたのですが、すっかり照れてしまっていました。

もうひとりモハンメドの方の写真は残念ながらありません。
バッテリーのトラブルもあって撮影自体ほとんどしていなかったですし、バッテリーが復活したときは町に行ってしまっていたりでタイミングが合わなかったからです。
彼もニコンのカメラを持って来ていて、しきりに撮影していましたがわたしの写真を自身のフェイスブックに勝手にアップしていたのには腹が立ちましたが、いい奴だったので許したいと思います。
町に出るときに携帯でネットを使いたいので貸してくれと言われてわたしたのですが、勝手にイスラム関連アプリを3つもダウンロードしていたのには閉口しました。
ひとつはメッカの方向がどこにいても分かると言うコンパスで、もうひとつはコーランが聞けるアプリ、もうひとつは不明ですが、危険なものではないことを祈りましょう。

彼によればパレスチナの名物料理は砂漠に棲むという野生のウサギだそうで、この世にこれ以上美味しい食べ物は存在しないので、とても高価だがパレスチナを訪れた際にはぜひとも食べてほしいと言っていました。
後藤健二さんの一軒があった時ジョルダン政府が何々族のパイプを利用してISと接触しようとしたという報道がありましたが、その何々族に相当するものが彼にもあって、彼はわたしたちのファミリーと称して親戚のことと言っていましたが、総勢1万人を超えるそうです。
1ヶ月にひとりはファミリーの誰かが結婚すると言って笑っていました。
彼自体がとてもいい奴ですし、アラブの文化は聞くことすべてが新鮮で、彼の言うことをそのまま日本語にしていったらパレスチナを紹介する本が簡単に1冊書けてしまいそうです。
確かにいい奴だったとはいえ、人の携帯に毎日コーランが流れるようなアプリ設定をするのは止めて欲しかったです。
解除するのに3日かかりました。
【Alpha7/Jamin et Darlot 13.5cmF4.5 F4.5】
thema:ペッツバール genre:写真
未分類 | trackback(0) | comment(0) | 2015/05/30 Sat

5D MarkⅢの少女

縁と言うものは不思議と続いていくもののようです。
租界時代にドイツがつくった塔のある牢獄を朝一で見物して、まずい麺の朝食を済ましてから乗った高鉄の隣の席はめがね少女でした。
出発して1時間もたがいに目を合わせることもなかったのですが、わたしが下車駅を確認したことがきっかけで会話が始まり、彼女が写真を学ぶ学生だということが分かりました。青島から専門学校(?)を受験のため北京に向かっているところだと言います。
取り出したカメラは5Dmark3だったのでびっくりして、自分で買ったのか聞くと、まだ17歳なので両親に買ってもらったと少しはにかんでいます。

じつはわたしはコレクターで、古いレンズを200本以上持っているとハリスンのペッツバールを見せると、彼女は目を白黒させてレンズに見入っています。
わたしがおもむろに彼女の5Dを手にしてレンズをペッツバールに交換して車窓の景色を撮ると、彼女の興奮は頂点に達したようですごいすごいと画像を見ていました。
まじめに写真を勉強する彼女には、最新のデジタルカメラに純正でない、150年前のレンズが使えて、しかもしっかりと写るということが相当のインパクトだということがよく分かりました。
いっしょに写メを撮ったり、試験問題を解いたり、ソウルのキムさんの写真を見せてライティングはこうするなどと話したりしているうちにわたしの下車駅に着いてしまい、日本での再会を約束して握手で別れました。

わたしが降りたのは溜博という駅ですが、もともとは周村古商城という古い町並みの残る村に行くつもりでアクセスを調べたところ、山東省都の済南からバスに乗るとなっていたので済南まで切付を買っていました。
しかし、周村が溜博市にあると気付き、乗っていた列車も停まると確認できたので、写真学校を受験する王英翔小姐に別れを告げてこの駅に降り立ちました。
時問はだいぶ節約になりましたが、切付購入前に分かっていればいくらかのお金も節約できたことを考えるとちょっと失敗した気分でした。

周村古商城の行き方は知りませんでしたが、駅前に田中邦衛に爪二つのお廻りさんがいてなまりが強く聞きとりにくいながら親切に行き方を繰り返し説明してくれます。
丁寧に礼を言うと、照れて笑う眼尻がまた北の国からそのもので、しばらく頭のなかにさだまさしが歌い続けていました。
このとき覚えたことは、お尋ねしますの前に、中国語があまり得意でないですがを付け加えることで、これだと大概の人が親切に対応してくれるようです。
バスはすぐに見つかりましたが、目的地まで1時間半もかかって熟睡してしまいます。

できれば宿泊しようとまで考えていた周村ですが、まったく楽しめるようなところではありませんでした。
20世紀はじめころの古建築が並んでいるさまこそ壮観ですが、それらはすべて土産物屋になっていて、それらを楽しむ家族連れでごった返していて古鎮ファンの出る幕はありません。
近くの賓館で1泊の値段を聞くと、300元と高く、ここは先に進むべきと判断します。
近くのバスターミナルに行くともうバスはないと言われ、ここでも中国語は不得手ですがと前置きして済南への行き方を聞くと、別のバスターミナルに問い合わせて高速の入り口で待たせたからと言ってタクシーを捕まえ、行先を指示してわたしを乗り込までます。
バスは確かにわたしを待っていてくれ、他の乗客から文句を言われるでもなく、無事済南に着くことができました。
未分類 | trackback(0) | comment(8) | 2015/03/02 Mon

世界杯週末開始

Ross 11.5cmF4
まだずっと先のことだと思っていたのに、もう今週末にはワールドカップが開幕すると言います。
金曜日の早朝5時には開幕戦のブラジル対クロアチアが日本でも生中継されるようです。
翌日の4時には、前回大会の決勝と同じ顔合わせであるスペインとオランダが相まみえます。
平日は1日1試合が限界ですが、これから寝不足の日々が続くことになりそうです。

1994年のアメリカ大会も早朝だったことを思い出します。
日本との時差が北米も南米もあまり変わらないからですね。
逆に、ヨーロッパは深夜にやっていたのではなかったでしょうか。
わたしはバルセロナ戦を見るためにスペインのリーグを毎週毎週見ていましたが、彼の地では夜の10時にキックオフということを平気でやるので、これは日本時間で朝の5而キックオフになるということですね。

予選の日程は次の通りだそうです(左に記載の時間は日本時間です)。

グループステージ
2014年6月13日(金)
👀5時 グループA:ブラジル vs クロアチア (サンパウロ)フジテレビ

2014年6月14日(土)
👀1時 グループA:メキシコ vs カメルーン(ナタル)NHK総合
👀4時 グループB:スペイン vs オランダ(サルバドール)NHK総合
  7時 グループB:チリ vs オーストラリア(クイアバ)テレビ東京

2014年6月15日(日)
  1時 グループC:コロンビア vs ギリシャ(ベロオリゾンチ)テレビ東京
  4時 グループD:ウルグアイ vs コスタリカ(フォルタレーザ)NHK総合
👀7時 グループD:イングランド vs イタリア(マナウス)NHK総合
👀10時 グループC:コートジボワール vs 日本(レシフェ)NHK総合

2014年6月16日(月)
  1時 グループE:スイス vs エクアドル(ブラジリア)NHK総合
4時 グループE:フランス vs ホンジュラス(ポルトアレグレ)日テレ
👀7時 グループF:アルゼンチン vs ボスニア・ヘルツェゴビナ(リオ)NHK教育(Eテレ) NHK総合

2014年6月17日(火)
👀1時 グループG:ドイツ vs ポルトガル(サルバドール)NHK総合
  4時 グループF:イラン vs ナイジェリア(クリチバ)NHK総合
  7時 グループG:ガーナ vs アメリカ(ナタル)テレビ朝日

2014年6月18日(水)
 1時 グループH:ベルギー vs アルジェリア(ベロオリゾンチ)NHK総合
👀4時 グループA:ブラジル vs メキシコ(フォルタレーザ)NHK総合
 7時 グループH:ロシア vs 韓国(クイアバ)TBS

2014年6月19日(木)
  1時 グループB:オーストラリア vs オランダ(ポルトアレグレ)NHK総合
👀4時 グループB:スペイン vs チリ(リオデジャネイロ)フジテレビ
  7時 グループA:カメルーン vs クロアチア(マナウス)TBS

2014年6月20日(金)
  1時 グループC:コロンビア vs コートジボワール(ブラジリア)NHK総合
👀4時 グループD:ウルグアイ vs イングランド(サンパウロ)フジテレビ
  7時 グループC:日本 vs ギリシャ(ナタル)日本テレビ

2014年6月21日(土)
👀1時 グループD:イタリア vs コスタリカ(レシフェ)NHK総合
👀4時 グループE:スイス vs フランス(サルバドール)NHK総合
  7時 グループE:ホンジュラス vs エクアドル(クリチバ)テレビ朝日

2014年6月22日(日)
👀1時 グループF:アルゼンチン vs イラン(ベロオリゾンチ)日本テレビ
👀4時 グループG:ドイツ vs ガーナ(フォルタレーザ)NHK総合
👀7時 グループF:ナイジェリア vs ボスニア・ヘルツェゴビナ(クイアバ)テレビ東京

2014年6月23日(月)
👀1時 グループH:ベルギー vs ロシア(リオデジャネイロ)日本テレビ
  4時 グループH:韓国 vs アルジェリア(ポルトアレグレ)NHK総合
  7時 グループG:アメリカ vs ポルトガル(マナウス)TBS

【グループリーグ最終戦】
2014年6月24日(火)
👀1時 グループB:オーストラリア vs スペイン(クリチバ)テレビ朝日
  1時 グループB:オランダ vs チリ(サンパウロ)フジテレビ
  5時 グループA:カメルーン vs ブラジル(ブラジリア )NHK総合
  5時 グループA:クロアチア vs メキシコ(レシフェ)フジテレビ

2014年6月25日(水)
  1時 グループD:イタリア vs ウルグアイ(ナタル)テレビ東京
  1時 グループD:コスタリカ vs イングランド(ベロオリゾンチ)NHK総合
👀5時 グループC:日本 vs コロンビア(クイアバ)テレビ朝日
  5時 グループC:ギリシャ vs コートジボワール(フォルタレーザ)NHK総合

2014年6月26日(木)
👀1時 グループF:ナイジェリア vs アルゼンチン(ポルトアレグレ)NHK総合
  1時 グループF:ボスニア・ヘルツェゴビナ vs イラン(サルバドール)日本テレビ
  5時 グループE:ホンジュラス vs スイス(マナウス)NHK総合
  5時 グループE:エクアドル vs フランス(リオデジャネイロ)テレビ朝日

2014年6月27日(金)
  1時 グループG:アメリカ vs ドイツ(レシフェ)TBS
👀1時 グループG:ポルトガル vs ガーナ(ブラジリア)NHK総合
  5時 グループH:韓国 vs ベルギー(サンパウロ)NHK総合
  5時 グループH:アルジェリア vs ロシア(クリチバ)日本テレビ

観戦予定のカードには👀のマークを入れてみました。
平日1試合に土日複数試合で予選リーグは合計20試合も見ることになりそうです。
グループリーグの場合、すでに決勝ラウンド進出決定済みのチームや逆に敗退が決まったチームは、全力でやらないし、選手を休ませたりするので面白く亡くなるのが常です。
その辺は2戦目までの戦績を見て、観戦カードの変更をしないといけません。
そんなことより、これで自分の体力が持つかどうかを心配した方がよいのでしょう。

今回もスペインの活躍に期待したいと思います。
【Alpha7/Ross 11.5cmF4 F4】
thema:ペッツバール genre:写真
未分類 | trackback(0) | comment(0) | 2014/06/10 Tue

睡衣媽媽

Kleinbild-Plasmat 7cmF2.7
もうひとつの囲屋も前の囲屋とそうも変わらず、新味に欠けました。
というよりは、惠東に点在する囲屋の多くは客家の住居なので、そのどれもが似ているのは当然ということでしょう。
建築年代も被っているようだということを考えれば、同じ人たちによって建設されたと考えるのが妥当そうです。
であれば、わざわざそのひとつひとつを見て歩く必要があるのか、考えなくてはいけないでしょうか。

こちらの囲屋では家の中も見学できないかと考えていた矢先、軒先に男性が現れたので声をかけてみることにしました。
男性はやはり地元の人ではなく、20年前に江西省からやってきたということです。
20年もの生活でほとんど地元のようなものに感じていると笑っていました。
生活にとてもゆとりがあるということはないのでしょうが、部屋の中は必要なものが整然と並んでいて、この20年間頑張ってきた歴史が映し出されているかのようです。

もともと何か仕事をやっているようですが、この日は土曜日で町に出掛けるんだとバイクを準備しだしました。
発泡スチロールに入った魚を売りに行くのだそうです。
平政のある吉隆は、車で20分も走れば海まで着いてしまうので、どこかで仕入れて来たのでしょう。
見せてもらうと、申し訳ないですが、長らく釣りをしていたわたしには釣れでも放流してしまうような小さな雑魚しか入っていません。
たぶん漁師からタダ同然でもらって来て、町中で安く売るんでしょうが、これでも生活の足しになるのなら素晴らしいですが、ほんとに売れるのか甚だ疑問に感じました。

彼がバイクで立ち去っていった先に親子が遊んでいるのが見えます。
お母さんがなかなかにきれいな人で、かつパジャマ姿とこんな村では飛び抜けてフォトジェニックです。
撮影させてくれとお願いすると、この子を撮ってとさすがにこの恰好では恥ずかしかったのでしょう、家の方に引っ込んでしまいました。
するとひとりになった娘さんの方は急に不安を感じたようで泣き出してしまいます。
ああ、またですか、今度は早々に日本から持参の飴をそうと断って差し上げたところ、効果絶大ですぐに泣き止んでくれました。

その騒ぎを聞きつけた別の親子も現れたので、またまた飴を進呈します。
ちょうどふたりのお母さんが子どものために飴の袋を破っているところが今日の作例ですが、その小ハプニングのおかげでセクシーなお母さんを写真に捉えることができました。
子どももつい何十秒か前まで泣いていたとは思えないほど清々しい顔をしていますね。
さすがに飴では、お母さんとの間に親密度を増すところまでは持っていくことができません。
そうなるような日本製のアイテムがあれば日本から持って行きたいと思いますが、今のところそういうものが見つけ出せていません。
何もねんごろな関係になりたいなどと言っているのではなく、ポートレイトのモデルになってくれさえすればたいへんありがたいのですが。
【Alpha7/Klein-Bild Plasmat 7cmF2.7 F2.7】
thema:ライカ・マウント・レンズ genre:写真
未分類 | trackback(0) | comment(0) | 2013/11/29 Fri
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。